デミアン (新潮文庫)

  • 2730人登録
  • 3.87評価
    • (346)
    • (279)
    • (410)
    • (32)
    • (3)
  • 312レビュー
著者 : ヘッセ
制作 : 高橋 健二 
  • 新潮社 (1951年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102001028

デミアン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "車輪の下"が有名ですが、本作"デミアン"も重要な作品です。当時のヘッセは精神的に追い詰められており、ユングの弟子たちの助けを借りながら精神の回復を遂げました。この体験から深い精神世界を描いた本作が生まれました。主人公のシンクレールがデミアンという少年と出会うことによって、自己について思い悩み葛藤していく姿が描かれています。聖書やキリスト教の善悪二元論などが出てきますが、家庭というある程度閉鎖された環境から社会という開かれた世界へ生まれ変わる話とみれば、宗教や地域に縛られず普遍的な話と理解出来ます。

  • 真の自分になる時、途轍もない壁が出てくる。

  • Das Leben jedes Menschen ist einWeg zu sich selberhin.
    人生とは、自分自身へと向かう道である。

    人生最大にして最高の本。
    ヘルマンヘッセ自身もこの作品で化身を遂げ、真の意味での叙事詩人となった。

    自らの人生と重ねたシンクレールとデミアンの存在。相反するものの同時存在には一度世界が壊れるのを経験しなければならない。運命は乗っ取ることができる。その意思力を身につけさえすれば。

    神であり同時に悪魔でもある神の名はアプラクサス。卵(世界)から出て新たな世界となる神の誕生。

  • 苦しかった。けれど救いはある。

  • 「鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う。卵は世界だ。生まれようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。」
    p.136

    「彼は愛して、それによって自分自身を見いだした。これに反し、大多数の人は愛して、それによって自分を失うのである。」
    p.223

    全ての事の発端となる、幼少期の罪。
    シンクレールはそれ以降、世界との関わり方を変えざるを得なかったが、遅かれ早かれ、彼はそうなっていただろう。
    幼少期の人間にとっては自分の周辺が世界の全てであり、それ故シンクレールは小さな罪、小さな悪から逃れることができなかった。
    この物語は、デミアンとの出会いを契機に、シンクレールが長い時間をかけて生まれ、自分自身を見いだす物語である。
    そういう意味で、多くの人が本書を「思春期に出会いたい本」に挙げるのも頷ける。

  • 主人公のシンクレールは、不良少年からその場逃れの嘘をついてしまったがために窮地に陥る。その危機を救ったのが不思議な少年、デミアン。
    ヘッセはこの作品以降に哲学的な作品を増やしたらしい。
    シンクレールは何度も道を踏み外しそうになるが、デミアンや、通りすがりの女性によって、正しい道へと戻ってゆく。
    そう、これは正しく明るい世界と、悪くて暗い世界を行き来する人間の物語とも言えるだろう。

  • 昔の本で、こんなに心理学というか、夢だとかを取り上げてるなんて、あるんだろうけど、すごく面白かった。惹きつける魅力、だとか夢が暗示だとか。ちょうど、フロイトの夢診断、精神分析を読もうとしてただけに、なんだか面白かったし、最後の所がまさに。時代背景が伺える。そんな風に無意識に刺激を求める人々が、戦争を惹きつけるのか。

  • 最初の方の少年期の回顧録は「これは、またいつものヘッセか…」という展開で、正直この手のヘッセはもういいよってなった。しかし、デミアンとの再会から物語が大きく動き始めた。宗教色がかなり色濃く出ていて、やや難解。ダンテの『神曲』を読みたくなった。解説を読んでから読んだ方がわかりやすいかも。いずれにせよこの作品がヘッセ転換期の作品であるということは間違いない。2012/324

  • とにかくキツかった。
    自分は俗物過ぎるせいか、全く理解できない作品であった。
    254ページを読みきるのに何ヶ月掛かっただろう。
    途中嫌になって投げ出し、神学を勉強してから読みなおそうかとも考えたこともあった。
    しかし、熟読出来ないながらも少しずつ読み続け、なんとか終えた。

    思えば少年時代は見栄を張って嘘をついたり、今思えば小さい事でも、当時の自分にとっては世界を占める程の大きな悩みもあった。
    そういった部分は共感できたが、途中から入る神秘性についていけない。
    巻末の解説によれば本作はヘッセがもっとも注力したものであるそうだが、個人的には『車輪の下』のような叙情的な自然描写が好きだ。

    「難しいから評価は1つ」というのはしたくないので本作は無評価としたい。

  • 再読。
    ユングの分析心理学の影響を受けた事が顕著に現れたヘッセ転換期の傑作です。

    全体にそこはかとなく漂う幻想的な雰囲気に感動を受けました。

    ユングの分析心理学を読んでから本書を読み返すと理解が深まり更に強く感動できました。

    人生を通して何度も読み返したい本です。
    その辺の自己啓発本を何冊読むよりも人生の糧になる一冊だと思います。

全312件中 1 - 10件を表示

ヘッセの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

デミアン (新潮文庫)に関連するまとめ

デミアン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする