カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))

  • 197人登録
  • 3.49評価
    • (11)
    • (15)
    • (47)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : メリメ
制作 : 堀口 大学 
  • 新潮社 (1972年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102043011

カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  いずれもやりきれれない結末を迎える話ばかり。読後の悪いものが一つあったが、あとは面白かった。

  • ドン・ホセという軍人がカルメンという故郷を持たないジプシーを愛してしまった結果、人生を転落していく物語である。これまで名前だけは知っていても読んだことがなかったが、そんなに長い物語でないことに驚いた。カルメンは教養のない、粗雑な女だが、怪しくも美しい容姿を利用して多くの男達を手玉にとってゆく。決して上品な話ではない。カルメンがどんな女なのか、想像することしか出来ないが、彼女の捉え方によってオペラや劇での演技も変わってくるのだろう。これを読んでカルメンの劇を見てみたくなった。

  • カルメン。エトリュスクの壺が大好きな同人作家さんが進めていたので、ずっと読みたくてそのために買った本。

    とはいえ、カルメン自体にも興味があったので、読んでみてあれ……こういう話だったっけ……?となったので、オペラ等のカルメンとこのカルメンは別物かもしれない。オペラ等のほうが脚色かも。

    メリメの作品は、全体的に宗教色が強く、「これは悪だ!」と大声で言えない味がある、と昔のレビューに描いてあって(私のレビュー)、ああそうかも……と再び思ったりもした。全体的に人間くささがあって私は好き。でもこの本の訳者さんの癖か、若干読みづらかった記憶もあるので、ぜひ本屋に立ち寄った時は読める文章かどうか確かめてから買って欲しいと思う……図書館にあるなら図書館で借りて読むのも良いかも。

  • バレエを見るにあたり、短編集のうち表題作「カルメン」のみ読了。
    オペラ以上に救いようがない……。

  • PDF
    プロスペル・メリメ(Prosper Mérimée、1803年9月28日パリ - 1870年9月23日カンヌ) は、フランスの作家、歴史家、考古学者、官吏。小説『カルメン』で知られる。

  • これはいい

  • 「カルメン」は意外と短い話でした。恋愛がテーマの話が多くてびっくりした。

  • 悪党が多すぎて心が荒む

  • 短編集。

    6つ収録されている中でも自分は表題作でなく「アルセーヌ=ギヨ」が最も印象に残った。
    近所で身投げを試みたギヨと、彼女を更生させてまともな人生を歩ませようとする有閑貴婦人ド・ピエンヌ。さらにギヨの堕落の原因となったド・ピエンヌの幼馴染で道楽者のマックスがその中に加わることによって綺麗な三つ巴の構成となる。

    実はこの話の構成そのものがメリメの実体験だったり。

    離れることで真実の愛が生まれるのはアンドレ=ジッドの「狭き門」にも共通か。

  • カルメン。荒っぽくて、潔い。

全30件中 1 - 10件を表示

メリメの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
遠藤 周作
ドストエフスキー
ウィリアム シェ...
シェイクスピア
サン=テグジュペ...
島崎 藤村
有効な右矢印 無効な右矢印

カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))に関連する談話室の質問

カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする