レベッカ (上巻) (新潮文庫)

  • 215人登録
  • 3.82評価
    • (22)
    • (31)
    • (31)
    • (2)
    • (1)
  • 30レビュー
制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社 (1971年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102002018

レベッカ (上巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新訳よりこっちが絶対良い!

  • 新訳が出ていますが、私はこちらの古風な味わいの訳文の方が、ゴシックサスペンスであるこの作品の雰囲気に合っていると思います。

  • たちのぼる前妻の影、船底の死体、夜明けのような空の色

  • 友人にオススメしてもらいました。
    海外モノは独特な和訳に慣れない場合が多くて敬遠しがちでしたが、本書は古めかしい言い回しがかえって不審な雰囲気に似合っててよかったです。

    なんの前情報もなく読み始めたので、若く貧しい後妻が美しいお庭を眺めて過ごしたり、日に何度もお茶をするような優雅な日々にしだいに馴染み、最後はマンダレイを取り仕切るという、彼女の出世物語を描いているのかと思ってしまい、使用人とも次第に打ち解けられるのかなーなんて、お気楽な想像をしていました。
    が、なんだか不穏な空気が漂い始め、謎や疑惑が次第に色濃くなり・・・極めつけは上巻のラストシーン、前妻の化粧室での使用人頭と主人公の対話が恐ろしく、恐怖に駆られました。
    だって、死んだ人間の、洗っていない寝間着やブラシ・・・気持ち悪くてぞっとするでしょう。コレ、ホラーだったのね。

    白い小道や薔薇園など、自然の情景描写が美しければ美しいほどそれとは対照的に、館全体に張り巡らされた妖気が際立っていきます。
    名作といわれる格を感じる作品でした。
    下巻気になる、けどコワイ。

  • 2017年4月15日に紹介されました!

  • 感想は下巻にて。

  • 植物への回帰

  • 「レベッカ」は何度も読みたくなる作品です。
    主人公の「私」がか弱い少女から強い大人の女性になっていく姿。
    すでに亡き人となった前妻レベッカの存在感。
    細々と描いてある景色や日常。
    ダフネ・デュ・モーリアの作品は、古いけど、古いけど!!!
    面白い。
    こんなに、何度も読みたくなる作家にはなかなか巡り会えない。
    もっと再販されたらいいのに。

  • 2013.3.2読了。

    こ、こわ!主人公の繊細さが非常にリアルで近しく感じる。

  • 字も大きくて訳された文体も読みやすいのでサクサク読める。他の訳者さんのも読みたくなる。
    次はなんとなく表紙が似てるからロリータが読みたいきぶん

全30件中 1 - 10件を表示

デュ・モーリアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
マーガレット・ミ...
三浦 しをん
ジェイムズ・P・...
冲方 丁
マーガレット・ミ...
マーガレット・ミ...
ダフネ・デュ モ...
マーガレット・ミ...
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

レベッカ (上巻) (新潮文庫)に関連するまとめ

レベッカ (上巻) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする