僕の名はアラム (新潮文庫)

  • 279人登録
  • 3.91評価
    • (18)
    • (19)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : William Saroyan  柴田 元幸 
  • 新潮社 (2016年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102031063

僕の名はアラム (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しく読んだ。
    ユーモアがあり、力強さがあり、優しさがある。元気になります。
    原文をきちんと読めるわけでは無いが、この作品は訳によって印象は随分変わるんだろうな。サローヤン+柴田元幸が最高に良いということだと思います。

  • サローヤンは久しぶりだ。本書はたぶん初めて読む。
    以前サローヤンを読んだときは、彼がアルメニア系移民だったことなどまったく理解していなかった。今となってはアルメニア(なにしろ行った)移民であることのバックグラウンドも理解できる。
    後書きにある「おじさん」ものという指摘は面白い。両親ほど近くない、他人より近い。日本で言う「寅さん」みたいなふらふらしたおじさんたち。

  • なぜこんなにも子どもの気持ちがわかるのだろう。
    みずみずしく、愛おしい。

  • ダメさを認めろ、という気分になれる話

  • 年一

  • 村上柴田翻訳堂をようやく読み始める。
    第一弾として新訳された作品。作者のことは全く知らなかったけれど、少年アラムの、個性豊かな親戚たちとのショートストーリー集。
    派手な何かが起きたりとか、奇想天外な結末とかそういうのは一切なく、少し変わった人々の生活が描かれるのだけれど、その手つきがとても優しくて読んでいて心が和んだ。良い作品集だと思う。訳者あとがきによれば、作者はそれとは真逆な人生だったようだけれど、だからこそこれが書けたのだというのは説得力があった。

  • 訳者あとがきが分かりやすくてすごくスッキリした。
    「おじさん文学」とでもいうか、
    世の中と致命的にずれている周囲にとっては迷惑なユルいおじさんだけど
    子供にとってはそういう人といる方が楽しそうだ、
    というのがなんとも納得。

    「オジブウェー族、機関車38号」
    は若い男だけど、すごいかっこいい。

  • アメリカの田舎町に住むアルメニア移民の少年、アラムの目を通した日常を綴った短編集。
    どれも味わいと言うか読後感と言うか雰囲気が微妙に異なっているものの、全編を通してほんわかとした空気が流れています。
    読みつつ微笑みを禁じ得ないような本でした。

  • 半分以上は読んだんだけど、段々おなかいっぱいになってきた。

  • 神のつくりたもうた世界
    そこは相対的なものに満ち満ちている
    善だの悪だの、右だの左だの、白だの黒だの・・・
    あなたはそのどちらをも信じよ
    両方ためしもしないでひとりガッテンするな
    周りの意見に流されるな
    行けばすべてがわかる
    行かなければなにもわからない
    本だけ読んでも世界のことなどなにもわかりゃしないのだ
    そんな思想
    そんな古きよきアメリカを伝える物語
    大量生産・大量消費で危ういバランスを取り続けるこの狂った現代じゃ
    とうてい受け入れられないノスタルジー
    だからこそ、その正しさはほとんど絶対的と言ってよい

全22件中 1 - 10件を表示

ウィリアム・サローヤンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーセル・セロー
ポール・オースタ...
ピエール ルメー...
村上 春樹
ジェイムズ ディ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

僕の名はアラム (新潮文庫)に関連するまとめ

僕の名はアラム (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕の名はアラム (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕の名はアラム (新潮文庫)の作品紹介

僕の名はアラム、九歳。世界は想像しうるあらゆるたぐいの壮麗さに満ちていた――。アルメニア移民の子として生まれたサローヤンが、故郷の小さな町を舞台に描いた代表作を新訳。貧しくもあたたかな大家族に囲まれ、何もかもが冒険だったあの頃。いとこがどこかからか連れてきた馬。穀潰しのおじさんとの遠出。町にやってきたサーカス……。素朴なユーモアで彩られた愛すべき世界。

ツイートする