人生論 (新潮文庫)

  • 1042人登録
  • 3.36評価
    • (47)
    • (53)
    • (160)
    • (20)
    • (11)
  • 71レビュー
著者 : トルストイ
制作 : 原 卓也 
  • 新潮社 (1975年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102060179

人生論 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トルストイが晩年に残した本。現代科学が定義する「生命」に関して、痛烈な批判を展開しながら、人間が手に入れ得る新の生命、本当の幸福について議論して行く。

    トルストイはまず、「個人の幸福の最大化が生命の目的である」であると現代科学によって信じられている事関して、幾ら自らの幸福を最大限にしようと行動した所で、いずれはその幸福感が個人から消え去り、その時に常に辛苦をなめねばならず、幸福を追求する存在として根本的な矛盾を抱え込んでいると指摘する。

    その指摘を踏まえ、「個人の幸福」ではなく、心からの「他者の幸福を願う」その指向性こそがあるべき幸福の姿であり、ある人間が「他者の幸福」を求めて存在する様になる時、現代の一般多数が持つ間違った生命の観念から離れ、その人間の新しい生命が生まれる時だと説く。

    また、そのような目覚めた人間は新たに生まれるだけでなく、この世にとどまらない永遠の生命をも手に入れると続ける。死とは単純に肉体的な消滅にすぎず、自らとこの世界の関係を絶ちきる訳ではなく、その自らがもたらしたこの世との関係は残り続けるので(e.g.他者の心の中)、真の生命に目覚めた者は死を畏怖すべき事象とは捉えない。

    むしろ、一般的に、死というものが断続する事なく続く自我の「線」を断ち切る出来事だと認識されている事のほうが間違いであり、人間は時間の経過とともに常に同じ存在であり続ける訳はないので(昨日の自分と今日の自分の間では明らかに「眠り」という自我を断絶させる事象が起きている)、死をもって自我の消滅に狼狽するのは滑稽で仕方ない、との事らしい。

    ・・・。内容はかなり深遠であり、是非とももう一度読みたいと思わせるないようではあったが自分の中でのこの本の中身に対する拒絶反応は否めない。

  • この本は生命について書かれている。

    幸福とは動物的個我を超え理性に従うことで達成される。
    また、彼は愛を語り死をこの本の中で説いた。

    「人」として生まれたこと、
    そして理性を持っていること。
    これがとても大切なことなのかもしれない。


    本書にはたくさんラインマーカーで線引きをし、
    ドッグイヤーで気になるところを目立たせました。

    結果読み終わったころには思い出深い一冊になりました。


    ところどころキリスト教徒の教えなどもでてきますが、
    とても納得させられる作品です。

    死については腑に落ちないところがあったので
    何度も読み返してみたいと思います。

  • “ジョン・レノンは亡くなったが、彼の想いは、♪イマジンと共に今も世界中の人々に受け継がれている。これこそ、彼の生命が生き続けていることだ。” 
    本書のトルストイの論旨は、上記のようなことだろうか。
    トルストイ曰く、
    理性的な意識のもとに、肉体的な個我を、従属させる。それこそが、真の生命だ。 他の生命への愛を志向して生きる者は、例え肉体が滅びても、それは生命の死ではない。
    以上が、本書の思想の骨子のようで、三十五章を通じて、繰り返し述べられる。だがしかし、私は、正直、肯んずることはできなかった。極端な考え方と感じた。

    講演「生命についての概念」の草稿がベース、と巻末解説にあり。その表題のほうが、「人生論」よりもまだしっくりくる内容と思われた。 ロシア語では、「生命」も「人生」も、ジーズ二 という一語で表されるため、訳者はあえて「生命」の訳語に統一したという。 そうした事情もあり、内容は、少々わかりづらく感じた。
    この新潮文庫版を読了後、書店で、岩波文庫版を少々立ち読みした。岩波訳のほうが幾分やさしいように思った。

  •  大変ディープな内容を扱ってはいるが、よく読むと納得できる部分が多く、さらに同じ内容を折に触れて反復している。深い作品だけにしっかりメモをとりながら読めば良かったと、読み終わってからしばらく経つ今になって後悔。

     人間の生命は幸福への志向である。しかし、人間は理性という天性の特質ゆえに、動物的個我の追求によっては真の幸福を達成できない。なぜなら、不可避な死を認識してしまう以上、生きている間のいかなる個人の快楽も結局は無に帰す虚しいものであるという事実から逃れることができないからだ。根源的には満たされえない個人の快楽を追求する人々は、不可避な死から必死に目を背け、それに常に怯えながら生きていくしかない。
     この個我としての人生に対する絶望から立ち上がり、真に幸せに生きるために必要なものこそが、全人類に対する愛である。自己ではなく他者の幸せを追求することに人生の意義を見出すならば、自分の死は全く恐れるべきものではなくなる。自分の死は、他の全人類の終焉を意味するものではないし。むしろ然るべき時に自分が死ぬことは人類全体の繁栄にとって必要不可欠なものであるのだ。
     人生における、個人に起因しない理不尽な苦しみすらも、自らの生命を人類全体という視点から捉え、全人類との因果の鎖の中で見れば、自分の味わう苦しみは全人類が負っている罪(原罪?)に起因するものである。自分はそれを味わっているに過ぎないし、自分が味わうことによって他社の苦しみは軽減される。すなわち、理不尽な苦しみの耐えがたさも、人類への愛に追って軽減される。むしろ、これらの苦しみの、個人に限定された因果関係からは説明しがたい理不尽さは、生命を一個我として捉えるべきではないということを示している。

     以上、本作品の要旨を私なりに整理した。しばしば論理が明確に示されないまま自明であるかのように断定に至る部分も少なからずあり、完璧に理解しきるには難しい、だが、偉大な思想家トルストイの人生についてのスタンスを学べたことに意義はあると思う。個我の快楽を否定し全人類への愛によって生きるという人生はいくら理性的ではあるとはいえ実際なかなか実行できないものではあると思うが。
     自分のために内容を整理した感が強いのでとても長くなってしまってごめんなさい。
     

  • ダメだー。途中で挫折。相当気合入れて読まんと無理だなー。しばし積読へ。
    たちまち、目的と手段を履き違えるな、ってことは分かりました。

  • 生命や愛、死についてのトルストイの考察。

    人生において、動物的個我に執着するのではなく、それを理性的意識に従属させることで、生命や死の本来の姿が見えてくる、というのが、一番の主張でしょう。

    生命は苦しみの連続であるが、苦しみこそが快楽を引き起こし、生命をさえ動かす、という考え方に非常に魅力を感じました。死についての考察にはいささか違和感がありますが。

  • トルストイがパスカル、カント、キリストなどたくさんの
    先人の教えを受けて究極の博愛を示す。
    正直、今、自分のものとして、実行することはできない。
    ただ、その理想への道筋を追うことで、得るものは多いと思う。
    まとめると『人類が 理性と愛で 幸を生み』といったところでしょうか?

  • むずかしい!!!ので、なかなか進まない。
    人間の幸福について語っているのだが、確かにそうだ!とうなずける文言がいたる所で出てきます。

  •  「人間は、何のために生きなければいけないのか?」
    おそらく今、哲学と呼ばれる学問が生まれてから、いや人が言語を使うようになってからずっと考え続けられていたであろう、命題に対して、トルストイが答える。

     「自らに対する愛を捨てよ。そして本能が望むものではなく理性的な意識をもって、他の存在をいつくしみ、それらの幸福を追求せよ」

     自己満足で終わっている、自分の利益を考えて、活動している以上、幸福は得られない。

     苦しい人生を送る事になるのかもしれない。裕福には過ごせないかもしれない。でも、真に幸福であるとは何なのか?人から存在を認めてもらうことではないのか。たとえどんな事があろうと、人に信頼されること。それだけでも十分生きる意義ではないか?そしてそれに応える意味でも、ノーブレス・オブリージュ、すなわちその信頼に応える価値を提供すれば良いのではないか。。ちょっと考えがまとまらない。。

  • 感銘を受けた。
    聞くと、父は高校生の時にハマったそう。
    私が高校生のころは太宰治にハマっていて、トルストイは読まなかった。
    父が高校生でこの思想にハマってたんだと思うと感慨深い。

全71件中 1 - 10件を表示

トルストイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
安部 公房
ドストエフスキー
安部 公房
ドストエフスキー
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
ツルゲーネフ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

人生論 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生論 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生論 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする