最後のひと葉: O・ヘンリー傑作選II (新潮文庫)

  • 40人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : O・ヘンリー
制作 : O.Henry  小川 高義 
  • 新潮社 (2015年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102072059

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カーソン マッカ...
サマセット モー...
いとう せいこう
遠藤 周作
ウィリアム サロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

最後のひと葉: O・ヘンリー傑作選II (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • O・ヘンリー傑作選2巻。「最後の一葉」「心と手」が粋。2017.9.29

  • 2017/08/18/Fri.(ブックオフにて中古で購入)

  • 「あれが最後ね。てっきり夜中に落ちるんだろうと思った。風の音がしてたから。きょうには落ちるでしょうね。そのときに、あたしも死ぬわ」老画家が命がけで彼女に贈った希望とは。表題作のほか、「感謝祭の二人の紳士」「芝居は人生だ」「金のかかる恋人」など、O・ヘンリーの名作短篇14篇を新訳。ニューヨーカーたちの魂をふるわせ、優しく暖め、温かく笑わせた選り抜きの物語たち。

  • 何十年ぶりかに再読してビックリしたのは「最後のひと葉」の記憶が違っていたこと。しかも肝心な陰の立役者の存在がすっぽり抜けており、恋人同士だけで構成されたお話だと思ってました。実はこんなにも素敵なお話だったとは!就寝前にホロリとしちゃいました。他には「心と手」「更生と再生」が印象的。世の中まだまだ人間捨てたもんじゃないな〜と思わせてくれます。引き続き3冊目を読みます〜。

全4件中 1 - 4件を表示

最後のひと葉: O・ヘンリー傑作選II (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後のひと葉: O・ヘンリー傑作選II (新潮文庫)の作品紹介

「あれが最後ね。てっきり夜中に落ちるんだろうと思った。風の音がしてたから。きょうには落ちるでしょうね。そのときに、あたしも死ぬわ」老画家が命がけで彼女に贈った希望とは。表題作のほか、「感謝祭の二人の紳士」「芝居は人生だ」「金のかかる恋人」など、O・ヘンリーの名作短篇14篇を新訳。ニューヨーカーたちの魂をふるわせ、優しく暖め、温かく笑わせた選り抜きの物語たち。

最後のひと葉: O・ヘンリー傑作選II (新潮文庫)はこんな本です

最後のひと葉: O・ヘンリー傑作選II (新潮文庫)のKindle版

ツイートする