魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)

  • 490人登録
  • 3.72評価
    • (33)
    • (32)
    • (55)
    • (5)
    • (1)
  • 24レビュー
制作 : 高橋 義孝 
  • 新潮社 (1969年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (806ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102022030

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1924年に出版された小説にこんなに共感出来るなんて意外でした。「精神と肉体」だとか「生と死」だとか「愛」だとか「時間」だとか、そういったかたちのないもの、理屈で解明出来ないものとはやはりいつの時代にも不変のテーマなんですね。そしていつの時代の人々も、同じようなことを感じ同じようなことに苦しみ同じような結論を出す。面白い。本当に面白い。

  • 2017/07/27-09/05

  • 若い頃でないと読み切ることが難しい。
    それほど本書は読者に背景を理解するためのハードルを上げる。
    宗教家と教師との長い論争は最たるもの。読者もまたその理解を求められる。

  • あまり面白くないかな、しかも長い。

  • 堪能しました。

    人文学者で合理主義者、ハンス・カストルプの師であるところのセテムブリーニの長々しい語りだけでも充分興味深かったのに、彼に強烈なライバルが現れる。
    イエズス会の会員であり、宗教のためならテロやむなしとするナフタ。

    この二人がそれぞれハンスを自分の陣営に引き込もうと語る語る。
    ふたりに挟まれた形のハンスは、お互いに極論ばかり言わないで、何とか妥協点を見つけることはできないのだろうかとこっそり思うくらい。

    現在の日本に生きる私は、やはりセテムブリーニの言い分の方が近しいと思える。
    人間の尊厳であるとか、文学が持つ力であるとか、注意深く政治を見つめることとか、経済の重要性とか。

    神の前にはすべてが等しいというナフタの理論は一見素晴らしく思えるけれども、神のためなら自分の命も他人の命もなんということはないという、テロリズムを容認するような考えは、宗派を問わずとても恐ろしい。
    けれど、それが宗教の中心にあった時代は確かに存在し、それはキリスト教だけではなく、日本にだってあったのだから、まさに人間の問題なのかもしれないと思えてしまったり。

    この二人のやり取りで格段に面白くなってきたぞと思ったら、もっと上を行く強烈な人物ペーペルコルン氏登場。
    とにかく主語と述語がかみ合わないというか、文章を最後まで言わないで次の文脈に進んでしまうので、読んでも読んでも何を言っているのかわからない。
    実際にそばにいたら、絶対イライラすると思うけれど、よくわからないことを自信たっぷりに語る大金持ちでやりたい放題のペーペルコルンは、なかなかに憎めなかったりする。

    それが、唐突に療養所に持ち込まれた蓄音機によって、音楽について語られる章があり、心霊術の章があり、終焉に向けて一気に物語が動き出す。

    ドイツ人であるトーマス・マンにとって、民主主義は最初単なる政治形態にすぎなかったのだが、第一次世界大戦後に民主主義と人間性の尊厳が結びついたとき、ナチスに抵抗する者としてアメリカに亡命するに至るのだということを解説で読み、改めてセテムブリーニとナフタのやり取りが重みをもって迫ってくる。

  • 東大京大教授が薦めるリスト100選抜

  • はっきり言って、よく分からなかった。

    ・文章が分かりづらく、頭に入って来ない
    ・宗教や共産主義あたりに関する知識がついていけない
    ・やり取りというか論争が形式的で何処まで真面目に取り合うべきなのか分からない
    ・童貞臭い

  • 読んだ。面白かった。長かったなあ。執筆に12年の歳月を要したとのこと。
    心身にこたえたタイプの面白さです。
    難解な哲学的思索・論争を展開するのみならず、そこかしこにユーモア・諧謔精神までもが散りばめられているのです。このウィットに富んだところがにくい。富野作品のザブングル(古い)を思い出したりしました。

    「ファウスト」(未読)、「ツァラトストラ」(既読)、と並ぶ20世紀文学の名作と言われているらしいけれど、“三枚目”で好感が持てました。サンバルカン(古い)で言うところのバルパンサー(イエロー)感があったような無いような。

  • 「読書力」文庫百選
    5.ういういしい青春・向上心があるのは美しきことかな
    →挑戦に意義あり

    『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)87
    世界文学
    まあ、最低こんなところを。

  • ダボス、スイスなどを舞台とした作品です。

全24件中 1 - 10件を表示

トーマス・マンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
ドストエフスキー
ツルゲーネフ
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
三島 由紀夫
トーマス・マン
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)に関連する談話室の質問

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)に関連するまとめ

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)のKindle版

ツイートする