あしながおじさん (新潮文庫)

  • 1530人登録
  • 4.01評価
    • (230)
    • (175)
    • (179)
    • (16)
    • (4)
  • 224レビュー
制作 : Jean Webster  松本 恵子 
  • 新潮社 (1954年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102082010

あしながおじさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 時代背景が分からず読みにくい部分はあるが快活でユーモアに富む主人公の文体は楽しい。掛け値なしで支援してくれているが反応の薄いあしながおじさんに対し、主人公持ち前の想像力を発揮して不自然なく楽しく会話している作力はすごいです。それにしても「アンネの日記」はこの本からかなりの影響を受けたのではないでしょうか。結びの言葉とかとても印象が被ります。
    あしながおじさんの正体は中盤くらいからうすうすわかってきますが、終盤のラブレターとその前の流れはとても可愛く、感動的です。

  • 小さい時にアニメ版の挿絵が付いているあしながおじさんが家にあったのですが、内容をすっかり忘れていたので再読しました。
    内容を忘れていたので初めて読むように楽しく読めました。
    このお話大好きです!ジュディの素直さもおじ様の行動も可愛いです。特に終盤は思わずにやけてしまいました…!
    そして続編も読む予定になりました。

  • 懐かしいな~、子供向けのを読んでもう十年以上振り。
    ストーリーはおぼろげに覚えてるので、随所でニヤニヤさせられました。あしながおじさんの焼き餅とか(笑。
    やっぱり好きな1冊!

    ジュディもブロンテ姉妹の作品を読んでいて、英語圏ではわりと早いうちに読んで親しんでいるんだなぁとしみじみ。

  • 小学生の時に読んだことがあったが、もう一度読みたくなって10年ぶり位に読んでみた。結論こんなだったっけ……?という驚きと、最後の話の詰め具合が少し残念だったが、書簡形式でそのお相手がおじさまならば、恋愛の報告の流れも腑に落ちた。
    孤児院を出て、親切なおじさまのおかげで今まで手に入れることが出来なかったものを手にすることができ、努力して優秀な成績を収め、喉から手が出る程欲しかった家族をもち、幸せになる一人の女の子のお話である。
    幼い主人公は苦労や悲しみを沢山抱えてきたが、最終的にはかなり恵まれた環境で暮らすことが出来ている。物事をはっきり口にし、感受性豊かで負けず嫌い、感謝の念を忘れず自らを正すことができ、努力家で我慢強く喜びを素直に表現できる。彼女をとりまく優しい人々や幸せな環境はそんな彼女の人柄のおかげなのだろうか。

  • 書簡形式で物語が綴られていく。
    生き生きとした日々の喜怒哀楽を、こんなにも正直にユーモアをもって告白する少女の手紙。受け取ったあしながおじさんもさぞかし楽しかったことだろう。

    ジュディの素直で個性的な感性のファンだったおじ様が、どのような心の変化でジュディを女性として愛するようになったのか、そこは描かれていない。終始ジュディの目線で語られてるから、おじ様の姿はジュディと同じように読者も想像力で描くしか無いのだ。
    ここにこの物語の面白さがあると思う。

    またこの作品には、人が正しい扱いを受けることの重要性をジュディの成長を通して観ることが出来る。
    人間が人間らしくあるには、心が生きていることが大切なのだ。金銭の多少ではなく、一人の人間として見てもらえることが何よりも大切なのである。

    ジュディはまだ少女ながら、自尊心と自立心を持った一人の人間であり、大学での生活を通してそれは立派に育っていった。
    誰かがそれを傷つけるようなことがあった時、たとえそれが敬愛するおじ様であったとしても、彼女は毅然と戦う芯の強い女性である。
    小さないたずらや逃亡でしかそれを発揮できなかった少女が、学ぶことで正々堂々と自身の言葉と行動によって、それを示すことができるようになったのだ。
    ジュディがあしながおじさんに心からの感謝と愛を捧げた理由は、ここにある。
    もしかすると、おじ様はそこに惹かれたのかもしれない。

    環境に揺らぐことのない幸福の芽を見出していく主人公の心の成長、という普遍のテーマが、孤児院て育った少女が、お金持ちの男性と結ばれるシンデレラ・ストーリーのベースになっている。
    この作品が長く愛される理由がここにあったのだ。

  • 学生時代に読んだのですが、あらためて読了しました。しんみりとした感動です。
    なぜあしながおじさんがジュディに顔を見せることができなかったのか、読了して初めてわかる展開です。そして、自分はもう学生ではなくなりましたけれど、学問にまい進するジュディの姿に、自分も学問の世界に再度浸かりたいと思う次第です。

  • 小学生以来の再読。当時の自分では理解できていなかった箇所も多かったのではと思う。細かい内容はすっかり忘れてしまっていたし。主人公ジュディと同じ年頃で読みたかった。

  • 読書部課題図書番外編その4

  • 孤児院育ちのジュディを、見ず知らずのお金持ちのおじさんが大学へやってくれるという。ただし、「月に1度手紙を書くこと」という条件付きで。
    この本は、ジュディが「おじさま」に送った手紙の数々で構成されています。
    好奇心旺盛で感受性豊かなジュディの書く手紙はユーモアたっぷりで飽きません。家具やドレスを新調したり、休暇を別荘で過ごしたり、紳士と素敵な時間を過ごしたり……。そこには、年頃の女の子のキラキラした毎日が書かれています。また、手紙のひとつひとつにおじさまへの愛が溢れていて、微笑ましくなります。
    読み終えた後には、きっとあなたもジュディを好きになっているでしょう。(um)

    蔵書なし

  • 文通というより、主人公からの片道通行の手紙を綴る形式。徐々に淡い恋心がまじったり、愛、恋慕の情などが混じってくる。微笑ましくも爽やかな余韻がある。

  • とっても大好きなお話。ジュディがジャービー坊っちゃんと出逢った後にえくぼを見つけるところと、あしながおじさんの「ジュディちゃん、ぼくがあしながおじさんだっていうことを考えてもみなかったの?」というセリフが、印象的。
    ジュディの素直で頑固で奔放、そしてユーモアたっぷりの性格。そして勉強することへの真っ直ぐさ。これらが読者はジュディを愛さずにはいられない理由になってるのかもしれない。

  • あしながおじさん。
    その存在は小さい頃からよく知っているけど、よく考えたらどんなお話なのか知らない!
    ということで読んでみました。

    この本の文章は、99%がジュディからあしながおじさんへの手紙です。こういう内容だとは知らなくてびっくり。それがユーモアに溢れていて、好奇心旺盛で感受性豊かなジュディの性格が伝わってくるので読んでいて楽しかったです。胸がときめきました。

    途中から予想できていたけど、結末もステキでした。

  • 有名な話なので最初から全部わかっていたが、それでも楽しめた。『嵐が丘』『ジェーン・エア』を読んだばかりで、『宝島』も読んだことがあったのでさらに楽しめた。

  • おんなのこの、生活、おしゃれ、恋愛、など
    全ての面においての
    完全なるしあわせのかたち、
    この本の中に あり。

    春夏秋冬をとうしてのジュディの毎日の楽しみ方、
    お部屋を飾ったり、買い物をしたり、
    明日からもっと
    おんなのこを楽しみたくなる。

  • 書簡体小説って好き。特にこんなに機知に富んで愉快な女の子の手紙とくれば。
    そしてちょうどいいときめき。
    続編も読まなきゃなぁ。

  • 大勢に好かれそうな話。
    一部に嫌われそうな話。

    要するに、
    四十路の金持ちが、
    孤児院でお気に入りの女子高生を見つけて、
    匿名で金を出して大学に行かせてやり、
    他人の振りして近づき、
    自分に好意を持たせ、
    とどめは、感動のご対面でサプライズ!

    ただし、イケメンに限る的な…笑

    なんて読み方もしてしまいたいが、
    とても面白い作品で、
    これは読み継がれるなーと感心しました。

    自分は自分以外にはなれない。
    相手の立場に立って考えることは、
    相手を想像すること。
    決して自分だったらなんて考えない。
    自分のされて嫌なことはするなとよく言われるが、
    それはちょっと違う。
    想像力を働かせて、
    自分の想像の中の相手が嫌がることはしない。

    ジュディが、人間にとって重要な要素のひとつは想像力だと述べている。
    本当にその通りだと思い、まったく同じことを考えているジュディに出会えて良かった。

  • あしながおじさんの画策が森見登美彦さんの作品の主人公にそっくりでびっくりしました。森見登美彦さんに、あしながおじさん視点の話を書いてもらったら絶対に面白いですね。

  • これから読む方にお願いしたいことがあります
    どうか、二度お読みいただきたいです

    孤児院という単調で忙しない、自分を自分のために生きられなかった少女が、あしながシルエットの評議員さんから支援をうけて、自分のために生きていく日々を、支援の代わりに手紙で綴る

    ただこの本にはその手紙だけがえがかれています

    一読すれば文的才能のある孤児の女の子が、広い世界で毎日目まぐるしく、新しいこと、普通の子では得られなかった体験や知識を貪欲に学べる楽しさを瑞々しく

    ラストを読んでからは、手紙の向こう側を想像するとあまりにも可愛らしい男の人のやきもきや、きっとこの手紙一つで一喜一憂したんだろうなぁと微笑ましいです

    何と言ってもジューディーの語り口は素晴らしいです
    こんなに魅力的な言葉で、毎回楽しげな日々を綴り、他の男の話が出て来たときは気が気じゃなかっただろうとちょっと可笑しくなります

    王道、といえば王道です
    が!
    王道になり得るだけの魅力と感謝と敬愛と、そしてちょっぴりのさみしさを込めた手紙を綴るジューディーだからこそ、坊ちゃんも彼女を愛したのでしょう

    たぶん結末がわかる人にはわかりますが、それでも当時の社会背景を伴いながら、女子大生のまぶしいまでの毎日
    孤児院育ちだからこそ、私はこの日々が楽しく思えるの
    そう笑いかけてくれるような文章

    何よりのラブレターじゃないでしょうか?

  • ジュディの手紙のみ、というシンプルなつくりですが、読んでいるとどんどんのめりこみます。文面からどれだけ幸せを感じたりいろいろな感情にあるかがすっかりわかります。おじさまは手紙が来るたび一喜一憂したことでしょう。途中からはもうこのひとかなと思えるんですが、ジュディは私より鈍いようです。続おじさまもあるようなのでそちらも気になります。

  • 初めて読んだのは中学生の頃だと思う。自分の子どもに、あしながおじさんという作品を読むおすすめ年代はいつか?言ったら是非中学生で読んでほしい。年頃ならではの悩み、恋する気持ち、後半に行くほどドキドキして、あしながおじさんの正体を知った時の驚きと喜びを、ぜひジュディと共有してほしい。
    翻訳本は翻訳者のくせにより、作者の雰囲気が伝わらずフィルターがかかったように感じてしまうためあまり好きではないが、この本はすっと入ってきて夢中になって読んだのを覚えている。

  • 私がもっていたのは、親の古い文体の「あしながおじさん」と子供用に意訳され手紙だけのやりとりでないものの2冊。意訳のものに使われていた挿絵も子供にわかりやすい、高畠華宵でした。
    ある程度の年齢になった時にものたりなくなり手に取ったのは親の古本。今は当時は魅力を感じなかった続編に惹かれる年齢にさしかかったようです。

  • あしながおじさんの正体だけを知りたいがために読み続けてたので、辛抱強く読んだわりには、少々残念でした。そもそも、犯人当てと言うか、あしながおじさんの正体当てのみが売りではないとは思いますが、少女の書いた手紙により物語が進んでいくため、我慢して読んだ感がありました。文章に書かれてる事以外の事を想像して楽しむ作品かもしれません。

全224件中 1 - 25件を表示

あしながおじさん (新潮文庫)に関連するまとめ

あしながおじさん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あしながおじさん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする