海からの贈物 (新潮文庫)

  • 866人登録
  • 3.83評価
    • (113)
    • (87)
    • (122)
    • (15)
    • (7)
  • 135レビュー
制作 : 吉田 健一 
  • 新潮社 (1967年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102046012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベルンハルト シ...
東野 圭吾
吉本 ばなな
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

海からの贈物 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 海辺で過ごした短い滞在のあいだに、著者がじっくりと紡ぎ出した「生活」についての考えを綴った1冊。
    年を経る中で波にもまれるようにゆるやかに変化する人間の生き方を、貝の姿に託して伝えてくれます。

    シンプルに生きること。
    自分と向き合う時間を大切にすること。
    結局人間はそれぞれが孤独なものであり、人との関係とは、孤独と孤独が寄り添うことなのだ…と考えると、ふぅっと風が吹きこむように、すっきりとしました。
    意識していなかったけれど、SNSでつながる時代に疲れていたのかも…とも気付かされました。

    やや難しく感じるところもありますが、昭和42年刊行の本書の内容が瑞々しいことに驚かされます。
    本書を読むことは自分と向かい合うこととイコールだと感じました。
    人生の折々に手に取って、本書とともに自分の生き方をかえりみたいと思います。

  • 何を隠そう、大好きな小説シリーズの「フラッタ・リンツ・ライフ」の引用文だったので手にした本だ。
    読み始めるとどんどん作者の鋭い観察眼とまさに今流行りの「断捨離」のような考え方に惹き付けられていく。今から100年以上前に生まれたのに、彼女の考え方や生き方は、今でも通用するのではないかと思えたし、見習いたいとも思った。
    海辺での短い滞在で感じたことを書き記したエッセイというべきか。特に結婚後の女性の生き方やひとりの時間の勧めなどをメインに書かれている印象だった。ハッとさせられる言葉も多く、心が荒ぶる時に読みたい本だ。もし、将来、結婚できたり子供ができたりすることが億が一あったら、ぜひとも読み返してみたい。

  • 再読。

    ひとときの浜辺での生活。

    簡素な生活について書かれた最初の一編『ほら貝』が大好きで、
    大好きなんだけど・・・何故か読んでると大変気持ちよく寝てしまい・・・(笑)
    (また、天気の良い昼間、日差しが差し込む中寝っ転がって読むのが最高)
    ほら貝から中々進まず何年もかけて読みました!

    一度サクサクっと読んで終わり、という種類の本でも無いので、
    旅行に持って行って読み返したり、
    この本を読みながら眠るのは大変気持ちが良いので、是非一度試されることをお勧めします。

    なので表紙の写真や紙質、文庫という形態、
    この形態の紙の本である、という事にも意味のある一冊。

  • 然るべきとき、必ず再読。きっと勇気が湧きおこり、ライフポイントは満タンになる。

  • 会社辞めた記念に同僚から頂いた本。それを西表島の浜辺で読む、というこのうえないシチュエーション(笑)もあり、かなり染みた。女の人生(強調するわりに女に限らない感じもしたけど)どうあるべきか、貝に託してつづる言葉が、シンプルなんだけど深い。

  • 沖縄石垣島家族旅行に持参した。

  • 「今日の世界は…一人になることの必要を認めないのである。…一人になることが何かいけないことになっていて、そのためにお詫びをしたり、口実を設けたりして、自分がしていることが恥ずかしいことでもでもあるようにそれを隠さなければならない我々の文明というのは、なんと奇妙なものではないだろうか」インドの哲学者のことば「…いつまでも自分だけが愛されること望んではならないのです」

  • ◆女の幸せを考える◆
    有名飛行家の妻として、そして、自らも女性飛行家の草分けとして活躍した著者が、離島に滞在し、女性の幸せについて語った本です。
    『女は自分で大人にならなければならない。(省略)女は他のものに頼ったり、自分の力を験すのに他のものと競争しなければならないと思ったりするのを止めなければならない。』と。
    年齢を重ねるごとに理解できる事柄って、あるんですね。大人の女性の心理を先取りしてみてはいかがでしょうか。

  • あまりにも多くの人がこれを推薦本として挙げていらっしゃるので若い頃一度読んでみたのだが全然刺さらなかった。しかし、色々と経験した後での今、読んでみたら刺さりまくりで驚いた。確かに良い本。しかし今現在の時代の段階では男性にも絶対刺さるから読んでとは言えない状況なのがもどかしい。ともあれ、同世代の女性にはお勧め本。

  • 学生時代に英語の授業で使っていた原著が出てきたので読んでいたのですが、短いので、日本語訳と読み比べるのにちょうどいい量だと思って、この本を後で買って併せて読んでみました。

    私の印象ではかなり意訳されていると思いました。
    一つの文学作品について、オリジナルの英文と日本語訳をきちんと読み比べてみたのは生まれて初めての経験なので、もしかしたらこの程度は普通なのかもしれませんが、けっこう驚きました。
    原文が短く抽象的すぎて、私には著者の意図が分かりづらいところがときどきあったのですが、日本語訳の方を読むと原文にない言葉が補足されていて、ああ、そういう意味に解釈するのか、なるほど、と理解できたことが何度かありました。
    原文は2つの短い文章だったのが、訳では接続詞でつながれて1つになっている、などはザラです。
    でも、波が寄せては返すようなリズムとか息遣いなどの全体の印象は両方とも同じで、やっぱりプロの翻訳者ってすごいなぁと思いました。
    「the faded straw bag」を、私だと「色あせた~」と普通に訳しちゃいそうですが、そこを「禿げちょろの藁の籠」なんて訳すこの訳者の言語感覚というか、言葉のチョイスもけっこう好きでした。
    実際、昭和42年が初版年なのに、訳は全然古びてなくてすごい。今もまったく違和感なく読めます。
    他に何を訳している人なんだろう?と検索し、大久保利通の曾孫で吉田茂の息子だと知って驚愕しました。

    この作品そのものの感想については、オリジナルの「Gift from the Sea」の方に記載しているので割愛しますが、英語と日本語って、文法的に思考の流れが真逆になるので、両方を交互に読んでいると、つめた貝とかほら貝みたいに思考が螺旋を描くように頭がぐるぐるして、ちょっと酔いそうになりました。もともと波の響きが聞こえるような巡り巡るようなオリジナルの文章のせいもあると思うけれど。
    全然関係ないけど同時通訳の人ってほんとにすごいなと改めて思いました。

  • 車軸の比喩が心に焼きついた。不動の「軸」を持つこと、さもなければ回転しながら散り散りになってしまう......。

    現代的なライフスタイルへの鋭い洞察は、今日でも全く色褪せていない。時代を先取りしたどころか、いまだに時代が追いついていないのだから凄い。

    「現代女性必読の書」という言い方にはとても収まりきらないほど、性別や年齢を超えた普遍性を備えている。女性、しかもある程度の本好きばかりに読まれているとしたら勿体ない。
    誰かに薦めるとしたら「スナフキン的な生活美学の本」とかいってみようか。あるいは「へんないきものの本」って薦め方もいいかも?(たこぶね検索した人多いはず。)

  • COW BOOKSで購入した本。

  • ひとりの時間を持つこと。
    特にこのページを何度も読んだ。

  • 女性なら誰でもこの本を読む時間が必要だと思うのは、私だけ?そして男性にも、そんな時間を、と薦めてみたい。

  • 原題:Gift from the Sea, 1955
    著者:Anne Morrow Lindbergh (1906ー2001)
    翻訳:吉田健一 (1912ー1977)

    【目次】
    目次 [003]

    序 007
    浜辺 011
    ほら貝 017
    つめた貝 035
    日の出貝 059
    牡蛎  077
    たこぶね 089
    幾つかの貝 111
    浜辺を振返って 121

    あとがき  [130ー131]

  • すごいよかったー
    女性としての生き方だとか、考え方とか結婚に対してだとか。共感できるものだったなぁー
    また、40歳くらいになったら読んでみたい。

  • 好きな部分を引用


    持続ということは、真偽の尺度にはならない。…意味があるかないかということは、時間とか持続とかと関係はなくて、他の基準に従って判断されなければならない。…日の出貝には、凡て美しくてはかないものの永遠の価値がある。

  • 人生における課題に向きあうための心がけ集。すばらしかった〜
    今後も読みつづけることになるのだと思う。
    女の、と言いつづけていることには時代を感じるけど、よく読めば、女性の生き方と男性の生き方を近づけていくべきだということも繰り返し主張されていて、裏表紙などに「女性必読の書」と書かれてしまうのはもったいないように感じます。

    ほら貝:シンプルな生活をすること
    つめた貝:ひとりでいて、自分の内部と向き合うこと
    日の出貝:恋の初期のはかない理想、関係が変化しつづけること
    牡蠣:安定した生活、中年になってからの新しい生活の段階
    たこぶね:人間どうしの関係が達すべき段階、ふたつの孤独が触れ合う、「断続的であること」

  • リンさんのソウルオブマネーに掲載あり

  • 1年前から気になっており、ついに手に取るタイミングが来ました!
    そして、読み進めるにつれ、これは生涯の書となるのだろう…という感覚がじわじわと。

    シンプルに生きることで、研ぎ澄まされる内なる声。

    ここ数年、断捨離が流行し、たくさんそれに追随する本が出版されていますが、この1冊でええやろと。
    もっていたシンプルHOW TO本、すべて処分致します。

  • 叔母から勧められている本。
    読んだら下さるというので待ってます。

  • 大西洋横断飛行に最初に成功したアメリカの飛行家リンドバーグ大佐の夫人による人生指南書。
    初版が昭和42年というから、かれこれ50年ほども昔に書かれた作品だ。その頃の日本はまだ高度成長期。男も女も目の前の仕事を片付け、生活していくのが精いっぱいの生活をしていたが、あこがれはやはりアメリカ。
    この本を読んでいても、彼らは余裕のある生活をしていたであろう様子が想像できる。

    とはいえ、この本かなり難解。
    翻訳本だから余計に伝わってこない。
    はじめは、昔流行った「飛ぶのが怖い」的な女性解放論が述べられているのかと思いながら読み始めたが、どうやらそうではない。
    自然回帰主義?精神独立推進派?
    島の浜辺で休暇を過ごし、そこで見つけた貝になぞらえて人と人とのつながりや、精神のあり方を説いていく。
    う~ん、理解しがたい。

  • エッセイの類は普段読まないのだが、あるブログでこの本が紹介されているのを見つけ、懐かしくなって図書館で借りて再読。
    昔の表紙のデザインは夜の海のようなイメージだったが、今は爽やかで明るい雰囲気になった。
    やや古めかしい記述があるのはやむを得ないだろう。それでも、60年程前に書かれた作品とは思えない作者の鋭い観察眼には驚かされる。
    悩んでいたり、つまずいていたりする人だけでなく、これから新しいことを始めようとする人にも、何かのヒントやきっかけを与えてくれる作品なのではないだろうか。
    とても薄い本だから、パパッと読んでしまいがちだが、できるなら静かな場所で、ゆっくり少しずつ読むのがいいかも。

  • あとがきにもある通り、これは「経歴などというものを一切取り捨てた一人の女」の思索。ともするととても抽象的になりそうな文章だが、人と人との繋がりであったり、生活を豊かにすることとは何かを問い続けている。
    一遍せいぜい10から20ページのエッセイ集。女性の社会的役割が男性とは違う、との考え方は少し時代遅れな感。男女関係なく、のんびりと生活を振り返りたいときに読むのがおすすめ。

全135件中 1 - 25件を表示

海からの贈物 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

海からの贈物 (新潮文庫)に関連するまとめ

海からの贈物 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする