幼年時代 (新潮文庫)

  • 61人登録
  • 3.16評価
    • (1)
    • (3)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : トルストイ
制作 : 原 卓也 
  • 新潮社 (1973年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102060087

幼年時代 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 特に印象的なのは当然物語のクライマックス、母親が死ぬシーンになるが、トルストイが書きたかったのは、その後の主人公の心理、思考描写だろう。おれも最近ばぁちゃんが死んだが、そこには悲しい人の役をどれだけうまく演じられるか競っているような面があって、本当に自分が考えていることを見つめるのが怖かった。トルストイはそれをあっさり書いていて、彼の鋭い眼差しは自分にも容赦がない。ただ宗教的な面で彼だけ見えてる部分があったが、それでもおれからしたら宗教的な面で本当にそうだろうかと思う部分もある。幼年時代の終わりとして、誰しも母親なるものの死が必要になる。しかしおれはトルストイが好きだ。アンナ・カレーニナなど他の作品では人の心をいきいき、時に残酷なまでに描き出すのに、この作品ではその文体のままあどけない主人公の目線をみずみずしく描いている。

    再読。

  • どこを読んでも瑞々しい輝きに満ちた中編。
    たくさんの愛すべき登場人物に囲まれてのびのびと暮らし、母から注がれる最上の愛と、それを渇望する少年の人生に於いてもっとも幸せな時代。
    日常の小さな幸せのひとつひとつにこそ胸を締め付けられる想いがしたし、もうとっくに思い出す事もなくなっていた甘美な思い出も思い出させてくれた。
    あの頃のような瑞々しい心や感動はどこへいったのか?
    トルストイの言葉をそのまま自分に問いかけてみる。
    「あの涙や歓喜が永久にわたしから離れ去ってしまうほど、
    重い足跡を、はたして人生がわたしの心に残しただろうか?」
    そんなはずはないと、思ってはいるけれど。

  • えええ悲しすぎる…無駄に心配しちゃったり考えなしだったりする幼い気持ちが可愛かったのに…2008/7/13

全6件中 1 - 6件を表示

幼年時代 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幼年時代 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幼年時代 (新潮文庫)はこんな本です

幼年時代 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする