小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)

  • 86人登録
  • 3.96評価
    • (6)
    • (12)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2017年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800882

小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 君の涙を忘れない。感動の物語、完結。

    花菱英一の父親が家出した。理由を問う息子に対し、祖父危篤の知らせを受けて、縁を切った大船の実家に行くかどうかで母親と喧嘩した、と弁明する秀夫。夜風を浴びながら、二人は生家と断絶する契機となった七年前の出来事、妹・風子の死について語り合う。そうした中、今度は垣本順子の抱える過去と問題が明らかになる…。青春。恋愛。家族。あらゆる世代の胸を打つ感動の物語。

  • 写眞館に住んだことから、写真に秘められた人々の過去を探った花ちゃんが、最終章では自らの家族に秘められた過去を探る。その過程で明らかになるのが、なぜか付き合ってることになってる垣本の過去。家族同士のわだかまりや束縛、恋愛や友情などの人同士の結びつきが自然体で描かれ、悲劇に見舞われてもそれを柔らかく乗り越えて前に進もうとする力強さ。今年作家デビュー30年を迎える宮部さんの、これまでの集大成として懐かしくも新鮮な気持ちで読めた。殺人事件や校内裁判などの大きなトピックがなくても、日常に秘められた謎は面白く、そして胸を打つ。楽しい長編小説だった。

  • 爽快感や前向きに進むとこ、4巻は感動もしながら気持ちよく読み終えた。身内の特に嫌な奴らに対して立ち向かう勇気、これは家族の為もあるけど自分の為でもあったと思う。大きな成長だ。おれには出来ない。
    そして、ジュンコとの関係とジュンコの成長。ジュンコは難しい人生だったろうけど、絶対幸せになって欲しい。キャラの濃い面白い友達もピカを取り巻く話も全部良かった。ほんと良かった。

    やっぱり高校生ものはいいねぇ。もうオッサンの自分には経験出来ないから羨ましいんだろうねぇ。
    楽しい本をありがとうございました。

  • 花菱英一の父親が家出した。理由を問う息子に対し、祖父危篤の知らせを受けて、縁を切った大船の実家に行くかどうかで母親と喧嘩をした、と弁明する秀夫。夜風を浴びながら、二人は生家と断絶する契機となった七年前の出来事、妹・風子の死について語り合う。そうした中、今度は垣本順子の抱える過去と問題が明らかになる―。
    ------------------------------------------

    前3作と違い今回は心霊写真云々は出て来ず、花菱家の過去や成長するピカちゃんのこと、それを見守る兄やその友達など、心温まるものだった。英一と垣本順子のやりとりはぶっきらぼうだけど涙が出そうなシーンもあって…イヤミスじゃない宮部さんの作品もよかった。

  • 全巻読了。
    最終巻は不思議写真の謎を解くわけではなく、ちょっぴり切ない初恋ストーリー。
    毎回、写真に込められた想いが切なくて、でも温かい気持ちにさせる。
    最後は前向きに、気持ちのいい読後感だった。

  • 最後、スカッとしたなー

  • 2017.4.17読了

  • 今までの宮部さんの作品で一番好きです。
    社会問題は出てくるけれど、今までのようにがっつりと深刻にストーリーが進んでいくのではなく
    あくまでも高校生が行動できる範囲で、自分の中で落とし所をみつけていくのが、読んでいても心が重くなりませんでした。
    でもちゃんと問題には主人公と一緒に考えていけるところが、宮部さんの腕なんだと思います。

    宮部さんかー、現代のはなしかー、心の準備しないと苦しくなるなあと手を出すのが遅かった作品ですが
    予想を裏切る爽やかさで、新しい宮部さんの世界を感じました。
    あと表紙がとてもよかった!!読み終わったあとに表紙を見るとジーンと心にきます。

    ぜひ大学生になった花ちゃんも読みたいです。

  • 心霊写真の謎を解く事から始まった物語。
    でも結局心霊写真じゃなく様々な家族の物語だったのかな?
    最終話は花菱家とST不動産の垣本順子さんのお話。

    花菱家の本家と絶縁状態の花ちゃん達家族に
    本家より祖父が危篤と連絡が入り家庭の中が微妙な空気に。
    そんな頃、花ちゃんは
    苦手意識を持ってた垣本さんと距離が近くなる。
    また垣本さんも家族から逃げてきた人だった…。
    お互い家族にケジメを付けた時に……

    花ちゃん大人の階段上がってる最中。
    走り出せ、花菱英一。
    出会いと別れが切ない花ちゃんの成長物語。
    これはこれで良かった。




    ナイス

  • とてもよかった。とても素敵だった。
    悲しいこと切ないこと、やるせないこと。それら全てひっくるめて、だからこそ感じる優しさが広がっていた。

    写真を通して見える過去とか、忘れられない想いとか、冷凍保存してしまった思い出とか。
    主人公の成長、初恋、そして家族への思い。
    あぁ、素敵な物語だったなぁ、と読み終わってしみじみ思った。

全12件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)の作品紹介

君の涙を、忘れない。感動の物語、完結。花菱英一の父親が家出した。理由を問う息子に対し、祖父危篤の連絡が発端となって、縁を切った実家に行くかどうかで母親と大喧嘩をした、と弁明する秀夫。夜風を浴びながら、二人は生家と断絶する契機となった七年前の出来事、妹・風子の死について語り合う。そうした中、今度は垣本順子の抱える過去と問題が明らかになる――。青春。恋愛。家族。あらゆる世代の胸を打つ感動の物語。

小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)はこんな本です

ツイートする