凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)

  • 358人登録
  • 3.87評価
    • (23)
    • (50)
    • (32)
    • (1)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 河野裕
  • 新潮社 (2016年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800806

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 階段島シリーズ4巻目にして、初めてこの物語の核心がわかり衝撃を受けた。 『幸せを掴む為に無理な夢を捨てることと、幸せになる為に苦しくても夢を追いかけることの、どちらが幸せか』 これが物語のテーマであり、幸せになる為に夢を捨てたこっち側の人間と、幸せになる為に夢を追い続けるあっち側の人間の葛藤が描かれている、意外と奥が深い物語であった。 物語はまさかの人物の登場で、益々混迷を極め、先が気になる状況である。 登場人物みんなが物語が進む過程によって、それぞれどういった結論に至るのか今後も目が離せない。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50110883

  • 階段島が魔女の理想なら、この物語は作者の理想なのではないかと思った。
    登場人物の会話から特にそれが感じられる。
    相手のことが好きでそれを尊重すれども、理想や思想がこんなにも相入れないのにあれだけ落ち着いて会話ができるのは大したものだと思う。もちろんそういう風に会話ができればいいんだけどなと思いつつも、読んでいてフラストレーションを感じずにはいられない箇所もあった。
    最後まで読んでしまってからいうのもあれだが、共感ベースで読んでいる人は、だんだんついていけなくなるのではないかと思う。

  • これはミステリではなく青春ファンタジー。階段等の秘密が次々と明らかになっていく。そんな中、密かに(?)魔女の対決が行われていた。
    面白いんだが、段々と分からない点が増えてきた。特に魔女の部分はゴールはないのか?魔女の寿命は?など。まぁファンタジーなので答えはないだろうが。
    次くらいがラストと思われる。綺麗な着地を期待してる。

  • 階段島の謎が次々に明かされ、一気読みしてしまいました。一巻も「いなくなれ、群青」の頃からの伏線が回収されましたね。ピストルスターの少年の謎、クリスマスの事件の真相、時任さんの正体、堀の願いと苦しみ、安達の目的・・・こんなに複雑で細かい作品を作れる作者さんはやっぱりすごいです。

    個人的には真辺よりも堀を応援してあげたくなります。
    謎はひとまず落ち着いたと思うので、これからは七草と真辺、堀と安達がどのように決着をつけるのかが楽しみです。

  • 彼女には初めから敵も味方もいない。
    正反対だからって敵じゃない。
    全てを否定することもしない、全てを肯定することもしない。
    だから何度でも話す、話し合う。例え交わらなくても、理解されなくても、諦めない。
    それが彼女だ。

    ただ、彼女は怖がってる。
    否定されないことを怖がってる。
    自分が間違った時に、間違っているよと言ってくれる人がいないと困るのだ。
    自分は止まれない、自分が間違ってると思っているものには諦めず向かって行ってしまう。でも、それ自体が間違ってるときに、彼女は自分じゃ簡単には気づけない。
    だから彼が必要なのだ。正反対の彼が。
    常に彼女を正面から見てくれる彼が。

  • 階段島シリーズ四作目。
    うーん、ここで終わりかと思っていたら、まだ続くのか。そして、ファンタジーだとわかってはいたけど、ガチでファンタジーなのね。魔女とかあれこれ、私が中学生の頃に妄想していた話のようです。
    さて、郵便局員の謎とか、魔女の謎とか、階段島が作られる経緯など、あれこれこの巻で明かされますが、七草の謎はさすがに意外でした。
    どんどんいらないと思われる部分でも捨てられていったら、元の人物はスッカスカになってしまわないんだろうかと思ってしまいました。
    息子を持つ身としては、小学三年生であそこまで考える子どもは少数です、と言いたい。大半の男の子はあそこまで難しいことを考えたりしません。いや、何か考えているのでしょうが、きっと支離滅裂です。
    どんどん話としては微妙になってきましたが、最後はどこに行きつくのか知りたいので読み続けると思います。

  • 8月26日読了。図書館。

  • 階段島の色々な秘密が明らかになる巻。安達が〇〇の堀の対抗馬であること、郵便屋の女性が前の〇〇であることなど、文章は読みづらいけど一気に話が進むような秘密が色々と出てくる。もう一人の七草が登場し、〇〇の堀と関係があるという展開は読めなかった。七草と真辺がようやく互いの気持ちを確かめ合った部分はニヤリとさせられたが、今後の階段島をどうするかでまた一問題ありそう。物語の終着点が見えてきそうで来ないこのシリーズ、どう物語をまとめるのか?。こうなったら最後まで読み続けていきたいと思う。

  • 【あらすじ】
    君が求めたものは、夢か、幸福か。新聞部の創設。柏原第二高校に転校してきた安達は、島で唯一の小学生・相原大地のために部活動を始めることを提唱する。賛成するクラスメイト達だったが、七草はそれが堀を追い込むために巧妙に仕組まれた罠であることに気づく。紐解かれる階段島の歴史と、堀が追い求めた夢。歩み続けた七年間。その果てに彼女が見つけた幸福と、不幸とは……。心を穿つ青春ミステリ、第4弾。

    【感想】

全38件中 1 - 10件を表示

河野裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)を本棚に「積読」で登録しているひと

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)の作品紹介

君が求めたものは、夢か、幸福か。新聞部の創設。柏原第二高校に転校してきた安達は、島で唯一の小学生・相原大地のために部活動を始めることを提唱する。賛成するクラスメイト達だったが、七草はそれが堀を追い込むために巧妙に仕組まれた罠であることに気づく。紐解かれる階段島の歴史と、堀が追い求めた夢。歩み続けた七年間。その果てに彼女が見つけた幸福と、不幸とは……。心を穿つ青春ミステリ、第4弾。

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする