ヴェニスの商人 (新潮文庫)

  • 1343人登録
  • 3.54評価
    • (62)
    • (111)
    • (218)
    • (14)
    • (1)
  • 97レビュー
制作 : 福田 恒存 
  • 新潮社 (1967年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102020043

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム シェ...
シェイクスピア
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
ウィリアム シェ...
ウィリアム シェ...
ツルゲーネフ
ウィリアム シェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴェニスの商人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今月の千年読書会の課題本となります。
    子どもの頃に読んだ覚えがありますが、学生時代はどうだったかな。。

    うろ覚えながらもイメージ的には、
    勧善懲悪なカタルシスのある喜劇、との感じでした。

    粗筋としては確かにその通りで、、

    当時は16世紀、大航海時代を謳歌する海洋国家“ヴェネツィア”、
    そこで海運業を営む一人の商人とその周辺の人々の物語となります。

    その義侠心あふれるヴェニスの商人“アントーニオー”が、
    手元不如意な友人“バサーニオー”の結婚資金?を用意するため、

    ユダヤ人の金貸し“シャイロック”から借金をすることに。
    その担保は、航海中の積荷と自分の“1ポンドの肉”。

    あえなく難破し、シャイロックから担保を求められることに、、
    実際に執行すればアントーニオーは死ぬしかない状態と、追い詰められます。

    そんなアントーニオーを、バサーニオーが求婚しているポーシャが、
    裁判官として変装し、法を曲げることなく法の解釈の厳格化で救います。

    のみならず、シャイロックにカウンターの痛撃をくらわせて大団円、
    となるのですが、、シャイロックというか“ユダヤ人”の扱いがなんとも酷い。

    今の時代にこれを発表したら、人種差別として炎上するでしょう、、
    それほどに、ユダヤ人に対する排他的・憎悪的な描写が色濃く。

    喜劇のシナリオとして描かれていることからも、
    これは、当時の時代の空気を投影している内容でもあるのでしょうが。

    一応、当時のヴェネツィアは信教の自由はあったはずなのですが、うーむ。

    シェイクスピアが執筆していたのは、イタリア・ルネサンスがまっただ中、
    寛容と多様性に彩られた、古代ギリシャ・ローマの文化が戻りつつあり、

    排他性に塗り込められた、暗黒と言われた中世から抜け出しつつあったはずですが、
    それはあくまで“キリスト教”の中での復興でしかなかったのでしょうか。

     “キリスト教徒は、非キリスト教徒に何をしても許される”

    そんな価値観が浮かび上がってくるなぁ、、とは穿ちすぎですかね。

    当時のユダヤ人に対する、キリスト教徒の感情を読み取ることもできますが、
    逆の立場であったならば、キリスト教徒はユダヤ人を“無条件”で助けるのだろうか、と。

    最低でもキリスト教徒への改宗を強要するのではないかな、なんて、
    シャイロックの娘の言動を見ながらも感じてしまいました。

    ん、物語の筋としては王道で、一発逆転としてのカタルシスも心地よい、
    そして、当時の空気をどこまで踏まえているのかはわかりませんが、、

    ユダヤ人の蔑まれようを、シャイロックの引き絞るような“言葉”として、
    さらりと描き出しているシェイクスピアはさすがだな、と。

    個人的には、文中では“惻隠の情”なんてフレーズを訳語として使うのなら、
    日本的な“三方一両損”的な結末の方が好みかなぁ、と徒然に。

  • 『ユダヤ人は目なしだとでも言うのですかい?手がないとでも?臓腑なし、五体なし、感覚、感情、情熱なし。なんにもないとでも言うのですかい?同じ物を食ってはいないと言うのかね、同じ刃物では傷がつかない、同じ病気にはかからない、同じ薬では癒らない、同じ寒さ暑さを感じない、何もかもクリスト教徒とは違うとでも言うのかな?毒を飲まされても死なない、だから、ひどいめに合わされても、仕かえしはするな、そうおっしゃるんですかい?』

    このシャイロックの台詞は刺さった。ヴェニスの商人が一面では悲劇であると感じるのは、ひとえにこの台詞によるところが大きいだろう。これはあくまで喜劇として書かれたのだといくら言われても、やっぱり心の底では何かが引っかかっている、私。

    なんかさ。
    ユダヤ人を差別してる!酷い!シャイロックがかわいそう!
    っていうわけじゃないんだ。そう単純じゃない。
    そもそも、時代も国も違う物語の中では現在の私自身から見て受け入れ難い価値観がまかり通っているっていうことは、珍しいことではない。ああそう、当時はそういうもんだったのね、と一歩引いて受け止めることはできる。ちょっとばかり不快ではあっても。だから、差別が存在するということ自体は、私が感じた悲劇性の直接の原因ではないのだ。それはいうなれば、そういう「設定」だから。

    でも。
    それでも、その「設定」の中で、シェイクスピアはシャイロックにこの台詞を吐かせたわけでしょ。その時点で、私にとってシャイロックはユダヤ人という単なる記号ではなくて、一人の人間になったの。だから、その人格を持った一個の人間がこんな風に扱われるのが悲しいと感じるようになったのね。この台詞を与えられてしまったら最後、『ヴェニスの商人』は単純な喜劇にはなりえないと思うんだ、やっぱり。

  • 読書会の課題で、初めてシェイクスピアを読んだ。面白く読めたが、善人と悪人がこんなにはっきり分かれてていいのか?しかも悪人は一人ぼっちで結局みんなに懲らしめるという、そんなんでいいのか!?と思ってしまった。ギャグこそないが、吉本新喜劇の人情話のようでもある(喜劇だからそれでいいのだろうけど・笑)
    キリスト教ユダヤ教の対立という問題も孕んでいるのかもしれないが、その辺りの事情は僕には分からない。

  • シェイクスピアの話の中では喜劇といわれているらしいが、そんなに面白いかはギモン。

  • 最近読み直した。たしかに面白い。先のストーリーが気になってページを早くめくりたくなる、というタイプの面白さがある。

    それに加え、善なるものや寛容を求める姿勢と、友人や夫婦といった親しい人を信頼する姿勢が、この物語を単なる面白いだけの物語にとどめることなく、一段と深みを持たせたものにしている。

    また、深く抱いた復讐心が自らの身を滅ぼしてしまうということ。そして、慈悲とよい行いは人間の運命を良き方向に向けるものであるということ。

    この2点があることによって、この物語は単なる喜劇の枠にとどまらないものとなっているのだろう。

  • 配置場所:広呉文庫本
    資料ID:93056592
    請求記号:080||SH||S

  • シェイクスピアにハズレ無し。人肉裁判の愉快さはまさに喜劇。シャイロックの魅力も忘れてはならない。

  • 「本当、私の小さな体には、この大きな世界が重たすぎるのだよ。」
    後に、人肉裁判を仕切る博士のセリフとは思えない。女性らしい奔放さと、聡明さを兼ね合わせたポーシャはとても魅力的に感じた。ヒロインをポーシャとすれば、喜劇。

  • 「まったく、どういうわけだか、俺は憂鬱なんだ。」 ヴェニスの商人であるアントーニオはうつ病にかかる。 一方、友人のバッサーニオ、ロレンゾーは恋愛に夢中で恋人を追い詰める。 それぞれの思惑をもとに―「アントーニオ」、「バッサーニオ」、「ロレンゾー」、 三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。 疾走感溢れる筆致で綴られた分類不能の「商人」戯曲!

  • 美人で金持ちで機知に富んだポーシャがイケメンの夫を手に入れ、悪を懲らしめて、ついでに口を滑らせた夫にお仕置きもして全て丸く収めるという超人ぶりを発揮する。その存在自体がおとぎ話のようだ。シェイクスピアの喜劇は最後には根に持たずに水に流す終わり方をするところが日本の狂言などに似ている。そしてアントーニオーとバサーニオーの友情も心を打つ。 シャイロックについては後書きにもあるように、これは当時のイングランドの観客に向けた娯楽作で後々世界で読まれるとは思ってないので、気楽に楽しめるように、未知の存在(ユダヤ人)に悪役を押し付けたに過ぎない。なるほど現代では宇宙人がその役を担っているわけだ。駆け落ちをした娘の道中での散財っぷりもあっけらかんとして面白い。

  • ページ数は少ないですが、ポーシャがあまりに嫌な女という印象で、先に読み進めるのに苦労しました。
    よくもまあ、あんなに細かく求婚者の欠点を覚えていて、ベラベラ喋れるものかと。
    そんな自分を才女ぶって認めているのにも鼻につきます。
    その才女が何をしたかといえば、恣意的ないい加減な裁判の判決だけ。
    あんな胸先三寸の判決がまかり通るなら、法廷に正義など一切期待できないでしょう。
    学生時代に、ポーシャの判決を法学の視点から誤っている点を考えよという課題を出されましたが、全く良い教材になると思います。

  • シャイロックは、ユダヤ人ということで差別され屈辱的な扱いをキリスト教徒から受けていた。
    しかしひょんなことから自分を侮蔑していた貴族で貿易商人アントーニオに大金を貸すことになる。
    この時、キリスト教徒は友人に金を貸すときは利子をとらないという教えに習い、シャイロックも利子を取らないことにする。
    だたし期限までに返済できない場合は、アントーニオの肉1ポンドをいただくという条件で。

    結局、アントーニオは期限を守れず、シャイロックに人肉裁判にかけられることになる。

    差別、人肉裁判、ユダヤ人等の内容がでてくる。

  • 箱えらび、指輪の紛失、人肉裁判とジェシカの駆落ちの4つの筋から成り立つ喜劇。
    アントーニオーを陥れる金貸しシャイロックは、冷酷非道だが魅力的。ユダヤ人であることを理由に蔑まれ虐げられてきた過去を背負っており、単なる悪役として位置づけることはできない。
    また、シャイロックの娘ジェシカ、貴婦人ポーシャやその小間使ネリサなどの女性もいきいきとした活躍をみせ、物語を盛り上げる。ときに男と愛を語らい、ときに男を救い、ときに男を手玉にとる奔放さが小気味よい。

  • 解説を読んで驚いたのが、このストーリーに原案があったこと。完全オリジナルと思い込んでいました…
    いずれにせよ、この作品が素晴らしいことに変わりはありません。硬質なのに曖昧でわかりにくい法律文章を解釈によって血の通ったものにするという裁きの真骨頂を思う存分味わえます。
    シャイロックからの借金という主題のあらすじは多くの人が知っていると思いますが、ポーシャの夫探しやロレンゾーとジェシカの駆け落ちという脇道も面白いです。
    シェイクスピアの魅力といえば、一番はそのセリフです。世の真理を孕んだ、まさに劇的な掛け合い。文章で読むと仰々しいけれど、きっと舞台では登場人物たちにいきいきと語られるんでしょうね。

  • 何度読んでも素直に楽しい。実は、有名な人肉裁判より、5幕1場の美しさこそがこの作品の価値だと思ってる。

  • 最後のポーシャの意地悪茶番劇はひどいなあ、ある意味冗談に思えないような気がして、バサーニーに同情するわ。たぶん、物語的にいうと、悪役シャイロックが活きてこないと本当の茶番劇に終わってしまうのだろう。現代劇だと、こういう立ち位置の悪役はいないような。

  • 古典回帰!と思って本書を手にしたけれど…
    やっぱりシェイクスピアは敷居が高い…。

    なぜシャイロックがあんなにも人肉にこだわるのかとか、文化的な意味合いがわからない。
    箱選びや、変装したポーシャの行う裁判の部分は、思わず釣り込まれたけど。

  • 単純な勧善懲悪の喜劇としては捉えにくい。あまりにも法廷におけるシャイロックの存在感が強すぎる。

  • 美人を見るがいい、知れたこと、美しさもまた脂粉の目方で売り買いでき、その目方ひとつで世にも不思議な奇蹟が起る。つまり、顔に塗るものに目方をかければかけるほど、尻はますます軽くなるというわけだ。

  • はじめて読んだシェイクスピア。
    読んでからしばらくが経ったが、やはりユダヤ人シェイロックの描かれ方が印象強い。途中からシェイロックに同情してしまう。
    この作品のユダヤ人に対する差別は時代の反映であろうけど、シェイロックを一方的な悪者でなく心のある人間として描いている点で、シェイクスピアは分かってたんだなと思う。

全97件中 1 - 25件を表示

ヴェニスの商人 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ヴェニスの商人 (新潮文庫)に関連するまとめ

ヴェニスの商人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヴェニスの商人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴェニスの商人 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする