ファウスト〈1〉 (新潮文庫)

  • 1471人登録
  • 3.70評価
    • (105)
    • (114)
    • (184)
    • (13)
    • (7)
  • 111レビュー
著者 : ゲーテ
制作 : 高橋 義孝 
  • 新潮社 (1967年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102015032

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文豪ゲーテの代表作とされる長編の戯曲。第一部は1808年、第二部は1833年(ゲーテの死の翌年)に発表された。
    15~16世紀にドイツに実在したと言われる高名な錬金術・占星術・魔術師ファウスト博士が、悪魔と契約して最後には魂を奪われ体を四散されたと云う奇怪な伝説をベースにしている。
    ゲーテは文人であるとともに、自然科学者、政治家、法律家でもあった万能人で、代表作『ファウスト』においても、その思想・人生観が随所に表現されている。
    (382行)ファウスト「世界を奥の奥で統べているもの、それが知りたい、また世界のうちに働く、力と元素のすべてを見極めたい、そうなったら、もう言葉を漁ることも要るまいと思ったからなのだ」
    (534行)ファウスト「わが身にしかと納得せずには、人の心は動かせぬ。自分の魂から迸り出て、力強く切々と語るのでなければ、聴く者の心は得られぬわけだ。・・・真に心の底から出たことでなければ、決して人の心には訴えぬものなのだ」
    (1224行)ファウスト「「太初に言ありき」と書いてある。ここでもうつかえてしまう。さてどうしたものか。・・・そうだ、うまい言葉を思いついた。こうすればいい、「太初に行ありき」」
    (1759行)ファウスト「休みなく活動するのが男というものなのだ。・・・知識欲とは縁を切った己の胸は、今後どんな苦痛をも避けぬつもりだ。己は自分の心で、全人類に課せられたものを、じっくりと味わってみたい。自分の精神で、最高最深のものを攫んでみたい。人類の幸福と苦悩とを己の胸で受けとめてみたい」等
    すなわち、『ファウスト』とは、「考える人」ファウストが「行動する人」に変身し、広い世界に出て、いかなることを成しとげたかいう物語と言えるのではあるまいか。
    現代においては決して読み易い作品とは言えないが、ゲーテ自身の人生観を示した代表作として、一読する意味はあるように思う。

  • ↓2012.02.14
    荒俣訳を3分の2ほど読んでから正統派な訳が読みたくなり、手に取りました。
    愉しいけど軽い、などと言ってしまった荒俣訳のおかげで、スラスラ読めます。
    分かりやすい訳を読んでしまった後だと、オブラートに包んだ正統派な訳が物足りないです。
    ただ、やはり言葉としてはこちらの訳の方が美しいです。
    人名もドイツ名の方が嬉しいですし。
    まだ途中ですが、クラーク挿絵付きの荒俣訳は一の分しかないようなので、高橋訳で二に挑戦してみたいです。
    この新潮文庫のカバーイラストとデザインもかなりイケてるとわたしは思います!

  • 「時よ、止まれお前は美しい」

    ファウストの名台詞。
    メフィストフェレスという悪魔の力で若さを得て、時を遡ったファウスト博士は何を得たんだろう。 (時間的経過を認めないというのは、悪魔的でネクロフィリアックに感じる)

    悪魔を拒絶し、人間の(広い意味での)愛を受け入れたからこそ、ファウスト博士は死に、救われたんだろうなぁ。

  • 再読になる。1回目読んだ時は話の展開が理解できなかったが、一通り内容を把握したら、すらすらと読めてとにかく面白い。メフィストーフェレスの台詞が楽しくて翻訳の丁寧な言葉遣いがよく、つい音読してしまう。あと世間一般で云う全知全能の悪魔ではなく、星形の魔除けが邪魔で部屋から出て行けなかったり、「お入り」を3度要求したりとコミカルで放蕩息子じみたファウストの要求にやっつけのように応える掛け合いも楽しく魅力的である。ワルプルギスの夜からグレートフェンとのクライマックスは素晴らしい。詩はまだ頭に思い描けず抜けていく

  • 課題のレポート書くため購入。読む→感想書くの全部で4時間ほどというやっつけ仕事っぷり。でも意外に読めました。面白かったです。書き上げたブツからなんとなく部分抜粋。→ファウストの第一部、悲劇。悲劇や絶望というのはむしろ、それを感じてしまうことにあるのかと思った。ファウストは物語の序盤で死を選ぼうとした。ファウストは目に見えるものの一切、あの瞬間には何も失ってはいない。心が酷く損なわれるような事件があの瞬間に起こったわけではない。でもファウストは死を選ぼうとした。悲劇を生み出し、感じてしまうこと、そういう人間として生きていくこと、それこそがこの男の悲劇性なのではないかと思う。「己はもう生きているのがいやになってきた。望ましいのは死だ、生は疎ましい」、とファウストは言う。「そのくせ、いざとなれば、誰も死にたがりゃしませんよ」。返した悪魔、メフイストーフェレスの言葉は、本質をついているのではないかと思った。生への未練はイコールその先へ、未来への期待なのかもしれない。「時よとまれ、お前はあまりに美しい」、そう感嘆できるに足る一瞬に、いつかめぐり合えるのではないかと、信じるなんて冗談でも言えないような薄い期待をして、だからこそ死を選べずに、人は歩いていくのではないだろうか。なんて。

  • 私生児を産んだ女への懲罰をゲーテが廃止したのは、この時代にパラダイムシフトがあったのでしょうか。優れた物語はいつも、転換点前夜のまどろみを描きます。だからグレートヒェンは我が子を殺して破滅するのですが、それに比べて、ファウストの苦悩や悔恨は口先ばかり。まるで、生き延びてしまった老人はこうやって世間を眺めているんだよと言わんばかりの冷たい表情で、死んだ友人たちを呼び起こして追憶を始める。

  • ゲーテの代表作「若きウェルテルの悩み」をはじめとする散文作品とは、まるで雰囲気が異なりますので、最初に読んだときは面喰ってしまいましたが、壮大で遊び心満載の作品です。

    「ファウスト」はいくつか版がありまして、集英社(本棚掲載)のほうは優しく読みやすい訳です。おきゃんな挿画もありますので、初めて読まれる方にはお薦めです。また、少し重めの訳が好みの方は、新潮社をお薦めします。詩の表現も美しく、軽さと重みのバランスもほどよい秀逸な訳だと思います。

    60年の歳月をかけて完成させたということもあり、作品全体のまとまりやテンポについては、激流のようなギリシャ悲劇やシェイクスピアのそれに比べて少々疑問は残ります。でも、よくよく考えてみれば「ファウスト」は悲劇ではないですし、「神曲」と同様に、名状しがたい結末を迎えるにあたって、作品全体を激流のようなテンポで洗い流してしまうわけにはいかないでしょう。

    余談かもしれませんが、ゲーテは「ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代」でもそうですが、さほど関連のない小話をちょこちょこ挟みこんで遊ぶクセがあるようです。小話を挟んで清涼剤にしていたのかしら? そういった遊びクセがあることも、この作品の楽しみのひとつです。

    さてファウストの魂の行方は? 素頓狂な旅でファウストが得たものは? 
    ――時よとまれ! おまえは美しい――
    愛と美、そして不滅(不死)という壮大なテーマは、ゲーテの哲学や生き様をあらわすものだと感じます。でもそんな小難しいことは傍において、時空を超えたへんな悪魔との冒険は楽しいです(^^♪

    「すべて移ろいゆくものは、
    永遠なるものの比喩にすぎず。
    かつて満たされざりしもの、
    今ここに満たされる。
    名状すべからざるもの、
    ここに遂げられたり。
    永遠にして女性的なるもの、
    われらを牽(ひ)きて昇らしむ」 

  • 知識、教養を身に付けてもなお心が満たされないファウストは悪魔メフィストーフェレスは契約をした。
    若返りの秘薬を飲まされて、少女に恋をする。
    ファウストはやりたい放題。

  • こんなん悲劇だがん

  • グレートヒェンが踏んだり蹴ったりな結末になるんだけど、それもこれもファウストに出会ったがためであったというのが第一部なのかな…要するに。なんとなく心に残った言葉-「何がなんでも自説を通そうとして、一つのことだけをいっていれば、そいつが勝つに決まっているのだ」(ファウストがメフィストーフェレスに対して)

全111件中 1 - 10件を表示

ゲーテの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
遠藤 周作
ドストエフスキー
シェイクスピア
梶井 基次郎
ウィリアム シェ...
安部 公房
坂口 安吾
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする