謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)

  • 98人登録
  • 4.07評価
    • (8)
    • (13)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 瀬川コウ
  • 新潮社 (2016年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800585

謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

  • さくっと読めました。

    生徒会でのおこった謎
    恋愛の物語で
    それぞれの考え方に
    なるほど~って感じでした。

    真実には
    惹かれるねぇ~

    エピローグで次回へつづく
    みたいな感じだったので続きが気になります。

  • 周囲の期待に答えなくてはならない、周囲の望む自分にならなくてはいけないという思いが狂わせた話。
    それにしても昔からよく事件に遭遇するわけで、コナンも真っ青という形容詞を使いたい。
    こんな緩くて楽しい生徒会だったら入ってみたい。最も圧倒的に成績が足りないのだが…。
    くじ屋の話は何だかモヤモヤした終わりかただった。
    母親を困らせないようにするなんて樹里なんて母親想い…。(違うか)
    生徒会の日常…えぇ。
    ダレン・シャン懐かしい。あれは夢中で読んだ。

    途中で過去と現在が混ざるのにはまだ慣れない。
    最後の最後でいったい何!?

  • 恋愛(ファンタジー)と青春(ミステリ)、どちらが好きですか?

    私、生徒会長、辞めるね――。あまりに突然の告白に、みなが言葉を失った。早伊原(さいばら)樹里の姉・葉月による辞任宣言。真面目で、責任感の強い会長が、なぜ? 疑念を拭えない春一は、辞任の真相を調べ出すとともに、会長との日々を回想する。花火大会、肝試し、そして、自身が生徒会に入る契機となった銅像消失事件。青春と恋愛とがせめぎ合う、切なくほろ苦い青春ミステリ第3弾。

  • 面白かった。この巻から読み始めたので、佐伊原樹里との関係、体質がなんなのか解らずじまいだったが、十分に青春を楽しめた。
    会長の動機が薄弱すぎるのが気になった。

  • 大切な生徒会長からの突然の会長退位宣言にざわめく生徒会の面々。いったい会長に何があったのか。西原の力を借りながら、ほんの数か月前からつけられていた違和感の解消を試みる。果たして会長の真意は。

    この物語のいいところであり、一度突っ込みを入れてしまうとどうにも入り込んで読めない理由になってしまう、キャラクターたちの行動理由の大仰さが、しまった
    この巻からより強まる。私の問題で、本編のマイナスではないと思う。何より読んでる間は面白かった。

  • 主人公2人の毒づき合う関係が心地いいですが、これはもしかして恋愛話なのかと見えてきた感じ。

  • 好きなもののために自分を偽るのは、正しいことなのか。答えなんて出ないだろうけれど、そのやり取りがとても印象的だった。

  • おちはまあまあ読めたけれども,最後に一捻り。ここで時限爆弾!という感じ。ある人物の設定には驚いた。

  • 生徒会の面々のこと覚えてなかったから消化不良なところがいくつか。続きが気になる終わり方だったから、自作を読むときはおさらいしてから読もう。で、何だかんだで青春してるよね。

  • 今回もまた面白かった。 
    花火大会(花火は中止)編が面白かった。  
    幽霊にビビる樹里が一番可愛いけど最後の素になる樹里もかわいい。 
    あと上九一色、こいつなかなかやりおるわい。  
    そしてエピローグで次回へのプロローグ。 
    次回はまた不穏になりそうですね。

  • これは、多分、次で終わりなのか。
    楽しみでもあり、寂しくもあり。
    続きに期待。

  • ≪表紙(わたし)が黒くなりましたよ,先輩≫

    謎好き乙女シリーズ第3弾.
    前巻で存在が匂わされていた人や,第1巻の重要なキャラの名前がさらっと出てくるので,やはり1巻から読んでないと難しい.
    しかし,キャラクターの背景や過去が描かれているので,1巻から読んでいる人にとってはお楽しみ.
    んー.でも,謎も,その解決も,なんだか消化不良….
    地の分でも,「あれ?これって…」と思う部分もあったり.
    その代わり?次巻に続きそうな形で終わったので,次巻を期待しながら,これまでのお話しを振り返りたいと思います.
    むしろそれが作者の瀬川さんの思惑なら,術中に見事はまっています.


    他社から出ている,あの作品のタイトルを春一くんに言わせるとは.

全12件中 1 - 12件を表示

謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)の作品紹介

恋愛(ファンタジー)と青春(ミステリ)、どちらが好きですか? 私、生徒会長、辞めるね――。あまりに突然の告白に、みなが言葉を失った。早伊原(さいばら)樹里の姉・葉月による辞任宣言。真面目で、責任感の強い会長が、なぜ? 疑念を拭えない春一は、辞任の真相を調べ出すとともに、会長との日々を回想する。花火大会、肝試し、そして、自身が生徒会に入る契機となった銅像消失事件。青春と恋愛とがせめぎ合う、切なくほろ苦い青春ミステリ第3弾。

謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)はこんな本です

謎好き乙女と偽りの恋心 (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする