ねじの回転 (新潮文庫)

  • 511人登録
  • 3.20評価
    • (18)
    • (35)
    • (100)
    • (21)
    • (7)
  • 65レビュー
制作 : 蕗沢 忠枝 
  • 新潮社 (1962年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102041024

ねじの回転 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わからない。
    亡霊は、子供たちをどうしたかったのだろう。
    なぜ、家庭教師には見えたのだろう。
    子どもたちの奇妙なふるまいの理由は?

    先が気になってぐいぐい読んだが、次々に疑問が浮かんできて結局真相は闇の中、といった感じ。
    解釈は読者の手にゆだねられている、と解説には書いてあるけど、一つも解釈できない…。
    うーん、モヤモヤする~。

  • 小川洋子さんがラジオで紹介していて知りました。
    小川さんが紹介するだけあってじっとりと薄暗い雰囲気です。洋館の雰囲気にズブズブ浸る楽しみはわかりましたが、肝心の話の本筋が一切理解できないまま読み終えてしまいました。
    私の学の無さ故に汲み取れなかったのかもしれませんが、楽しめず、合わなかったなと思いました。
    楽しむ、という小説では無いのだろうなとは思います。

  • 何かが起こりそうという気配がずっとあって、実際「なにか」は起こるのだけど、なにが起こったのかはさっぱり分からない、という素晴らしい小説です。意味が分かりません。
    解説によれば、むしろそれこそが作者の狙いだったと書かれています。つまり、「あれがあれのメタファーで」といった説明では固定されない小説を書いたのだと。どうやら本人もそれに近いことを言ってるらしいので(解説によれば)、そうなんだろうと思います。

  • 題名は知っていた、
    そこから想像していた内容と全然違った!

    なにか深遠なる哲学的なお勉強っぽいお話か、
    なんらかのねじが回転する話かと思っていた!

    古典的な怪談話と言う体裁のストーリー

    皆が集まって怪談話をしている夜、

    ある男性が、妹の家庭教師だった女性から聞いた、
    彼女が初めて家庭教師の仕事についた時の話をはじめる…

    両親と死別した幼い兄妹が大きなお屋敷に住んでいる。

    父方の伯父が後見人だが、彼女を雇う際の契約は
    面倒なことは一切言わず、
    すべて問題をそちらで処理する、と言うもの。

    赴任した彼女が見たものは
    幼い兄妹を意のままに操り、
    悪い世界に引き寄せようとする
    亡霊の姿だった。

    家庭教師の彼女の相談相手と言えば
    世話頭のグロース夫人

    「ハイジ」や「レベッカ」など大体の世話頭(女中頭)って
    怖いか意地悪かなので、
    優しいグロース夫人にほっとする。

    怪談としてはさほど恐ろしくなく、
    ポカーンとして終了、

    ただ、
    亡霊を見ているのが彼女だけである、
    と言うところから
    すべて妄想?という観点からみると
    ふーむとなる、のか?

    と言うのは翻訳が拙い感じで
    ちょいちょい気が散って今ひとつ入り込めなかったから。

    たくさんのネットの書評をみて

    岩波の行方さんの翻訳が断然よかったと言うのを
    参考にそちらをまた読もうというのと、
    (行方さんにはモームの「お菓子とビール」でお世話になった。
    あれでモームが大好きになったんだもの、恩人だ)

    それでもだめなら(?)

    「ヘンリー・ジェイムズはこの本が有名だが、
    もっともっと素晴らしいのがあるので
    ここで評価を下してくれるな」と書いていた方を
    信じてみよう、と言うところ。

  • 三月は深き紅の淵を

  • 資産家の甥と姪の家庭教師になった女性が遭遇する恐怖。兄妹を教育することになった主人公は大邸宅で住み込みで働き出す。そして最近になって、この邸で働いていた使用人が二人死亡したことを知る。ある日自分が見た怪しい人影がこの死んだ二人の幽霊ではないかと疑い出す。その後、子ども達にもこの幽霊が見えていることを知る。

    幽霊が目の前にまともに現れる。はっきりしすぎていて味気ないような感じだが、一人称で語られるため、主人公の家庭教師には本当に見えていたとするしかない。子どもたちと主人公は幽霊に引きずられて不安定な状況にむかっていく。最後に兄は幽霊を遠ざけるが亡くなってしまう。

  • 霊は本当にいたのか。
    子供達は本当に邪悪なものに魅入られていたのか。
    全ては家庭教師の想像でないとは言い切れず、と言って全て妄想だとも言い切れず。
    正気の境目が曖昧なことが一番怖い。

  •  恩田陸の同名小説のタイトルの由来となった小説だ。
     
     旧家の兄妹の家庭教師として赴任してきた女性が見たものは、兄妹を引きずり込もうとする亡霊の姿だった。
     かつて死んだはずの召使と、前任の家庭教師が亡霊となり、死の世界に二人を呼ぼうとしている。

     兄妹は彼らの姿が見えているようだが、見えているそぶりを見せず、兄妹の心の奥底を知ることができない。
     亡霊から兄妹を守ろうとするのだが、他の人には亡霊の姿が見えていないようだ。
     兄妹を通してしか亡霊の姿を認知できずに葛藤を繰り返す。

     
     という、芝居がかった心理描写が、とても恩田陸のそれに似ている。
     元々、恩田陸は多読な作家だから大いに影響を受けたのではないかと思う。

     そして、だからこそこの小説が好きになれないのだ。意味が分からないので。

  • 普段ホラー小説を読まない自分にとってはこの程度でも怖かった…。しかし、やはり幽霊よりも恐ろしいのは人間なのではとも思わされる。

  • あとがきでも述べられていたように、訳者さん自身にこだわりがあるのは仕方ないとは思うが、原文に忠実すぎるあまり、非常に読みにくくわかりにくい文章だった。ただし、内容自体はおもしろいので、あまり深く考えずに読み進めるならば案外時間はかからない。

    ブライ邸の一人一人の関係や言動が不可解かつ不自然で、個人的には幽霊よりも生きている人間の方が不気味に思えた。

全65件中 1 - 10件を表示

ヘンリー・ジェイムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・ゴー...
安部 公房
三島 由紀夫
安部 公房
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
ポール・オースタ...
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじの回転 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねじの回転 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする