チップス先生、さようなら (新潮文庫)

  • 53人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (9)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : James Hilton  白石 朗 
  • 新潮社 (2016年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102062036

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
カーソン マッカ...
村田 沙耶香
遠藤 周作
フランツ・カフカ
又吉 直樹
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

チップス先生、さようなら (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供(中2)が学校で読むのに良い本が無いかと家内に相談され、ふと目に付いたのがこの本。やはり子供は興味ないみたいだけど、自分で読むことにした。
    老人を主人公にした物語として、今流行の”白い犬とワルツを”と2重写しになるとことも多い。あまり大きな盛り上がりも無く、同じように淡々と話が進み、最後は主人公が亡くなってしまう。
    では、どちらが・・・といえば、私としてはチップス先生ですね。どこが違うというわけではないのですが、どこかに残る暖かさが、本書のほうが多い感じがする。

  • こんなにも皆から愛されていたチップス先生は、本当に幸せな教師だったんだなあと、読み終わったあとはあたたかな気持ちになる。

    そしてまた、自分が子どもだった頃に、こんな先生がいたらよかったのになあと、ブルックフィールド校の生徒が少しうらやましくも感じる。

    それは、この物語のところどころに、チップス先生と生徒たちとのやりとりが描かれているが、そのひとつひとつがユーモアと生徒に対するあたたかなまなざしに満ちているからだ。チップス先生は数十年にわたる教師生活を振り返るが、いやな思いをした生徒や悪い思いを抱いた生徒などは、その思い出の中に皆無なのである。

    チップス先生の生徒に対するあたたかなまなざしと、やさしさに満ちた愛情が見て取れるだろう。

  • で、こう言うことになる、と。

    「こう言うこと」とは、先般突然この
    『チップス先生』が読みたくなり、
    あるはずの本棚を探したけれど無くなっていて、
    俄かに焦り、図書館への取り寄せをしつつ、
    行きつけのBBの本屋さんでこちらの新訳を買い、
    あっという間にどちらも読んだ、と言う事。

    こんなに素晴らしい小説を
    今まで読まずにのうのうと生きてきたと言うのは
    大変に恥ずべきこととお詫びしつつ、
    今回、こちらの新訳の素晴らしさを褒めたたえたい所存。

    原作の時代の風合いを損なわず、
    会話の言葉使いも、描写も自然でわかりやすかった。

    何せ、旧訳を読んだ三日後くらいに読んでるから
    容易く比べることが出来るの。

    大体、私は新訳って言うと疑いのまなこをむけて、
    読んでみて、「やっぱり…」と
    旧訳に軍配を上げることが多いのだけれど、

    でも考えてみると、それは旧訳を何度も読んで
    気に入っているからかも知れない。

    今回は旧訳も一回しか読んでいないので
    思い入れが無いからかも。

    また、新旧の違いとしては新しい方には
    注釈が一つも無いってこと。

    これは日本も国際化が進んで、
    外国の文化もよくわかってきたと言う証拠かな?と思った。

    とは言え、旧訳の注釈は訳者さんが面白がって付けているようなのも
    チラホラあったけれど。

    先生って勉強とか何かを教えてもらったりすると言う以上に
    「出会い」なんだな、と思い至った次第です。

  • 高校時代に読んだ再読。いい教え子に恵まれた教師の醍醐味が書かれた傑作。

  • 新訳というだけあって読みやすかったです。

    短いお話ですが、亡き妻・キャサリンとの思い出は泣けました。シュテーフェル先生の件の場面も良かった。
    厳格でユーモアがあって、出会った生徒たちを生涯愛し続けるチップス先生。私にとってのチップス先生は…残念ながらいないような。良いな、チップス先生みたいな先生。
    ノスタルジックでとても好きな作品です。

  • 授業を改善する、という話題でかならず出てくる名著の新訳です。
    自分が通った学校は、なんとなくいつまでも変わらずにあるものと思ってしまいます。でも、学校ってとても脆弱な組織でもあり、ひとときの空気に流され、世の中や親が求めるから、と目先の変化に飛びつかなければ生き残れないような状況に陥りがちです。

    取り立てて優秀でも、飛び抜けた取り柄もない一人の教師が、ひとつの学校の伝統を体現する様子が、とても印象的です。

  • 旧秩序が守り続けるものについて。大戦や恐慌とともに失われていく中で。
    古き良き時代のまま取り残される人への憧憬、という世界普遍のテーマ。

  • 映画化されてるとのことなので、見てみたい。

  • 逆も成り立つと思う。でも、子供の頃に読んだときと、大人になったいまとで「これだ」という箇所が変わらず、これが定番ということかと。

全10件中 1 - 10件を表示

チップス先生、さようなら (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チップス先生、さようなら (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チップス先生、さようなら (新潮文庫)の作品紹介

霧深い夕暮れ、煖炉の前に座って回想にふけるチップス先生の胸に、ブルックフィールド中学での六十余年の楽しい思い出が去来する――。腕白だが礼儀正しい学生たちとの愉快な毎日、美しく聡明だった亡き妻、大戦当時の緊迫した明け暮れ……。厳格な反面、ユーモアに満ちた英国人気質の愛すべき老教師を、英国の代表的なパブリック・スクールの生活を描いて絶賛された不朽の名作。

チップス先生、さようなら (新潮文庫)はこんな本です

チップス先生、さようなら (新潮文庫)のKindle版

ツイートする