汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)

  • 566人登録
  • 3.71評価
    • (31)
    • (69)
    • (76)
    • (4)
    • (0)
  • 59レビュー
著者 : 河野裕
  • 新潮社 (2015年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800561

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさか、こんなシリーズ構成に3巻まるまる使うなんて( ;´Д`) 3巻は内容以上に作者の3巻の使い方に衝撃! ファンになってしまった!

  • 「私、本当の自分みたいな言い回しって、嫌いなの。
    じゃあ一体、どこに偽物の自分がいるっていうんだろ。
    (p41「一話、引き算の魔女の噂」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    ある方法で願いを叶えてくれるという「引き算の魔女」

    真辺由宇と二年ぶりの再会を果たした七草は、
    彼女が魔女を探していると知り、自らもその噂を追い始める。
    いつも毅然とした彼女が、
    魔女を求めることに、若干の違和感を覚えながらも…

    やがて現れた「魔女を名乗る少女」安達は、
    明確に何らかの目的のために動いているらしい。

    階段島でのできごとと時を同じくして起こった、
    もうひとつの「現実」でのエピソード。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    階段島シリーズの最新作!
    …と、わくわくしながら読んだら、
    なるほどそうきたかーという感じです。

    ついでに大きな展開を予想させる幕の引きかたですし…
    そろそろ何を言ってもネタバレになりますね!

    …というわけで代わりに、
    読んでいて連想された作品をご紹介。

    『変態王子と笑わない猫。』
    タイトルでゲテモノと即決するのはもったいない!
    ギミックの面ではもちろん、
    テーマ的にも「階段島シリーズ」に近いものがあるように思います。
     それではっ

  • きつかった。まず偶然この本を手に取った人にはチンプンカンプンだと思う。自分は1、2作目を読んでいたのだがそれでもついていくのがやっと。登場人物の目的や性格もつかめず苦労しました。ラストスパートは多少あったので次も読んでみる。

  • 階段島シリーズ三作目。
    表紙だけでもお金を払う価値がある、と思える美しさ。
    物語は非常に静かな展開。ミステリーではないよなぁ。
    確かに、前のニ作よりも真辺由宇を魅力的に感じない。七草くんの気持ちも少しわかるかも。

  • シリーズ最新作。
    今作は『階段島』ではなく、現実の世界を舞台にしている。ミステリ的な仕掛けはあるが、かなり真っ当な青春ラブストーリーで、流石にこの歳になると読んでいてこっぱずかしい気分にもなったw

  • 3巻目まで読んでふと思ったことだけど、この本は登場人物達みんな落ち着いて一定のルールに従って会話が成立しているように感じた。
    正しい解釈まではできないけれど、基本的に誰も怒ったり、決めつけたりせずに相手の話を聞いているなと。
    隠し事や嘘や探りを入れるようなことをしたら、普通は怒ったり嫌がったりして人付き合いがしにくくなるようなものだけど、他社を尊重しているのがどの登場人物達のやり取りからも感じられた。
    そうじゃないと小説として成り立たなかったり、作者が描きたい世界を描くことができないからかもしれないが、現実を生きている身としてはなかなかこうはいかないよなと思ってしまった。ただの僻みかもしれない。

    新しいキーキャラクターも出てきて、いよいよ最終章楽しみ。

  • 今までの階段島シリーズとは異なり、現実世界でのお話になります。なぜ七草や真辺が階段島に捨てられたのか・・・?

    そして最後に明らかになった、2人の想い。甘えや憧れを捨て、一緒に寄り添えるように願った想い=「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」のセンスには感服しました!

    暗躍する人間も登場し、現実サイドと階段島サイドの差も感じられたので、ますます次巻が気になるところ。

  • 捨てた側の人たちの物語。
    捨てたからって無くなるわけじゃないのよね。二度と手に入らないものもあるかもしれないけど、捨ててもまた新たに生み出されるものもある。
    新しく生まれてくるものは、前と違うものかもしれないし、同じものかもしれない。

  • 階段島ではなく今度は現実世界からの話。
    いらない部分を魔女に抜いてもらった七草が、魔女を捜す安達と出会い、転校してきた真辺と再会して、大地の手助けをしようと奮闘する。
    階段島の時よりも何かが足りない登場人物たち。自分の中から引き抜いてもらったものがあるからか。
    階段島では誰が魔女なのかすでに知っている七草ですが、現実世界では知らないし、安達の動きが怪しすぎると思えば衝撃の告白が。
    とりあえず次巻も読むことにします。

  • 記録

    七草が真辺に胸を貸すところなんか良かった。
    でもそもそも魔女ってなにか分からず
    文章自体も私にはなかなか難しくって
    最後まで理解できなかった。
    安達は結局何がしたかったのかな。
    みんなそれぞれ魔女に会って
    願っていたことは叶ったのかさえ
    読み解けなかったなぁ。

全59件中 1 - 10件を表示

河野裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)に関連する談話室の質問

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)を本棚に「積読」で登録しているひと

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)の作品紹介

これは僕の失恋であり、同時に、初恋の物語だ。七草は引き算の魔女を知っていますか――。夏休みの終わり、真辺由宇と運命的な再会を果たした僕は、彼女からのメールをきっかけに、魔女の噂を追い始める。高校生と、魔女? ありえない組み合わせは、しかし確かな実感を伴って、僕と真辺の関係を侵食していく。一方、その渦中に現れた謎の少女・安達。現実世界における事件の真相が、いま明かされる。心を穿つ青春ミステリ、第3弾。

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする