古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)

  • 475人登録
  • 3.44評価
    • (31)
    • (34)
    • (88)
    • (11)
    • (5)
  • 69レビュー
制作 : 関 楠生 
  • 新潮社 (1977年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102079010

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私欲をもたず、古代への情熱を忘れずに68歳の生涯を閉じたシュリーマン。語学の習得術としても、すごい!の一言。

  • トロイアという町に取りつかれたシュリーマンの自伝。強力な引力の下に、粘り強くトロイア遺跡の発見に注力することはさながら、その目的の為に、語学や古代の知識という手段に対しての余念のなさに驚いた。まさしく、雨垂れ石を穿つというような地道な努力の人。だが、父が古代オタクすぎてアガメムノンと名付けられた子供は気の毒そのものだ(笑)

  • 高校生の頃に読んで以来2回目。幼少の頃の夢を生涯かけて実現した生き様には感動すら覚える。才能に加え、努力がすごい。

    古代ギリシアの知識を持って読むとより面白いと感じた。

  • 一応ノンフィクションということになってるけど、あることないことも書かれてるとか。

    それでも外国語を猛烈に習得していく部分は見応えがある。実際の言語学習は反復の繰り返しであり、それに耐えることを強いられるが、数行の文章でいっきに「○○語をマスターした」とまで言われると爽快である。

  • 本書は、もう古典作品の一つといっていいかもしれない。

    シュリーマンの幼少期から大人になるまでの過程。
    またその後の発掘作業に関わる記述。

    シューマンの行動力、意志力がすごい。

    語学を習得する方法は、参考になる部分も多いが、やはり素養が大事だな、と。

    また、発掘に没入するだけでなく、しっかりと、世界中の人と交流を持ち、発掘作業をより円滑に進めようとしていたことにも驚く。


    それらが、発見につながったのだ。

  • 1800年代にギリシアの遺跡を次々と発掘したシュリーマンの自伝。
    最初の1/3は、生い立ちから古代遺跡への情熱をどのように抱くようになったのか、また複数の言語をどのように操れるようになったのかが書かれていてとても興味深い。
    しかし、ギリシアの歴史についての知識がほとんど無いため、後半の遺跡発掘の興奮については残念ながら理解できなかった。
    もう少しギリシア歴史の知見を深めてからもう一度読んでみたい。

  • ハインリッヒ・シュリーマンは、古代の伝説とされ存在しないと考えられていた遺跡や遺物を数多く発掘した叩き上げのドイツ人考古学者です。
    彼は元々貧しい家に生まれ、その後に商人として成功しました。
    しかし、幼い頃に決心したトロイアを発掘するという目標を、彼は抱き続けていたのです。
    発掘に対する批判や妨害工作など、様々な逆風にも負けず、休みなど取らずに常に発掘に勤しんだ結果、彼は幻の都を掘り当てることになるのです。
    努力と夢を持ち続けることの難しさと大切さを教えられる一冊。

  • 自伝の部分では、子どもの時の興味に始まり、好きな女の子との思い出、たくさんの言語の習得…と気になる内容だったけど、発掘の部分はイマイチ情景が伝わってこなかった…。

  • シュリーマンは、ギリシャ神話最大の見所であるトロイア戦争の舞台が実在するという証拠を発掘した人物で、本書はそんな彼の自伝。

    本書の最初から3分の1くらいは、子供の頃からの夢を年を取ってから実現するという、まあ言ってみれば王道なシナリオではある。
    成功までの道のりの途中にいろいろな試練があるのだけれど、夢を実現するという意志を常に持ち、常に努力し、行動しすることで困難に打ち勝っていくという姿勢には、勇気をもらえた。
    一方残りの3分の2の部分は発掘に関する記述がメインなので、正直なところ素人の僕にはまったく理解できなかった。

    僕がすごいと思ったのは、シュリーマンの行動力と強靭な意志力、類稀な語学スキルなどもそうだが、それらを利用して、世界中の人と交流を持ち、発掘作業をより円滑に進めようとしていたこと。
    やっぱり夢を実現するには、その夢が大きければ大きいほど、一人ではできないのであって、誰かの協力が必要不可欠なのだろうなと感じた。

  • ギリシャいいな〜

全69件中 1 - 10件を表示

シュリーマンの作品

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)の作品紹介

トロイア戦争は実際にあった事に違いない。トロイアの都は、今は地中に埋もれているのだ。-少年時代にいだいた夢と信念を実現するために、シュリーマンは、まず財産作りに専念し、ついで驚異的な語学力によって十数ヵ国語を身につける。そして、当時は空想上の産物とされていたホメーロスの事跡を次々と発掘してゆく。考古学史上、最も劇的な成功を遂げた男の波瀾の生涯の記録。

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)のKindle版

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)の単行本

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)の文庫

ツイートする