フィツジェラルド短編集 (新潮文庫)

  • 466人登録
  • 3.64評価
    • (28)
    • (48)
    • (78)
    • (2)
    • (1)
  • 34レビュー
制作 : 野崎 孝 
  • 新潮社 (1990年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102063026

フィツジェラルド短編集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  フィツジェラルド著、野崎孝訳で「グレード・ギャッツビー」を読んだあと、フィツジェラルドが「失われた世代(ロスト・ジェネレーション)」のヒーローとして君臨し、時代の寵児と呼ばれていたということを知り、もう少し彼の作品を読んでみょうと思った。そしてすぐに入手できるのがこの短編集であった。(「グレート・ギャツビー」は村上春樹訳も出ていて、そちらも入手済みだがまだ読んでいない)

     「グレード・ギャッツビー」は映画(レオナルド・ディカプリオ版(2013年版))を見てから原作を読んだ。その順番のせいかどうかはわからないが、世間で絶賛されているほどの感動を受けることができなかった。(ロバート・レッドフォード版(1974年版)はまだ見ていない)

     この短編集にしても同様である。それほど面白いとは思えないのだ。これには6つの短編が収録されているが、始めの2作品を読んだところでギブアップした。もしかしたら私はアメリカ文学に馴染めないのではないだろうか。村上春樹訳で「キャッチャー・イン・ザ・ライ」も読んだが、感動するべきところを見出すことができず、とりあえず最後まで我慢して読み終えた。

     そういえば村上春樹もアメリカ文学に傾倒しているが、彼の作品はアメリカの文学作品に似ているような気がする。私が感動的な面白みを感じることができないところも似ている。にはどうして村上春樹がノーベル文学賞候補なのか分からないほどだ。

     残念だけどあとの残りの4作品を読もうという気持ちは萎えてしまった。

  • レイモンド・カーヴァー、ジョン・アーヴィング、スコット・フィッツジェラルドと3連チャンで海外作家を読んだ中で(コミックはさみつつ・・・)、一番好きでした。
    時代も違う、国も違うので、風景や文化は想像だけど、男女の機微、心情がリアル。
    人にあげたので、また買って手元に置いておこうと。

  • アメリカのそこそこ金持ちの物語ってのがフィツジェラルドのイメージやけど、この短編集もまさにそんな感じやった。個人的には「氷の宮殿」がとても良かった。主人公の少女がとにかくキラキラしてていい。

  • フィッツジェラルド作品は『グレート・ギャツビー』しか読んだことがなかったのですが、なんとなく、'20年代の狂騒の時代を刹那的に過ごしていたイメージがありました。
    ですがこの短編集におさめられている作品、特に『泳ぐ人たち』と『バビロン再訪』では、アメリカの伝統的なものや、多くの素朴な人びとにとって普遍的に意味をもつようなものに価値を見出している感じがして、フィッツジェラルドのイメージが少し変わりました。

    『泳ぐ人たち』は、話の筋が少しあざとい感じもするものの、家庭や仕事で日々我慢している主人公が、考えることを脇において泳ぐことで解放されるという、そのシンプルなさまが、読んでいて心にストンと落ちてきました。肉体の持つ美しさや力を素直に賞賛するような雰囲気が、アメリカ文学らしいなと思いました。

  • 喪失の物語を書かせればフィツジェラルドは抜群に上手い。

    レイモンド・カーヴァーは生活に密着した日常のなかで朽ち果てて何かが駄目になっていく過程でもって「喪失」を描いていく。
    が、フィツジェラルドの小説は獲得した末に失われた何かを書く。それは繰り返されることのない過ぎ去った日々や、得ようともがく力や得られずに生まれた悲嘆や懊悩の感情、あるいは得てしまったために二度と戻らない美しい何かである。
    「喪失」の輪郭を丁寧になぞることで哀しみが増す。どれを読んでもちょっと哀しい。

  •  社会的な成功と幸福は必ずしも一致しないということを、しみじみと感じた。
     異国情緒漂っているのは感じたが、心情をイメージできないところがあった。文化の違いだろうか。

  • フィッツジェラルドもあまり読んだことがなかったのですが、ふと。いずれもほろ苦いけれども、最後のバビロン再訪が気に入りました。

  • 映画『華麗なるギャツビー』を見る前に、と思って買ったけど、なんか読んだことあるな・・・。

    他の短編集と重複して収録されているのがあったのかもね。

  • 華麗なるより、こちらが作者の本命な気がする。
    野崎氏の訳も華麗なるより言い回しが心理的に深い。

    まぁフィッツジェラルドが知られたのは春樹氏のおかげ。
    それだけは言い切れる。
    春樹氏万歳かアメ文学好きじゃないと乗り切れない所がある。

  • FBノートにあとで。

全34件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
三島 由紀夫
ツルゲーネフ
トルーマン カポ...
フランツ・カフカ
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

フィツジェラルド短編集 (新潮文庫)に関連するまとめ

フィツジェラルド短編集 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィツジェラルド短編集 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィツジェラルド短編集 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする