パンセ 上巻―冥想録 (新潮文庫 ハ 4-1)

  • 43人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : パスカル
制作 : 津田 穣 
  • 新潮社 (1952年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102019016

パンセ 上巻―冥想録 (新潮文庫 ハ 4-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (1967.03.16読了)(1966.11.18購入)
    *解説目録より*
    パスカルはフランスの生んだ世界的物理学者であるが、無限大の宇宙に比すれば人間や理性は無に等しく「人間は考える葦にすぎぬ」となし、無神論者たちにキリスト教弁証論を意図した論稿がこの「パンセ」である。熱烈な信仰と人間探究の科学精神が融合された古典として、今日なお人類の魂に強く呼びかけている。

    【構成】
    はしがき  訳者
    第一類 幾何学の心と繊細の心
    第二類 人間の認識
    第三類 不信仰の人々に対して
    第四類 信仰の方法
    第五類 法律
    第六類 思考の尊厳
    第七類 キリスト教の教理

    ☆パスカルの本(既読)
    「愛の情念に関する説」パスカル著・津田穣訳、角川文庫、1950.09.30

  • 中学校のときに引いてた赤ペンごと面白いです。アホかと思ったりおみそれしましたと思ったり。

全4件中 1 - 4件を表示

パンセ 上巻―冥想録 (新潮文庫 ハ 4-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パンセ 上巻―冥想録 (新潮文庫 ハ 4-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パンセ 上巻―冥想録 (新潮文庫 ハ 4-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

パンセ 上巻―冥想録 (新潮文庫 ハ 4-1)はこんな本です

ツイートする