女王のポーカー (新潮文庫)

  • 49人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 維羽裕介
  • 新潮社 (2016年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800813

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
恩田 陸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

女王のポーカー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ポーカーがやりたくなること請け合いだが、実際のポーカーの対戦はびっくりするほど描かれていない。
    一人の強力なリーダーが強敵を倒すためにお供を集める。ここまでは桃太郎のメソッド。この巻でお供はそろったので、次は鬼退治に向かうんだろう。次はもっとポーカーが描かれるのかな?

  • ポーカー知らなくても特殊な部活ものとして楽しめる。やっとチームができたところなので、実際にチームで戦うのは次巻から。

  • 私に青春、賭けてみる?

    浦原甚助が1週間前に出会った転校生・江頭妙子は、ポーカー素人のはずだった。しかし今目の前で微笑む彼女は、強豪サークルを一人で潰し部室を奪い、おまけに浦原を完膚なきまでに叩きのめしたポーカーの女王である。女王は言う。「一緒に王を倒そう」。敵は無敵のドリームチーム、対する女王の兵隊は不登校、劣等生、犯罪者、そして学校一の嫌われ者・浦原。頭脳スポーツ青春小説開幕! 『スクールポーカーウォーズ1』改題。

全4件中 1 - 4件を表示

女王のポーカー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女王のポーカー (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

女王のポーカー (新潮文庫)の作品紹介

私に青春、賭けてみる? 浦原甚助が1週間前に出会った転校生・江頭妙子は、ポーカー素人のはずだった。しかし今目の前で微笑む彼女は、強豪サークルを一人で潰し部室を奪い、おまけに浦原を完膚なきまでに叩きのめしたポーカーの女王である。女王は言う。「一緒に王を倒そう」。敵は無敗のドリームチーム、対する女王の兵隊は不登校、劣等生、犯罪者、そして学校一の嫌われ者・浦原。頭脳スポーツ青春小説開幕! 『スクールポーカーウォーズ1』改題。

ツイートする