マクベス (新潮文庫)

  • 2140人登録
  • 3.46評価
    • (92)
    • (166)
    • (376)
    • (28)
    • (6)
  • 160レビュー
制作 : 福田 恒存 
  • 新潮社 (1969年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102020074

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム シェ...
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
村上 春樹
シェイクスピア
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

マクベス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めてシェイクスピアを全部読んでみた。
    独特の言い回しが難しかったけど、人間の本質、さがを描いてるんだろうと思う。
    まだ「マクベス」は短かったからすぐ読めたけど、もっと長かったら途中で挫折してただろうな。
    今回は野村萬斎さんの舞台「マクベス」を観に行くのに予習として読んでおこうと思った。
    舞台の方はすごく、すごく面白かったし、圧倒された。

  • スコットランドの武将マクベスは荒野で出会った3人の魔女のうちの1人が唱えた「スコットランドの王になる」という謎めいた預言に心囚われる。他の預言が次々と当たり、マクベス夫人からも背中を押され、ついに自分の手でスコットランド王ダンカンを自らの手で下してしまう。

    シェイクスピアの4大悲劇の1つ。
    小説として読むと色々と突飛な場面もありますが、第三者の声に引っ張られるように、自分の意思とは別の行動を移してしまう人間の心の脆さがよく表現された作品です。
    ある罪を隠すために新たな罪を重ねながらも罪の意識に苛まれるマクベス、怯える夫を気丈に支えつつじわじわと心が闇に覆い尽くされていたマクベス夫人。
    時代を越えても変わらない、人間の負の真理がそこにあります。
    魔女による預言に期待し、怯え、翻弄されたマクベスの最期は、恐怖よりも解放の安堵だったかもしれません。
    実際に戯曲も観てみたくなります。

  • 綺麗は汚い 汚いは綺麗、さあ飛んでいこう霧の中、汚れた空をかいくぐり。魔女の言葉です。
    血みどろに汚れた中に人生の真実があり、それこそが人間の真実の物語だ。黒いものは白いのです。
    名声欲は誰にでもあり、悪いものではない。でもそれを肯定できるか?というとなかなか難しい。
    マクベスは名声を得たいがために人を殺した自分を許すことはできなかった、正として肯定できず、悪夢に悩まされ続けた。それもまた道徳律に基づく人間の姿だ。その拮抗こそがこの文学の醍醐味だと思う。自然律に支配されながらも人間社会の道徳律を飛び出した生き方もできない。そして最後の幕は血みどろで終わる・・・。
    素晴らしい文学です。

  •  悪いことはできないね。

     本当に悪いやつじゃなかったから、
     マクベスも奥さんも。
     だから気がふれちゃったのかもね。

     

  • 17世紀スコットランドを舞台にした戦国の下剋上物語。

    マクベスの人生の虚しさを嘆くセリフ。
    「人生はただ歩いている幻影にほかならない。やつれた役者がふんぞり返ったり、イライラしたりして自分の持ち時間を過ごすが、後には何もない」

  • Curses return upon the heads of those that curse. what for he did it? nah, one good turn deserves another, you know.

  • 初マクベス。福田恆存訳。訳者のマクベス論を読んでも深い背景が一瞬で判る筈もない。続きは安西徹雄訳を読んでから考えよう。小田島雄志先生、中野好夫先生が教えてくれるかも。

  • 『マクベス』は、スコットランドの武将マクベスが、心の奥底に抱いていた野望に気づき、その野望に従って次々に悪を重ねていく物語。人間の悪や罪、それに弱さやもろさを描き出す物語だとも言える。

    次々に悪を重ねるマクベスは、自分のやってしまったことにおびえ、震える弱さやもろさを持った人間でもあるが、それゆえに破滅へと突き進んでしまう。しかし、マクベスの抱く悪や罪、それに弱さやもろさは、わたしたちもまた大なり小なり抱えているものなのかもしれない。

    わたしたちもまた、心の奥底に秘めた野心や欲望、時にそれに突き動かされてしまって手痛い失敗をしてしまった経験のひとつやふたつはある。その意味では、わたしたちもまた、大なり小なりマクベス的なものを抱えているのだ。

  • 2017年11冊目。

    初シェイクスピア作品。
    予想をはるかに超えて素晴らしかった。
    現代小説でこんな言い回しがあったら引いてしまうだろうけど、
    劇の勢いの中では心揺さぶられる名言として強く響く言葉だらけ。

    「早く来い、目を蔽う夜の闇、情けにもろい昼の目を包んでくれ」

    こうして外的な要因に引っ張られなければ踏ん切れないマクベスのためらいの感覚が他人事ではなかった。

    「消えろ、消えろ、つかの間の燈し火!人の生涯は動きまわる影にすぎぬ。」

    でも結局、外的な動きだけに頼るということは、外的な光に作り出された影と同じ、その光が消えれば存在を失うことになる。
    光の有無にかかわらず存在する本体よりも、よっぽど儚い、とも感じる。

  • 邪な野心、運命と自由意志、あるいは血統へのコンプレックスなどを考えるときにヒントとなりそうな言葉が散りばめられている。訳者・福田恆存の解題もおもしろい。

    “男にふさわしいことなら、何でもやってのけよう、それも度が過ぎれば、もう男ではない、人間ではない” p34

    “王とは名ばかり、それもいつ自分の肩からずり落ちることか、巨人の衣裳を盗んで着用におよんだ小人なみじめさ” p117

    “心を押しつぶす重い危険な石をとりのぞき、胸も晴れ晴れと、人を甘美な忘卻の床に寝かしつける、そういう薬はないというのか?” p121

    “人の生涯は動きまわる影にすぎぬ。あわれな役者だ、ほんの自分の出場のときだけ、舞台の上で、みえを切ったり、喚いたり、そしてとどのつまりは消えてなくなる。白痴のおしゃべり同然、がやがやわやわや、すさまじいばかり、何のとりとめもありはせぬ” pp125-126

  • シェイクスピアの四大悲劇のひとつ「マクベス」。
    王を殺したマクベスの悲劇、これくらいしか知らなかったけれど、戯曲の面白さが少しわかってきたところなので読んでみた。

    思った以上に短い作品ということにまず驚いた。
    解説によると、上演に際しかなりの部分に手を入れたらしいので、最初はもっとずっと長い作品だったようだ。
    今よりも言論の自由が無かっただろうイギリスで、王の好みに合わせて作品を調整せざるを得ないというのは、芸術家としても、後世読むわたしたちにとっても残念ではある。

    削除したからかはわからないけれど、マクベスがダンカン王をなぜ暗殺しようと思い立ったか、マクダフはなぜ妻子を残したままひとり逃げたのか、など腑に落ちない部分がいくつかあった。
    訳者の解題を読んで、そういうことかと思えることと、まだ納得出来ないこととある。

    ダンカン王暗殺を決めはしたものの躊躇しているマクベスを煽っていたのはマクベスの妻だったことも意外だった。
    なぜ危険をおかしてまで王の位を手に入れようとしたのか。
    マクベスも妻もゆるぎのない地位、血筋では得られなかった高貴な地位が欲しかった、これが答えで納得出来るような弱いような。

    作品自体はとても短いためすぐに読める。
    読んでから訳者の解題を読むと、シェイクスピアと当時のイギリスの情勢がわかってくるため、作品の見えない部分が見えてきて更に愉しめる。
    いつか舞台を観る機会があればと思う。

  • シェイクスピア四大悲劇の1作

  • 自分の身を自分で滅ぼしていくマクベスから多くの学びがあったと思う。

  • 人の生涯は動きまわる影にすぎぬ。あわれな役者だ、ほんの自分の出場のときだけ、舞台の上で、みえを切ったり、喚いたり、そしてとどのつまりは消えてなくなる。

  • 2016.6.7
    妃結局死ぬんかい!
    欲は誰にでもある、王の資格もない
    あっけなかったなあ
    予言の通りにはならなかったんじゃ。
    予言予言ってなんだかファンタジー(^○^)

  • 10年以上ぶりに読んだ。当時は10代だったのでストーリーを追って、権力のために人殺したりしても結局幸せになれないってことだよね、という勧善懲悪的な印象を受けていたのだが、今回はまた人の心の脆さとか、シェイクスピア独特の言葉遣いなんかに注目して読んだ。

  • 教養として。映画を契機に読んだ。これがありとあらゆる解釈を産む源なんだと確認。

  • 火曜サスペンス劇場のようなお話。
    ルネッサンスの17世紀に火曜サスペンスなのが凄いのだけれども、今となってはちょっと興ざめなところもある。心理的にグイグイ押してきて緊張と強度は凄まじいものである。

    とても脳化している。卓越した身体を持つとてつもなく強靭な武将がおのれの頭脳に追いつめられるというのが皮肉である。身体に弱みがないからこその精神障害なのかもしれない。凡人はこうならなくて済むのだろう。

    きれいは穢い。脳は矛盾を招き入れるものなのである。

    それにしても、福田さんの解説は、リア王も、マクベスもハムレットを持ち上げる。悲劇の始まり。ハムレット、もう一度読み返さなくては…

    シェイクスピアは舞台が観たい!

    Mahalo

  • 読みごたえ十分。初めてのシェイクスピア、面白かった。人の弱さ、貪欲さ、そういったものが描かれていて、迫力がすごいと思った。

  • 四大悲劇(ハムレット、オセロ―、リア王、マクベス)の中で最後に作られた作品。その多くを歴史家ホリンシェッドの『年代記』に負うているが、11世紀に実在したスコットランド王・マクベスは、確かに親戚の前王を殺して自ら王位についたが、17年間の在位期間中は国王として立派な業績を挙げたのだという。
    本作品は、四大悲劇の最後の作品であるにもかかわらず、ストーリーは、『ハムレット』や『リア王』のような複雑さはなく、むしろ非常に直線的で、大雑把に言えば、魔女にそそのかされた心の弱いマクベスが、王を暗殺して自らが王位につくものの、その悪行の祟りを恐れ、惑うというものである。
    そのマクベスの姿は、「生か、死か、それが疑問だ」と悩みつつも、「来るべきものは、いま来なくとも、いずれは来る ― いま来れば、あとには来ない ― あとに来なければ、いま来るだけのこと ― 肝腎なのは覚悟だ。いつ死んだらいいか、そんなことは考えてみたところで、誰にもわかりはすまい」という境地に達したハムレットとは対照的である。
    よって、作品に込められたテーマも、『ハムレット』が「世の中には、白黒や善悪の判断できないこともあるが、それは運命として受け入れるしかない」というものであるのに対し、『マクベス』においては、「世の中の白黒や善悪が明らかであることは、破ってはいけない」ということなのであり、それがむしろ、弱い人間にとっては心に刺さるストレートなメッセージなのかも知れない。
    シェイクスピア悲劇の中では、主題のはっきりとした、取りつきやすい作品と思う。

  • to be or not to be 書きかけ説があるけども
    英語で読んだ方がいいのかなー
    つまらなくはなかったけど普通だなー

  • ストーリーの悲劇性という点では、ギリシャ悲劇のソポクレスの方が、インパクトが強いですが、シェークスピアのセリフは、圧倒されます

  •  
    ── シェイクスピア《マクベス Macbeth 1623‥‥ England 19690902 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4102020071
     
     Macbeth, 10‥‥‥ Scotland 1057‥‥ ? /[1040-1057] King
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/‥.(削除)
     
     Is ripe for shaking, and the powers above
    (ひと揺すりで落ちるほど熟れきっている。天の軍勢も
     Put on their instruments. Receive what cheer you may:
    (武装を整えた。天の励ましを受けるのだ。
     
     The night is long that never finds the day.
    (永久に明けないと思えばこそ夜が長い≒明けない夜はない)。
    https://ameblo.jp/hyakunin-ikku-do/entry-12279851643.html
     
     第四幕第三場より。「やまない雨は無い」の典拠?
    ── 村山 ひで《明けない夜はない ~ 母として教師として四十年 ~ 1912‥‥ 労働旬報社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000J9NHFW
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20170807
     主題と変装 ~ 一粒で何度も美味しい ~
     
    (20170808)
     

  • 1605年ころの作品。
    武勇の誉れ高いスコットランドの武人マクベスは、ある日、荒野で3人の魔女に遭遇します。彼女らの奇怪な予言に憑りつかれ、魅入られていくマクベス。とうとう野心家の妻とともにダンカン王を暗殺して王位を奪います。次々と凄惨な罪を重ねていく狂人マクベスの行き着く先は……。

    この作品は、4大悲劇の中でもっとも短く(「ハムレット」の半分程度)、まるで激流です! また、父王の亡霊が出てくる「ハムレット」、3人の魔女が出てくる「マクベス」は、ともに超自然的世界を描いている点で似ていますが、その設定は真逆のものになっていて興味深い。正当な王位継承者となるハムレットは、叔父に王位を簒奪された王子なのに対し、王位継承者ではないマクベスは、王位を奪い、ダンカン王の王子らの命を奪わんとする者です。そのため、ハムレットには卑劣な叔父を討つ正義や血統が存在しますが、マクベスにはそれがありません。でもだからこそ、悪に染まっていく憐れな道化マクベスの魅力が光ります。

    奇怪な魔女の予言を契機に豹変し、牽強付会の迫力で猛進していくマクベスは、一見すると自信に満ち満ちて、じつにドラマティックです。ところが、彼は自分が「王の器」ではないことを暗に自覚しているだけでなく、日々募る恐怖心が生み出した己の影に怯えています。う~ん、アンビバレントな心理、理性と感情の相克……このあたりの人間描写はしぶいです。
    騎士道を踏みはずし、ひたすら自己破滅の道をひた走る愚かさと悲哀。きっとマクベスの境涯こそ、「発作だらけの熱病」だったのでしょう。

    「ダンカンは墓のなかだ。人生という、発作だらけの熱病のあと、やすらかに眠っている」

    「巨人の衣装を盗んで着用におよんだ小人のみじめさ、今となっては、人ごとではあるまい」

    「消えろ、消えろ、つかのまのともし火! 人の生涯は動き回る影に過ぎぬ、あわれな役者だ、ほんの自分の出場のときだけ、舞台の上で、見栄を切ったり、わめいたり、そしてとどのつまりは消えてなくなる」

    あまりの激流テンポのせいか、もともと忠義心は厚く、武勇の誉れも高かったマクベスが、ダンカン王を謀殺して背信に至る経過が少々拙速です。しかも、ひょっいとマクベスの妻が登場するや、じつに手際よく策謀を巡らせる展開も唐突すぎて呆然とします。読んでいるうちに激流に呑みこまれてくらくらしますが、これもまた観劇してみると、いたってシンプルで、ドラマティックで、観客をおおいに魅了するのではないかと想像します。

    4大悲劇の中でもとりわけ詩的で深遠なセリフが多く、しかも憎らしいほど美しい♫
    運命に人間の本性(ほんせい)や内面描写を綯い交ぜたシェイクスピア。この人はじつに悲劇作品が似合う人だな~

  • 『人の生涯は動き回る影に過ぎぬ。』
    9年ぶりに再読。
    妃の悪さが印象に残っていたが、改めて読むと人間的な弱さが垣間見える。

全160件中 1 - 25件を表示

マクベス (新潮文庫)に関連するまとめ

マクベス (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マクベス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マクベス (新潮文庫)のKindle版

ツイートする