絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

  • 354人登録
  • 3.94評価
    • (27)
    • (45)
    • (18)
    • (6)
    • (1)
  • 34レビュー
制作 : Franz Kafka  頭木 弘樹 
  • 新潮社 (2014年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102071052

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今年の2月ぐらいに、友達と待ち合わせ中の時間つぶしに本屋で立ち読み。2日ぐらいそんな日があったので、立ち読みだけで全部読んでしまった(買わなくてごめんなさい汗)。
    カフカの『変身』を読んで、その内容もだけどカフカ本人の人生をWikipediaでみると、非常に興味深い。
    長編小説がほとんど未完だったり(未完成病!)、結婚観だったり……どうも他人事とは思えなくて。

    僕自身もよく「絶望した!」となるタイプだし、読んでた2月・3月ぐらいは気持ちの浮き沈みが激しかった。吸い寄せられるように手に取ったんだと思う。
    この本を読むと、カフカがどういう人で、だから結果的にああいう作品を書いたのか、その肉付きの部分がわりと補完されます。
    編集した方の書かれてることも頷ける。絶望してる時はハッピーなものじゃなくて、より絶望的なものを読んだり観たりした方が良いのよ。

    で、肝心の中身はさっぱり覚えとらん。やっぱりもう一度立ち読みに行くかねぇ……(買わんのかい)。

  • 絶望するのも悪くない。

  • 面白かったです。将来に向かって倒れたままでいることがいちばん上手にできるようになりたいかも、と思えました。

  • 超ネガティブ作家・カフカ、超ネガティブ翻訳者・頭木弘樹。そして自殺願望が強かった読者代表・幼児期のワタクシ。この三者はなんと似ていることか。まさに絶望名人。そして絶望名人になりたがる読者の多いこと。それを歓迎するカフカ。『ぼくは今、結核に助けを借りています。たとえば子供が母親のスカートをつかむように、大きな支えを』、『ぼくの本があなたの親愛なる手にあることは、ぼくにとって、とても幸福なことです』。

  • カフカは絶望名人である。そのことが、この本からはっきり分かった。彼は自分を徹底的に嫌い、自分の将来や仕事や親や自分自身に対して絶望的な世界観を押し付ける。前向きになることを拒み、そのネガティブさを全て著作に注ぎこんだ。
    彼が感じたであろう全ての絶望は自分ごときが味わえるものではない。しかし、所々ならば十分に味わえる。それでいて、自分がどれだけ絶望したところで彼には敵わない。彼は自分が真に絶望した時のメンターになることは確実だ。そのことが分かって安心した。

  • 最初はネガティブ過ぎて引いていたが次第にその気持ちもわからないでもないと共感した。他人に対して苦悩する姿をさらけ出し続けるというのは正直に生きる、噓偽りのできない人だったのかなと思う。自分のネガポジのそのどちらかに振り切っている時それぞれで楽しみ方が変わるそんな本でした。

  • 20160819

  • そうですか、カフカさんどんだけ絶望なんだろうと思ってワクワクしたけど、
    そんなに私とかわらないし、わかるわかるー思わずひざ打ったり、
    そんなこと好きな人に書いちゃうの?好きな人の父上に!ってのもなんかわかる気もして、

    なんだか元気になったし、他のカフカさん特に日記や手紙を読みたいし、全集復刊してほしいし、
    『絶望読書』から、かしらぎさんに感謝です。

  • (+3)例えば3つ分のポジティブも、(-3)例えば3つ分のネガティブも、距離にしたら同じ「3つ分」なので、同じだけのエネルギーを持っているのかもしれない。

  • 元気が出る名言?

全34件中 1 - 10件を表示

フランツ・カフカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
フランツ・カフカ
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)の作品紹介

「いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」これは20世紀最大の文豪、カフカの言葉。日記やノート、手紙にはこんな自虐や愚痴が満載。そんな彼のネガティブな言葉だけを集めたのが本書です。悲惨な言葉ばかりですが、思わず笑ってしまったり、逆に勇気付けられたり、なぜか元気をもらえます。誰よりも落ち込み、誰よりも弱音をはいた、巨人カフカの元気のでる名言集。

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)のKindle版

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)の単行本

ツイートする