審判 (新潮文庫)

  • 93人登録
  • 3.50評価
    • (7)
    • (7)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Franz Kafka  原田 義人 
  • 新潮社 (1971年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102071038

審判 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    ── カフカ(Franz Kafka)/原田 義人・訳/大山 定一・解説
    《審判》《変身》《流刑地にて
    195407‥‥ 新潮社》現代世界文学全集07
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4106601389
     ↑変身・流刑地にて・審判・城 ↓審判
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4102071032
     
    (20141231)(20170824)
     

  • ある日突然わけもわからず逮捕される男の話。そんな不条理な物語といえばのフランツ・カフカ。「変身」といい、この「審判」といい、冒頭の文がすごく巧い。

  • 迷宮的な小説。結局すべてが謎に包まれたまま、という感じで、やはりカフカの長編は難解だと思い知らされました。

  • いろんな解釈ができるおはなしだけども、これはあるひとりの作家が文学の世界で体験したことをベースに、他の人にもわかりやすい形に直して書いた物語であると解釈するとぼくはおもしろく読めました。
    ある銀行員がなぜかようわからんけど突然逮捕されて、なぜかようわからんけども裁判で有罪にされて、なぜかようわからんけど死刑になるというおはなし。
    すべての表現活動をやってる方々におすすめします。

  • 絶望が現実に・・・

全6件中 1 - 6件を表示

フランツ・カフカの作品

審判 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする