二人の愛人 (新潮文庫 ミ 1-1)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ミュッセ
制作 : 新庄 嘉章 
  • 新潮社 (1952年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102052013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
ヘルマン ヘッセ
ウィリアム シェ...
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
ツルゲーネフ
有効な右矢印 無効な右矢印

二人の愛人 (新潮文庫 ミ 1-1)の感想・レビュー・書評

  • 何の前情報もなくタイトルと裏表紙の紹介に惹かれて買った。
    タイトルからしてどろどろの展開になるかと思ったが、主人公の友人と称する語り部を据えて、奇妙な恋愛事情を軽妙に描き出している。
    どちらの女性も魅力的で、また、双方にいい顔をするヴァランタンも不思議と憎めない。
    しかし最後どちらを選ぶのかと思ったら……そうきたか!と苦笑してしまった。
    あの台詞について私の解釈が間違っていなければ、だが。

    それにしてもパルヌ夫人の最後の言葉が粋だなあ、と感心した。かっこいい。

全2件中 1 - 2件を表示

二人の愛人 (新潮文庫 ミ 1-1)はこんな本です

ツイートする