レベッカ〈下〉 (新潮文庫)

  • 360人登録
  • 4.12評価
    • (64)
    • (41)
    • (38)
    • (3)
    • (1)
  • 39レビュー
制作 : 茅野 美ど里 
  • 新潮社 (2008年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102002049

レベッカ〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しくも不気味だった庭園をめぐる男と女の駆け引き、そして如実になり始めた真実の・・・
    怒涛のように繰り広げられる下巻のストーリー展開に振り回されあっという間に読了。

  • 一気に読めた。面白かった。
    使用人のおばさんのいじめにどうやって立ち向かえばいいんだろうと思ってたらそれどころじゃなかった。
    相変わらず描写が好みで、マンダレイに行って隅々まで観察したくなる。イギリスってナショナルトラストとかあるし、長い年月を経てきた建物には全体を包み込む独特の空気感が存在しているんだろうと思う。これは是非原文でも読んでみたい。
    しかし一番恐ろしいのはレベッカというよりヒロインの心境の豹変っぷりだった。

  • 上巻に続き、どんな展開が待ち受けているのか先が気になり、中盤まで一息に読んだ。
    中盤以降は、いったん話が見えたのでトーンダウンしたけれど、結末にやられた。
    といっても、あまり判然としないラストである。
    しかし、そこにこの小説の凄さを感じた。

    ドロドロとした部分など、全体的に男性より女性が好みそうな小説だ。

  • 先が気になってほとんど徹夜状態で読了。ページを読み進めるのがもどかしいっていうのを久しぶりに味わった!なんという面白さ…完璧なストーリー展開でした。昔の小説とは思えないくらいに古さも感じなくてスラスラ読めた。この小説を知れたのはブクログのおかげなので、本当に感謝したいです。

    この小説は冒頭とラストの一文がとても心に残ります。文句なしの★5個。翻訳違いのものと、映画もぜひ見てみたいと思います。ストーリーもさながら、マンダレーの描写も美しく、全体的に漂う上品な雰囲気がとても素晴らしかった。大好きな一冊(二冊)になりました!

  • ちゃんと読んだのは、十数年、いや二十数年ぶりだろうか。
    こんなにドキドキする物語だったのか!
    下巻に入ってどんどこ走るストーリーに圧倒される。
    ミステリーというか、極上のサスペンスでした。満足。

  • 上巻で締め付けられて下巻で助けられた。
    モンゴメリの青い城まで明確にハッピーには終われないけど、でも、よかった。

    追記
    頭から離れない。素敵なところも、心配なところも。
    1979年のTVドラマとして放送されたレベッカをYouTubeで見たら、マキシムが素敵すぎて。
    後からジェレミー・ブレット(シャーロック・ホームズとかマイフェアレディとか。しかもミセスダンヴァース役の女性はジェレミーの元妻!)だってわかって納得したのだけど、ヒッチコックのものよりこっちのTVドラマの方がストーリーの変更もないしキャストもばっちり。
    ばっちりすぎて頭から離れない。
    英語が理解できないので繰り返し見たい(セリフはほとんど原作通り)のだけど日本でDVD販売してるところないかなあ。
    ジェレミーのマキシムのI love you so much。素敵すぎる。そして陰。。本人の精神状態も反映されたように思う。
    あああもうしばらく離れられない。

  • 以前、『レイチェル』を読んだときにもう一作と思って購入していたもの。やっと読めた。
    読み始めると、止まらない。
    出来事や人物が雑多にもならず、飽きることもなく、上手いこと配置されているなあと感嘆。

    序盤でベンが「わたし」のことを天使と例えたときから薄々気付いていた結末を、もう一度ひっくり返されてしまい、結局レベッカってどんな女性だったんだろう……と、興味を惹かれた私。レベッカに負けたー。

    嫉妬心と敗北感に打ちひしがれていた「わたし」が、大人になる様子は読んでいて、あーこのまま彼女がレベッカ化するんじゃないかと(そして夫人と……)という読みは砕かれて、なかなか不穏な結末だったなあ。

    にしても、ベンのしてやったり感。拍手。

  • 死んだレベッカが登場人物たちに君臨し、マンダレーという館が登場人物たちを支配する、その描かれ方が迫真に迫っている。ミステリーとしても読める、心理劇としても楽しめる、理想的な小説。文句なしに楽しめる。

  • 舞踏会での失敗からギクシャクする夫との関係。他国から来た船の難破。引き上げの最中見つかったもの。レベッカが最期に乗っていた船。

  • 「わたし」の心理的な変化がホラーだったりする。

全39件中 1 - 10件を表示

ダフネ・デュ・モーリアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
村上 春樹
ダフネ・デュ・モ...
有効な右矢印 無効な右矢印

レベッカ〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする