十五少年漂流記 (新潮文庫)

  • 1991人登録
  • 3.70評価
    • (158)
    • (207)
    • (292)
    • (27)
    • (6)
  • 211レビュー
制作 : 波多野 完治 
  • 新潮社 (1951年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102044018

十五少年漂流記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 対立・危機、挑戦、克服、和解。様々な困難を経て少年たちは成長し、一つにまとまっていく。定番の漂流モノで、型にハマった感はあるが、ワクワク感は損なわれていない。特に、ラスト近辺は危機一髪、怒涛の展開。本筋とは外れるが、少年が銃を易々と扱い、鳥獣を狩猟する点、また、狐などの野性動物の生態に少年ですら精通しているのは、19世紀西欧の文化を反映しているようで興味深い。また、生き延びるためには悪人や動物を支配し、あるいは殺害しても正当化され、罪悪感の欠片も生まないという発想も19世紀西欧のそれという感じがする。

  • 多分少年時代に読んだような気がするのだが、まったく覚えていない。
    で、読んでみたら面白い。何が面白いって、全編手塚マンガってこと。そうかー、手塚のルーツの一つなんだなあと感嘆。

  • 面白かったよぉ~。
    原作のタイトルは『2年の休暇』って言うらしい。
    少年たちが船で漂流してたどり着いたところは無人島だった。
    そこでの2年の生活を書いた話。

    児童文学だけど、面白かったわよ。
    私が読んだのは新装改訂版なので、余分な文章とか省かれてるの。
    だからすんなり読めたけど、私としてはもっとじっくり読んでみたかったな。
    だから、森田思軒さんが最初に訳した本のほうが好きかもしれない。。。
    ちょっと内容が薄いって感じ。

    しかし、このジュール・ヴェルヌって人の本はいっぱい面白そうなのがあるわ~。
    要チェックです。

  • 子供のころに読んだ作品の中で、最も印象深い作品です。
    読書感想文で何度お世話になったことか…笑
    思い出込みで星5つです。

    当時は、探検ものとしか考えていませんでしたが、今読めば、人種差別に近い内容が含まれていたりで、色々考えさせられる作品なんですよね。

  • 「好きな本は?」って聞かれると「十五少年漂流記」って言います。
    これはもう、昔っから。

    男の子たちの友情や勇気や知恵に憧れる。

    無人島に本を1冊持っていくなら、間違いなくこれ。

  • スペシャルカバーで購入。

  •  新潮文庫版の表紙の絵がとても好きです。内容ももちろんおすすめです。無人島に上陸した15人が、想像力、精神力、団結力を発揮して、一日一日を乗り切り、仲間の大切さに気づかされる物語です。
    (カウンター担当/日向葵)平成29年12月特集「ジャケ借りしよう!」

  • 少年時代に何度も繰り返して読んだ小説です。
    今更読み返すべきかどうか悩みながらも、古本屋で見かける度に気になって居ました。
    さすがにあの頃の、なんと言えばいいんでしょうか、ワクワクとした盛り上がりは感じられませんでした。しかし、懸念していたような失望もありませんでした。
    何せ、1888年の作品です。初訳が明治29年、第2次大戦の頃には原本が判らなくなっていたというほど古い作品です。少年時代に読んだときからシチュエーションの古さはありました。それが未だに出版され続けていること自身が、古さを越える何かを持つ「名作」の証だと思います。
    もちろん忘れていた内容も多いのですが、読むにつれ思い出すシーンも存在し、あの頃の熱中度が偲ばれます。ただ、最後の悪人たちを殺すシーンは一寸意外でした。少年物として変えてあったのでしょうか?それとも読んでもショックを受けなかったのか?

  • 少年たちの冒険の物語。

  • 以前に「無人島に生きる十六人」を読んだが、そちらと違い、本作では死者が出てしまったのが悲しい結末だったが、少年らが一皮以上に剥けた成長が感じられて良かった。普段、生活していて、想定外のことが起こり、それに対して、周りと協力し合い、助け合い、知恵や工夫を編み出し、困難を乗り越えるために、手探りながらも方法を試し、失敗と成功、成長しながら、目の前の壁を越えていく。自然の猛威に振り回されながらも、荒波を越え、自然の力、今ここにあるもので何かできないかと考え、創意工夫したこと、皆で団結して成し遂げたのが良い。

全211件中 1 - 10件を表示

ジュール・ヴェルヌの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

十五少年漂流記 (新潮文庫)に関連するまとめ

十五少年漂流記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十五少年漂流記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする