レベッカ (上巻) (新潮文庫)

  • 213人登録
  • 3.81評価
    • (22)
    • (30)
    • (31)
    • (2)
    • (1)
  • 30レビュー
制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社 (1971年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102002018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
マーガレット・ミ...
村上 春樹
冲方 丁
宮部 みゆき
東野 圭吾
マーガレット・ミ...
フランツ・カフカ
マーガレット・ミ...
谷崎 潤一郎
マーガレット・ミ...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

レベッカ (上巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新訳よりこっちが絶対良い!

  • 新訳が出ていますが、私はこちらの古風な味わいの訳文の方が、ゴシックサスペンスであるこの作品の雰囲気に合っていると思います。

  • たちのぼる前妻の影、船底の死体、夜明けのような空の色

  • 友人にオススメしてもらいました。
    海外モノは独特な和訳に慣れない場合が多くて敬遠しがちでしたが、本書は古めかしい言い回しがかえって不審な雰囲気に似合っててよかったです。

    なんの前情報もなく読み始めたので、若く貧しい後妻が美しいお庭を眺めて過ごしたり、日に何度もお茶をするような優雅な日々にしだいに馴染み、最後はマンダレイを取り仕切るという、彼女の出世物語を描いているのかと思ってしまい、使用人とも次第に打ち解けられるのかなーなんて、お気楽な想像をしていました。
    が、なんだか不穏な空気が漂い始め、謎や疑惑が次第に色濃くなり・・・極めつけは上巻のラストシーン、前妻の化粧室での使用人頭と主人公の対話が恐ろしく、恐怖に駆られました。
    だって、死んだ人間の、洗っていない寝間着やブラシ・・・気持ち悪くてぞっとするでしょう。コレ、ホラーだったのね。

    白い小道や薔薇園など、自然の情景描写が美しければ美しいほどそれとは対照的に、館全体に張り巡らされた妖気が際立っていきます。
    名作といわれる格を感じる作品でした。
    下巻気になる、けどコワイ。

  • 2017年4月15日に紹介されました!

  • 感想は下巻にて。

  • 植物への回帰

  • 「レベッカ」は何度も読みたくなる作品です。
    主人公の「私」がか弱い少女から強い大人の女性になっていく姿。
    すでに亡き人となった前妻レベッカの存在感。
    細々と描いてある景色や日常。
    ダフネ・デュ・モーリアの作品は、古いけど、古いけど!!!
    面白い。
    こんなに、何度も読みたくなる作家にはなかなか巡り会えない。
    もっと再販されたらいいのに。

  • 2013.3.2読了。

    こ、こわ!主人公の繊細さが非常にリアルで近しく感じる。

  • 字も大きくて訳された文体も読みやすいのでサクサク読める。他の訳者さんのも読みたくなる。
    次はなんとなく表紙が似てるからロリータが読みたいきぶん

  • 心理的に追い詰められる怖さ

  • 海難事故で妻を亡くした貴族のマキシムに出会い、後妻に迎えられたわたし。だが、彼の優雅なマンダレーの邸宅には、美貌の先妻レベッカの存在感が色濃く遺されていた。彼女を慕う家政婦頭には敵意の視線を向けられ、わたしは不安と嫉妬に苛まれるようになり…。

    原題:Rebecca (1938)
    訳者:大久保康雄

  • 「レベッカ」の印象が終盤でがらりと変わります。故人の存在感に圧倒される「わたし」に共感と同情。

  • 夜更けのお供にピッタリな一冊。原作も映画も素晴らしい、霧がかったようなデュ・モーリアの代表作。

  • 高校生の時に読んだ。ヒッチコックの映画になる。
    女中のレベッカに対する崇拝する心と、「わたし」の不信感と劣等感が物語を緊迫させている。ものすごく印象に残る作品。
    蓋をあけてみないと真実ってわからない。
    イギリスの田舎に行った時マンダレイを思い出した。

  • 三月は深き紅の淵を

  • 学生時代に読み、ビデオをレンタルして観た。
    マンダレイに続く緑の道以上に、私の記憶は朦朧としているけど、おもしろかったことは憶えてる。
    はっきりとした怖さじゃなく、間接的な表現のこわさ。
    メイド頭のおばさん、この人が何よりもこわかったような・・・
    そういえば、この文庫、友人のものだったなぁ・・・返していないんだ。
    ごめんなさい。
    しかし、昔の新潮文庫、文字が細かい。よく読めたなぁ・・・

    監督 アルフレッド・ヒッチコック
    主演 ジョーン・フォンティン   
        ローレンス・オリヴィエ 
        ジョージ・サンダース
    1940年   

  • ヒッチコックの映画で有名な小説。
    その内容はミステリアスで人間の怖さが出ている感じ。
    主人公の「わたし」の妄想に振り回されつつも、結構面白くて読み進められました。

  • 話のいたるところに『レベッカ』の存在を感じます。
    私自身は『わたし』があまり好ましくないのですが、『わたし』が感じている恐怖はひしひしと伝わってきました。

  • 身よりの無かった「わたし」が、20歳ほど年上の
    紳士の後妻になり、マンダレイというお屋敷の
    女主人となるのですが、そこには先妻レベッカの
    存在感が残っていて…。
    ゴシックな雰囲気が味わいたくなった時に
    読み返したりしています。
    ミステリというかサスペンスというか、でもそれだけじゃなく、
    情景や登場人物の心理など
    とても細やかに表現されていて、読みごたえたっぷりです。
    新しい訳でも出ているようだし、それはそれで読みやすいのかもですが
    私はこちらの、古めかしい言葉遣いとかが、雰囲気に合っていて好きです。
    特に劇的な場面は少ないと思うのですが、全体を通してそこはかとなく
    漂っている恐怖感が素敵です。

  • おどろおどろしい。。。
    とても怖いです。
    サスペンス好きにはたまらないのでは。

    翻訳もよかったのかなって思いました。
    原書よんだわけじゃないからわからないけど畳み掛けるような口調なのが怖さを助長。

    2008.february

  • 富豪に見初められて結婚生活をスタートした幸せなはずの若い女性が、
    今は亡き、先妻の影によって苦しめられる。
    構成がしっかりしていて、引き込まれるようにラストまで一気に読み進んだミステリー。

  • 上巻読了。
    やっとこれから、というところ。
    風景描写は好きだけどあまり長いとダラダラと読んでしまうのでペースが落ちる。

  • 得体の知れない不安感や恐怖を感じる傑作。オーソン・ウエルズが映画化している。

  • サスペンス。だんだん濃くなる妖しげな雰囲気が楽しい。

全30件中 1 - 25件を表示

レベッカ (上巻) (新潮文庫)に関連するまとめ

レベッカ (上巻) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする