変身 (新潮文庫)

  • 9809人登録
  • 3.54評価
    • (773)
    • (1206)
    • (2305)
    • (215)
    • (48)
  • 1267レビュー
制作 : Franz Kafka  高橋 義孝 
  • 新潮社 (1952年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (121ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102071014

変身 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家族のために一身に働き家族を支え、
    ある日目を覚ますと大きな1匹の蟲へと
    変身していた主人公グレーゴル。

    善き息子、善き兄、勤勉な社員としての自分。
    すべてを捨てて蟲となった時、皮肉にも
    あらゆるものから解き放たれ、本質としての自由を
    手に入れ、孤独の中に安堵を見出したのだろうか。

    現代にもというよりは、現代社会こそ
    カフカの世界に通じる問題がリアルにそこ此処で
    共感しやすい作品になっているようで、
    なんとも悲しく遣り切れない思いもする。

    人生には苦しく辛いことのほうが多く、
    見たくない現実はすぐそこに山積みで。
    絶望するのは容易く、希望を持つことは難しい。

    生きていることの意味や自分の価値、
    目標や夢を持つことを強制されるような
    息苦しい社会の中で、強烈な自意識は
    孤独や絶望を生んでいく。

    自意識の檻を抜け、人目や人からの評価、干渉、を
    気にすることなく自由になった代わりに存在を疎まれ、
    グレーゴルを頼りきることで生きていた家族は
    皮肉にもグレーゴルの崩壊とともに自立を目指し
    自分にとって不利益なものとなったグレーゴルへの
    家族としての愛情と、疎ましく想う自己愛との狭間で揺れる…。

    家族という絶対的に思えて不確かな集まりは
    他人よりも遠くすれ違う。
    社会、家庭への冷えた感情、孤独に追い込まれ
    虚無へと回帰するカフカの独白と迷い、願望とも思えた。

    優しい人も、優しい現実も現代では
    幻想に近いのかもしれないけれど、
    ニヒリズムの向こう側に光を見いだせるほどの
    力強い明るさを持った優しさを持てる人になりたい。

    心という目に見えない闇の表象。
    カフカという世界を垣間見れた体験に
    たくさんの感情が静かに震えた。

  • カフカの有名な不条理小説。読了は10年ほど前だが、印象深い小説であったことを憶えている。
    突然変身したアレに対して、本人も含めて家族にもそれほど驚きが大きくないのに違和感がある。(笑)だが、それは無理にアレに変身しなくても、「変わり者の引きこもり」「うつ」になったなどと言い換えても良いわけで、「変身」は事態を面白く引き立たせあぶりだすための寓意だからであろう。
    当然のことながら貴重な体験をしている主人公の葛藤の描写は大変に面白い。だが、主人公もさることながら周囲の家族の群像劇が秀逸で、わけても妹のこの事態への対処と、最後の移り身の早さにはとても注目できる。そのまま現代家庭の描写と言っても通じる小説なのではないだろうか。現代社会における家庭の不条理さをえぐる名作。

  • Google先生によると、今日(2013年7月3日)はカフカの生誕130周年との事で、思いついて持っていた文庫を引っ張り出して読んでみた。

    昔読んだ時(多分高校か大学の時?)は陰鬱で不条理で、虫になったグレーゴルのかわいそうな話だと思っていた。
    今回読んだら、思っていたよりも、陰鬱と言うよりはブラックユーモア的だったし、グレーゴルは単なる語り手で、ザムザ家の家族の話だったのかもしれない、と思った。
    ザムザ家は、グレーゴルを切り捨てる事によって再生し新たな道を歩んで行く。
    昔は単純にグレーゴルに同情していたけれど、実は虫になるまでは、ザムザ家はグレーゴルの小さな王国だったのではないかと。
    事業に失敗し借金を抱え、働けなくなった父、専業主婦の母、ヴァイオリンの好きな、家にいるだけの妹。
    愛情はあったかもしれないけれど、自分が養っているという自負と、そんなグレーゴルに頼る家族の共依存。
    そこから再生する為に、グレーゴルは虫にならなくてはいけなかったのかな。

    ※それにしても、色々な方のレビューを読むと感じ方が本当に人それぞれで、目からウロコな気分。何年かして読んでみたら、自分の感じ方もまた変わっているのかも。

  • これほどまでに何とも名状しがたい、奇妙な読後感の作品は初めて。

    カフカの「変身」。
    あまりにも有名なので、どんな内容なのか予備知識はあったものの、
    一度きちんと読んでみようという事で、手に取ってみる事にしました。
    解説を除けば100ページ弱という、薄っぺらい本。
    1時間程で読み終えてしまいますが、どんよりと心に澱のようなものが残る。

    ある朝目を覚ますと、グレーゴル・ザムザ青年は巨大な虫になっていた。
    何ともシュールな出だしで、否応なく物語に引き込まれてしまいます。

    突然の怪事に、仰天しながらも心配する家族達。
    グレーゴルは必死に自分の意思を伝えようとする。人間としての心があると。
    でも家族にはそれが伝わらない。やがて意思の疎通もなくなっていく。

    グレーゴル(ムカデのような虫らしい)の視点から描かれているため、
    せわしなく動く足だとか、鎧のように固い背だとか、描写がリアル(笑)
    嫌悪感と興味深さ(と怖いもの見たさ)がない交ぜになったような気持ち。

    そもそも何故彼が虫になってしまったのかには触れられていませんが、
    その分色々な解釈がありそうで、またいつか読み返したい一冊になりました!

  • かなりショッキングな内容でした。
    一匹の巨大な虫は、虫そのものを意味するのではないような気がします。
    もし自分が突然、部屋から一歩も出られず、家族の重荷になってしまったら…
    虐待、介護、引きこもりなど、様々な家族の問題が頭の中をよぎり、深く考えさせられてしまいました。

  • 介護の妥協点。それぞれの視点による、人生の向き合い方。幸せのためには何かを捨てるべきなのか?
    読む人により、読後感が大きく違うのではないだろうか?
    虫になったグレーゴルの疎外感は他人事には思えなかった。いつだって社会から逃げたい。でも離れられないそれなのか…

  • ザムザは「私」だ。

    毎日を平穏無事に過ごせているけれども、いつ何時、事態が急転するかわからない。
    身体の自由がきかなくなるかもしれないし、精神的に病んでしまうかもしれない。
    昨日までとまったく違う自分に、明日はなってしまっているかもしれないのだ。

    だからザムザは「私」だ。




    ザムザはたまたま「虫」という形になっただけであって、形はかえずとも、ある日突然隣にいた親しい人物が、人のカタチをしたまま、何か別のもにんなってしまうことはありうる。

    そうなったとき、私はどんな行動をとるのだろう。
    支えあい、たすけあう存在になるのだろうか。
    それとも・・・・。


    引きこもり、介護、そして家族。
    読んでいる間、いろいろなことが頭の中をまわった。

  • ある日突然、自分が虫になってしまうという奇抜な設定にばかりどうしても目が行きがちだが、己や親しい者の変化に対する戸惑い、人間の絆の脆さ、他者から見放される絶望、己は何をもって己たり得るのか、例えば愛する者の顔、身体、性格、記憶など、どこまでなら変わってしまってもその人として愛せるのか、などといった観点から本書を手に取った時、この物語はどこまでも"人間"の物語である。
    初めは虫になったグレーゴル・ザムザに対する気持ち悪さが先行するかもしれないが、終盤、寧ろ周囲の人間に対して一種の嫌悪感を感じる筈だ。
    終始暗い雰囲気が作品中に漂う中、ラストシーンの晴れやかな空気感が逆に虚しさを感じさせ、悲劇性を強調しているように感じる。

  • 中学生の頃読んだ時はわっっっけ分かんなかった。

    今もわかったとは言いがたいけど。

    少なくとも、自分の中身や感覚、脳みそが変わらなくても


    自分の姿形が変われば


    周囲はいとも容易に、劇的に変わっていくものなのだということが

    どストレートに伝わってきた。

    綺麗ごととか何にもなくて

    ただ単純に、自然にそうなっていくから

    心だけ置いてけぼりになって

    残酷な現実を直視したくない気持ちになる。

  • 単純な感想としてはめっちゃ面白かったっす。ザムザがかわいすぎる・・・ザザムシが・・・ザムザ萌え。いやグレーゴル萌えか。
    文章が難解なのかなあ?と思ってたけど、ものすごく読み易かった。直前に読んでた三島由紀夫の100倍読み易かったのであっという間に読めました。三島は修飾や比喩をひねくりまわすから読みにくい、カフカはストレート。日本語じゃないってのもあると思う。

    読むに至った経緯・・・いまだに実存主義そのものについてはよくわかってなく、これはハイデッガーとか読まないとわかんないのかもですが、きっかけとなった作品がいくつか。
    映画だと
    『西部戦線異状なし』・・・実存主義が出てくる背景となった第一次世界大戦を描いた映画
    『ジョニーは戦場へ行った』『パピヨン』・・・ダルトン・トランボ作品の共通したテーマ
    最近のものだと、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ブロンソン』
    これらを観てみると、「こ、これは・・・!」とわかりやすい共通性があります。
    小説だと安部公房だけど、こっちはシュルレアリスムなのでその方向性でわかりやすいですが、やはり近い。これらの作品がきっかけで、あぁやっぱりカフカ読まないと・・・と思い至る。

    新潮文庫の『変身』は『変身』のみが収められてるのですごく薄い。100頁ないのに定価340円。定価で買う気にならないなあと思ってたらブッコフ105円コーナーで綺麗なのを発見したので即購入。
    因みに図書館で借りるのは普段は読むのがすごく遅いので無理。速読無理。あと電子書籍もタダだけど嫌い。

    実存主義的なものはシュルレアリスムとも結びつくけども、もっと感じるのは青春小説とか青春映画、青春もの。これは生きる苦悩、生きる意味についての悩みと関連が深いからなのかも。

    カフカの『変身』は色んな解釈ができると思うし、またそういう作品なのだけど・・・ひとつだけ確実なことは、主人公が虫に変身するということ。「虫」が象徴するものは色んな解釈ができますが、変身することだけは確か。
    そして、この「虫」が異形のもの、人間ではない忌み嫌われる存在であることも確か。つまり人間社会に溶け込めなくなってしまう点だけは確定してる。外面(社会・金銭)と内面(生きる意味・芸術)。
    「生きる意味・目的」の面で言うと、グレーゴルの目方が減る代わりに家族の目方が増える、これは家族の話。
    主人公にはすごく共感できる。

    解説も面白くて、カフカが結婚について悩んだ理由が「孤独じゃないと創作できない」ことらしくて。こういう人はけっこう多いと思う。数学者のグリゴリー・ペレルマンとかもそうだったような・・・。この点からしてもすごく共感できます。

全1267件中 1 - 10件を表示

フランツ・カフカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
ドストエフスキー
ポール・オースタ...
安部 公房
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

変身 (新潮文庫)に関連するまとめ

変身 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

変身 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

変身 (新潮文庫)の作品紹介

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか…。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。

変身 (新潮文庫)のAudible版

変身 (新潮文庫)のKindle版

変身 (新潮文庫)の文庫

ツイートする