パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)

  • 374人登録
  • 3.72評価
    • (52)
    • (41)
    • (82)
    • (6)
    • (3)
  • 68レビュー
制作 : 伊丹 十三 
  • 新潮社 (1988年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102031032

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家に一冊は買って置いておきたい本。なんていうのかな、おもしろいからと言うよりは、読んでいると安心するからって表現が近いかな。

    父と息子の二人暮らし.父は小説家をやめ,料理の本を書いて生活しようとする.そして小説家という職業を10歳の息子に譲る.その約束を通じて,父親から息子へ,大切ないろいろなことが伝えられる.
    あとがきで,伊丹十三も書いているけれども,「ものわかりのいい父親がいろいろな人生の教訓をものわかりのいい息子に伝える」という物語ではない.

  • 「読書力」文庫百選
    2.この関係性は、ほれぼれする
    →父子のコミュニケーション

  • 伊丹十三の訳も素晴らしい。

  • 全編にわたり、父が息子に誠実に何かを伝えようとするところにぐっとくる。

  • ピートとピートの父さんの穏やかな会話、シンプルな食事、無邪気な戯れは、ちょっと村上春樹ワールドなイメージだ。だから何?っとも言える生活だけど、その何ともないところがさわやかで清々しい。家の裏出がすぐマリブビーチなんて想像するだけでワクワクする。父と息子がこんな風な時間を過ごすことができるのはとても贅沢だと思うし、現実的ではないかもしれない。本来、母親のそばにいることの方が多い年頃の息子が父親と一緒にいることを選択すること自体、男親にとっては嬉しい限りではないだろうか。赤いフォードでピートたちはドライブにでかけたが、オイラもまさにそんな旅を息子や娘と旅をしたいなという夢があった。どこに行きたいとか、何がしたいという訳ではなく、とりとめのない話をしながらオイラが子供に戻り、息子や娘が大人になる瞬間をお互いに感じ合えたら面白いだろうと思う。
    それにしても伊丹監督が翻訳の仕事もしていたのはビックリだ。それにこの翻訳の方法。読み辛いなと思っていたけど、あとがきを読んで納得だ。

  • MY BEST 1

  • 誰がクレイジーかと言えば、訳者の伊丹十三氏でしょう。
    英語なのに、主語を略さないというルールで翻訳してみる、しかも、そのまま出版してしまう…クレイジーです(笑)

  • 直訳っぽさが気になるってのはよくある話ですが、ここまでやられるといっそ清々し…
    いかと思いきや、ここまでやられるとちょっと内容がすんなり頭に入ってこなくて困りました。
    短い話なのに読むのに時間がかかってしまった。

    英語ってこんな言語なんだな、日本語ってこんなにも主語を省略してるんだな、と言うのを改めて実感できたのは面白かったし、作者の意図は分からんでもないし、これ、好きな人は好きなんだろうけど…私は普通に訳して欲しかったな。
    良い会話が結構あるのに、変な距離感ができて頭に入ってこないのは致命的だ。
    これなら原文を読んだ方が良いかもしれない。

    内容は、物書きの父と、よく考える10歳の息子が、二人暮らししながら世の中の事象に関して様々な会話をしていくというもの。たまに遠出もする。
    クリスマスの辺りからやっと二人の関係性や距離感が掴めてきて、男の子が可愛くなって来ました。

    会話が全体的に何だか概念的で登場人物みんな名前が出てこない。
    うまく説明できないが、父も息子も登場人物と言うよりは、作者であり読者なのかな、という印象でした。

  • 【本の内容】
    マリブの海辺にある父の家で、僕と父の新しい生活が始まった。

    父は僕に、僕自身について小説を書くように言った。

    僕は海を、月を、太陽を、船を知ってはいるけれど、僕自身や世界をほんとうに理解するにはどうすればいいんだろう。

    -10歳の少年ピートは父親との時に厳しく、時にさわやかな会話を通じて、生きることの意味を学んでゆく。

    名匠が息子に捧げた心あたたまる詩的小説。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    10歳の誕生日、ピートは作家の父から一冊の本をプレゼントされ、同時に自分自身の小説を書けと命じられる。

    ひょんなことからマリブの海辺で始まった父子の二人暮らし。

    つましい生活の中で、父は生きることの意味や喜びをさまざまな表現でピートに教える。

    詩的で哲学的でしかも雰囲気のいい小説。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • なるほど、伊丹十三訳。
    私にはこの訳はこの作品世界にぴったりである、
    と思う。(勿論、原文で読んだ事なんてないがーーー)
    そういえば、原文を知らないのに、
    この訳は好き嫌い、いい悪いってどこの部分でそう感じて
    判断しているのだろう?

    海のそばの父と息子が住む家だとか
    作家のライスだとかこの作品を好きだと
    私のどこの部分が感じるのだろうなぁ

全68件中 1 - 10件を表示

ウィリアム・サローヤンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルーマン カポ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)に関連するまとめ

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)の作品紹介

マリブの海辺にある父の家で、僕と父の新しい生活が始まった。父は僕に、僕自身について小説を書くように言った。僕は海を、月を、太陽を、船を知ってはいるけれど、僕自身や世界をほんとうに理解するにはどうすればいいんだろう。-10歳の少年ピートは父親との時に厳しく、時にさわやかな会話を通じて、生きることの意味を学んでゆく。名匠が息子に捧げた心あたたまる詩的小説。

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)の単行本

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)の文庫

ツイートする