青の数学 (新潮文庫nex)

  • 474人登録
  • 3.76評価
    • (33)
    • (45)
    • (34)
    • (10)
    • (3)
  • 47レビュー
著者 : 王城夕紀
  • 新潮社 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800721

青の数学 (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!
    青春を数学に捧げるという人は少ないかもしれない。
    でも、彼らが感じる高揚感や不安感、達成感や挫折感は、まさに青春そのものだ。

    いくつになっても青春小説を読むのはいいものだと思った。
    10年後もう一度読みたいと思う。

  • タイトルに惹かれて読んだ本。
    数学オリンピックに挑戦するような人には物足りないと思うが、数学ができる人をすごいと思える人なら読んでみて損はないと思う。
    数式などがあまり出てこないように配慮されているので、全くわからない人も(多分)大丈夫でしょう。わからない部分は飛ばし読みでも楽しめますよ。
    それよりも、数学って何ですかと問う主人公の生き方を感じてほしい。
    気になったのは、主人公の数学のレベル。好きにやって良いと言われて高校生になったという設定だったが、過去の有名問題を知らなさすぎかも。まあ、人の事は言えないけど。
    今はオンライン数列辞典なるものもあるので、読者は簡単に回答は得られるが、この本の登場人物はそんなものに頼りたくないのでしょうね。京の出した数列は出ていないようだった。次作に期待。
    高校生の時に数学オリンピックあれば出たかった。やはり予選落ちかもしれないが...

  • こんなにどっぷり数学に浸れるなんて!(゜▽゜*)何てステキな生活!(*´-`)羨ましい!(*≧∀≦*)しかし数学の才能がなく、他にもやらなくちゃいけない事がある私は小説で我慢します(-.-)久しぶりに数学やったら、驚くほど出来なくなっているし(--;)

  • 自分には決して見る事のできない世界を見ている人たちのお話。
    面白い。

  • 清とした数学の世界。算数は好きだった。数学は途中からよく分からなくなった。でも数字は嫌いじゃない、割り切れる感は好き。そうか! 数学は割り切れなくなったから苦手になったのかもしれない。
    数学が分からなくても、一つの事にのめり込むある若者の世界として共感することはできる。
    「青の数学」 表題のイメージがぴったりの世界でした。

  • 色んな場面で、普遍的ななぜなぜを問われるor自身で問うことが多くて、疲れ果てていた時にふと手に取った本作。
    心の奥底にじんわりくるような青春小説でした。
    作りとしては、地の文にセリフをいれることが多く、個人的にはちょっとばかし合わなくて気になった。一方で、それが読みやすさに繋がっていたり、段落の調整で物語の疾走感をコントロールしていたりして、数学の知見や哲学と合わせて、作者の印象を近く感じる作品でした。

  • 天盆を読んで、このひとはもっともっと面白くなるのでは?!と思っていた、その期待値ほどの面白さは残念ながらなかったかな。作家性のある著者の良いところであり悪いところだなあと思うのは、めちゃくちゃぐっときてハマるところもあればそうでもないところもあるっていう……続編でさらにハマらせてくれることを期待!

  • 【収録作品】雪の数列/春の確率/夏の集合 
     数学は苦手で、出てくる問題はまったく考える気も起きないが、それでも、出会ってしまった人たちが美しい光景を見ているのだろうなということは伝わってくる。数学に限らず、夢中になれるものに出会えた幸せと厳しさと。人生模索中の若者にオススメ。

  • この本のテーマは、真っ正面から向き合うこと、考え続けることだと思う。

全47件中 1 - 10件を表示

王城夕紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
米澤 穂信
恩田 陸
米澤 穂信
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

青の数学 (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青の数学 (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青の数学 (新潮文庫nex)を本棚に「積読」で登録しているひと

青の数学 (新潮文庫nex)の作品紹介

その数式(まほう)が、君の青春を変える。雪の日に出会った女子高生は、数学オリンピックを制した天才だった。その少女、京香凜(かなどめかりん)の問いに、栢山(かやま)は困惑する。「数学って、何?」――。若き数学者が集うネット上の決闘空間「E2」。全国トップ偕成高校の数学研究会「オイラー倶楽部」。ライバルと出会い、競う中で、栢山は香凜に対する答えを探す。ひたむきな想いを、身体に燻る熱を、数学へとぶつける少年少女たちを描く青春長編。

青の数学 (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする