罪と罰〈下〉 (新潮文庫)

  • 4473人登録
  • 3.85評価
    • (548)
    • (401)
    • (707)
    • (37)
    • (10)
  • 299レビュー
制作 : 工藤 精一郎 
  • 新潮社 (1987年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (601ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102010228

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  多数の利益のための、犠牲は仕方ないという論理の下、罪を犯したラスコーリニコフ。しかしその後、彼は罪の意識で苦しみ自身が罪を犯しつつも、妹の結婚相手の正体を見抜き、妹の結婚を阻止しようとしたり、母のことを気遣ったり、酒屋で少し話しただけの男の家族に親切にしたりと、家族やそれ以外の人間にも正義心を発揮します。

     なんで、そんなことになったかというと、自分はラスコーリニコフは、人としてのバランスを取ろうとしていたのかな、と思います。

     善と悪の狭間を歩き続けるラスコーリニコフの描写は、読んでいて息が詰まるようです。「何が正しいんだ!」という彼の叫びをずっと聞き続けているかのような、そんな気すらしてきます。

     しかし、だからこそ、ラスト数ページの物語の明るさには驚きました。正直、こんな気分で読み終えられるとは思ってもいなかったのでうれしい誤算。

     ラスコーリニコフの、多数の利益のための流血は仕方ない、という論理は普通の人間には当てはまらないものなのだと思います。頭でどんなにそう思っていても、身体がそれを拒否する、それが人間としての本能であると思います。

     ラスコーリニコフがそうした考えを持った背景には、ナポレオンなど、そうした行動を厭わなかった偉人の存在がありました。特別な才能と力を持った彼等なら、それをしてもかまわない。そしてその真理にたどり着いた自分も英雄なのだ、と。
     
     でも、この本を読み終えてから、そうした英雄たちの思考に思いを巡らすと、自分は普通の人間でよかった、と思えてくるのが不思議です。そして、それはラスコーリニコフも同じだったのではないでしょうか。

     読むのは、やっぱり大変でしたが、先に書いたように読後感は悪くなかったので、何というか、高い山を踏破した、という充実感も覚えた読書でした。

  • いつか読んでみたいと温めていたドストエフスキーの「罪と罰」.
    「選べれし人間であれば,多少の罪は許される」と信じるラスコーリニコフだが,実際に罪を犯すと良心の呵責に苛まれる.
    その葛藤の描き方が秀逸で,流石名著と言われるだけある.
    全体的に陰鬱な小説で気が重くなるので,最後の場面ではこちらが救われた気がした.

    ただ,登場人物の呼称が複数あったりとなかなか読み進めるのが大変.
    私は下記のサイトを見ながら読み進めた.
    あらすじはわかってしまうけど,わかった上で読み進める位がちょうどよい.
    初見だと理解するだけで放り投げてしまいそう.
    http://hohochie.com/11681/

  • 一気に読んだ。事件からはのめり込む一方だった。
    どうこれが終わるのだろう、という気持ちでドキドキしながら読み進めた。
    ラスコーリニコフとスヴィドリガイロフ、二人の生き方、そして顛末を是非しっかり見て欲しい。顛末ではそのシンプルさから何かを考えさせられるだろう。

  • 登場人物を把握してからようやく面白くなってきました。把握するまでが一苦労だった…!(汗)
    とかく、ラスコーリニコフの心理描写、葛藤がすごかった…!
    人間ドラマも、すごい作り込んであって、勉強になります。
    解説を読むと非常に読みやすくなるかもしれない。
    罪:殺人
    罰:流刑
    とすれば簡単な構図ですが、見方によって様々な解釈ができる。
    罪:強い自尊心によって、強い自己卑下にとらわれること。
    罰:こんなにも周りに愛されていることが、何故わからなかったんだろう!と後悔すること。
    長い長い苦労を経て、将来への希望を掴む物語でした。

  • 巨匠ドストエフスキー代表作の工藤精一郎訳バージョン。上下巻で約千ページの大長編。5年前に購入したものの読書ボルテージが上がらなくて寝かせておいた本にようやくトライ。古典だしロシア文学だし、紙面いっぱいにぎっしり埋まった文字にくじけそうになりながらも約2ケ月かけて読了。とにかく”場面によって人物の呼び名が変化する”、”セリフが長い”ことには消化するのに苦労した。だが、豊富なエピソードに盛り込まれる思想や心情には作者の熱意をとても感じた。登場人物も多彩で、お気に入りはかわいく可憐なソーニャとドゥーニャ、そして悪漢好色じじぃのスヴィドゥリガイロフ。
    もう、ありがたく読ませていただきました。まずは人物リストを作ってから読み始めるのがおすすめ。
    次は「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキー最長編)でも読んでみるか。。

  • いや〜名作だったな〜。
    しかし辟易したのが数多く登場する人物の名前。全部ロシア名で、しかもよくわからないけど一人の人物が違う名称で呼ばれたりする。例えば主人公の「ラスコーリニコフ」は「ロージャ」とも呼ばれるし「ロジオン・ロマーノヴィチ」と呼ばれたりする(本名と愛称なんだろうか)。読み進めるうちに大体わかってきたけど前の方は誰が誰だかよくわからなかった。
    そこで提案なんだけど、こういう外国文学の翻訳の際には思い切って日本名をつけてはどうだろうか。アニメなんかではよく使う手である。「罪と罰」も例えば主人公は「川口健介」にすれば「健ちゃん」「カワケン」とかと呼び方が変わっても推測するのに難しくないし、物語の理解も深まるだろう(と思われる)。
    どうせ著者が名前に込めたニュアンス的なものは翻訳で読む場合には伝わらないだろうし、問題ないんじゃないだろうか。

  • とりあえず、めちゃくちゃ面白かった。この小説はあらゆる側面があり、濃密な人間の心理や思想や哲学を描いています。人の欲望や善悪、生きていく意味、殺人とはなにか。読み進めていくうちにどんどん自分自身の心理に潜り込んでいき深く物事を考えることができた。
    犯罪小説としてもかなりお面白く、特に主人公ラスコーリニコフとポルフィーリィとの対決場面などはハラハラドキドキして夢中で読み進めた。さらに、罪を犯した人間の再生の物語でもある。
    ヒロインのソーニャとの愛の物語でもあり、ラストは本当に感動的だった。また改めて読み返したい作品。
    まさに名作でした。

  • なんで主人公最後リア充なってるん(・ω・)?

  • おもしろかった。ポルフィーリィの説得の言葉、ラスコーリニコフに対する評価の言葉になぜか胸を打たれた。小説で人間を描き出そうとする作者のスタンスや美学が確立されているからこそのクオリティだと思った。

  • 上巻に引き続いて、相変わらず登場人物の名前がフルネームだったり愛称だったり名前+父称だったりで分かりにくい。そもそも字面も覚えにくい。
    ラスコーリニコフの堂々巡りの煩悶を読むだけでも苦労するのに、他の登場人物たちも好き勝手に長話をし始めるため、読み下すのに時間がかかる。

    それにも関わらず、強烈に面白い。翌日のことを考えずに夜まで読み耽ったのは久しぶりだった。
    スヴィドリガイロフの謎めいた行動、ポルフィーリイとの論戦、マルメラードフ一家の行く末、ピョートルの小物ぶり、母と妹やウラズミーヒンたちの愛情、ソーニャの献身、そしてもちろんラスコーリニコフの葛藤に、読みながら喜怒哀楽し放しだった。
    全てが重層的に絡み合い、長大で重厚にも関わらずスピード感があって、最後はさらりとしながらも美しいエピローグで引き締まる。
    とてもじゃないが自分の拙い文章力では語りきれない素晴らしい読書体験だった。

    小説って良いものだなあ。しみじみ思わされる。

全299件中 1 - 10件を表示

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
夏目 漱石
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

不安と恐怖に駆られ、良心の呵責に耐えきれぬラスコーリニコフは、偶然知り合った娼婦ソーニャの自己犠牲に徹した生き方に打たれ、ついに自らを法の手にゆだねる。-ロシヤ思想史にインテリゲンチャの出現が特筆された1860年代、急激な価値転換が行われる中での青年層の思想の昏迷を予言し、強烈な人間回復への願望を訴えたヒューマニズムの書として不滅の価値に輝く作品である。

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする