死の家の記録 (新潮文庫)

  • 653人登録
  • 3.65評価
    • (59)
    • (46)
    • (128)
    • (7)
    • (0)
  • 52レビュー
制作 : 工藤 精一郎 
  • 新潮社 (1973年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102010198

死の家の記録 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「イワンデニーソヴィチの一日」と、この「死の家の記録」は、
    私の中でベスト・オブ・シベリア流刑小説の地位を常に争っています。
    いや、これらの他に読んだことないんですが。

    こちらに関しては、貴族がいきなりシベリアに来て精神的にかなり参ってる感じにぐっときます。
    お風呂の不潔さにうひゃー、とか囚人服がベトベトしててうげーとか。
    特にお風呂(サウナ?)の描写は圧倒的に迫ってきます。
    囚人の垢とか髪の毛とかが、自分の足にからみついてきてぬるぬるしてる気がします。
    とにかくもう迫力があるんですよ。

    他に好きな場面は囚人がクリスマスなどのイベント事に心からウキウキしてるところかな。
    どんなにどん底に落ちても、素朴にイベントを楽しみにできるなんて、
    なんて人間って愛しい生き物なんだ!と感激したものです。

  • 愛読書。

    ドストエフスキーの人間観察は本当に心がこもっている。

    それは本作品の中で次々と登場する囚人達に対する人物描写にも見事に表されている。

    シベリアにて流刑生活を送っている彼ら囚人は、一般社会から見れば極悪非道、または奇人変人と見なされて当然の特徴的な性格の持ち主ばかりである。

    ありふれた道徳的なものさしで以て彼ら囚人を評価するとなれば、彼らは「ただの人でなし」か、あるいは「気違いに過ぎない」と一蹴されてお終いになるに違いない。

    しかし、ドストエフスキーの彼ら囚人に対する愛情に満ちた眼差しからは、そんな世間的な冷たい感性に対するある種の痛烈な批判が読み取れる。彼は作中で、囚人達を一貫して「不幸な人々」と表現している。この彼ら囚人達に対する限りない同情を「人道的」と呼ばずに、何を「人道的」と呼べば良いのだろうか?そして、そういった目線で描かれている囚人達は、どれも生き生きとしていて、どこか可愛らしくて、どこか子供っぽい。

    ラストの囚人達に対する感動的な総括も含めて、文豪の懐の深さをじっくりと味わえる名作。

  • 読みやすい作品ではなかったけど、この本好きだー!!
    作品は力強いし、人物の描き方に奥行きがあって良い!色んな印象的シーンがあって泣ける!
    作品がネガティブな状況だけで終わってないところも好き!ドストエフスキー・・・愛してる!

  • シベリア流刑囚として過ごした4年間の体験を元に執筆された本書には、ドストエフスキー諸作品の通定音が最も濃縮された形で表れている。共に暮らした囚人や兵士達に、時には犬畜生相手にまで向けられるその洞察力は、ふとした会話や行動から対象の内面に潜り込み、当人も自覚していないその愚かしい性質や特徴を暴き立てる。獄中に置いても貴族は仲間として扱わないその態度に嘆息しながら、それでも庶民の中に人間讃歌を見い出すことを決して諦めない。長編作品の登場人物のみならず『夜と霧』を始めとする多くの作品が、この家から生まれてきた。

  • シベリアでの実体験を元に書かれているだけに、笞刑などがリアルで犯罪者の心理描写が上手く描かれていたなと思いました。それにしてもドストエフスキーは難解で、途中でくじけそうになったけど読了できてよかった。

  • 法を犯して罪を背負った人々に、足枷をはめさせ労役を科し、鞭の浴びせて自由を奪う。
    そんな死の家に押し込まれた囚人たちの生活模様を描いた物語。
    壁の中での生活は、本当に人を更正させることができるのか。
    考えさせられる小説です。


    この作品は、ドストエフスキーの実体験をもとにリアリズムの手法によって書かれていて、19世紀ロシアの監獄のスケッチとしての価値もあり、また、優れた観察眼による緻密な人間描写は、文学としての完成度を最高のものにしています。

    「カラマーゾフの兄弟」を始めとする、ドストエフスキーの後年の大作たちの原点とも言える、大変素晴らしい作品でした。

  • ドストエフスキーの経歴を考えれば、この内容は生の体験から得た情報がたくさん入っているようでとても真剣に読んでしまいました・・・
    もちろん、書いてある事の心情だったり、そういう描写もとても良かったのですが、シベリア流刑を受けていた囚人たちの生活、行動、そういう事が詳細に描写されていて想像しながら読むのがとても面白かったです。

  • 予想外に面白かった。死の家に閉じ込められた徒刑囚がこんなにも人間味に溢れているとは思わなかった(あくまで今作中の話だが)。特に動物に関わるエピソードは微笑ましい物が多い。
    時間があったらもう一回読みたい。

  • ドストエフスキーが投獄されていた時のことを参考にして書いたほぼノンフィクション。
    かなり時間をかけて読んでしまったので名前が全く覚えられなかったですw反省。
    彼は刑務所をプラスの面、マイナスの面両方から見てるんですね。抑圧されて荒れてしまったことから、風呂や病院の不潔さ、貴族に対する態度、これはマイナスの面、プラスの面は囚人たちの団結力とか、演劇の感性度とか。それからムショ内の商売、取引。
    彼は病院に入院してこれを書いていたらしいですが、それにしてもすごいなって思います。立派な記憶力、観察力を持っていて、だからこそあんな長大な小説が書けたのでしょうね。

  • 登場人物おのおのの描写は読む者の脳裏にくっきりと浮かび上がってくる。

全52件中 1 - 10件を表示

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
遠藤 周作
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

死の家の記録 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死の家の記録 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする