女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)

  • 34人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 維羽裕介
  • 新潮社 (2017年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800912

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ポーカーにはなじみがありませんでしたが、結構楽しめました。プレイの順番やかけ方、金額なので、こうもいろいろな読みができるんだと。ギャンブルである以上運もあると思いますが、確かにここまで展開や読みを考慮するなら、これはもう頭脳戦ですね。

全1件中 1 - 1件を表示

女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)を本棚に「積読」で登録しているひと

女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)の作品紹介

運で勝てると思ってる? 波乱の王座戦、開幕――。絶対王者・明浜撲克俱楽部を倒すべく、嫌われ者から犯罪者までクセ者揃いのポーカーチームが結成された。約2か月後という超短期決戦に向け、浦原甚助らメンバーは女王・江頭妙子に絶対服従の地獄の夏合宿に突入する。飛び交う情報、戦術論、汗、ぶどう糖……全ては王の首を獲るために。白熱の頭脳スポーツ青春小説!『スクールポーカーウォーズ』改題。

女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)はこんな本です

ツイートする