あしながおじさん (新潮文庫)

  • 1539人登録
  • 4.01評価
    • (231)
    • (176)
    • (179)
    • (16)
    • (4)
  • 226レビュー
制作 : Jean Webster  松本 恵子 
  • 新潮社 (1954年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102082010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
あさの あつこ
ヘミングウェイ
宮部 みゆき
梨木 香歩
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

あしながおじさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人生で三度目のあしながおじさん読了でした。三度目にして初めて、ウェブスターの緻密に計算されつくした構成力と感情の変化を間接的に描き切った描写力に気がつき、脱帽させられてしまいました。

    誰もがあらすじを知っているように、決して正体を明かさないお金持ちの男性が、孤児の女の子を大学に進学させてあげるかわりに、毎月自分あてに手紙を書かせる物語。

    8歳と19歳のときにすでに読んでおり、結末は知っているのに、約10年ぶりに再読してみると、全く違う物語のような印象を受けました。

    以前読んだときは、孤児として育ったにもかかわらずハツラツとした無邪気さを持つ主人公の活き活きとした大学生活の描写が心に残ったのに、今回はどちらかというとその逆。

    瑞々しく明るい描写の中に垣間見える、孤児であることを親友や愛する人にさへ隠そうとする少女の葛藤や虚栄心、裕福な友人たちへの羨望、若い娘らしい物欲など…ただ一途で前向きなヒロインにとどまらない、より生身の人間らしい少女の心情に初めて気がつかされました。

    そして何より目から鱗だったのは、この物語は少女から「おじさん」にあてた手紙のみで構成されている「一視点」の物語であり、「おじさん」の心情は全く描かれていないにも関わらず、その手紙の中の描写から、気まぐれに援助をしだしたはずのおじさんが彼女に1人の男性として徐々に恋情を募らせていく過程が丁寧に織り込まれている点です。興味本位からひたむきな愛情に変わっていく様、ライバル男性への嫉妬、焦燥、独占欲、束縛など、実に多くの「おじさん」の感情が、手紙の中で少女が記すおじさんの行動を通じて容易に連想されるようにできています。しかし、少女はそんなおじさんの強烈な恋心には全く気づいていません。並程度の表現力なら、「それはないだろう」とつっこみたくなるはずでしょうが、それが実に見事に無理なく描かれています。他人の視点を用いて別の登場人物の心の変化をこれだけ鮮やかに描き出したウェブスターの筆力と緻密な構成に脱帽させられた一冊でした。

  • ひゃぁ~、やっぱり、これですよね~。

    新訳となった「あしながおじさん」を読み、
    大変面白く、でもなじみになじんだこちらが懐かしくなり、
    翌日読みました。

    なにせ、30年来のお付き合いでございますから、
    どうしたってこちらの方が愛着がありますの!

    お若い方、初めて読む方は新訳でよろしいかと存じます。

    好きな本の新訳って何かとイライラッとくることあるけれど、
    畔柳さんの翻訳は、うん、問題ないんじゃない?
    (いつものように、上から)

    でもさ、こちらの松本恵子さんの翻訳の言葉遣い、
    これがね、私は好きだからさ!

    「いいあんばいに」「大いに愉快に」
    「とても美しゅうございます」
    なんて、ちょっとパラパラめくっただけでも
    次々、今はほぼ使われない、でも魅力的な日本語が
    散りばめられているよね。

    あと「髪を出来るだけ豊富にちぢらして」
    (これはロック・ウィローの女中キャリーの行動ね)とか、
    「料理番はいつでもこね粉をひとかたまり取っておいて
    子どもたちに焼かせてくれます」
    (これはサリーのお家へ行ったときのお話ね)とか、

    いかにも昔っぽい言い様、でも心がほのぼのとして
    なんだか面白くて嬉しくなるこの気持ち、
    伝わるかしらん。

    ずっと大事にしよ、この本。
    裏表紙チラリ…、本の値段…240円、安い!

  • 時代背景が分からず読みにくい部分はあるが快活でユーモアに富む主人公の文体は楽しい。掛け値なしで支援してくれているが反応の薄いあしながおじさんに対し、主人公持ち前の想像力を発揮して不自然なく楽しく会話している作力はすごいです。それにしても「アンネの日記」はこの本からかなりの影響を受けたのではないでしょうか。結びの言葉とかとても印象が被ります。
    あしながおじさんの正体は中盤くらいからうすうすわかってきますが、終盤のラブレターとその前の流れはとても可愛く、感動的です。

  • 手紙形式で、最初は抵抗あったけど、けっこうわかりやすかった。

  • おんなのこの、生活、おしゃれ、恋愛、など
    全ての面においての
    完全なるしあわせのかたち、
    この本の中に あり。

    春夏秋冬をとうしてのジュディの毎日の楽しみ方、
    お部屋を飾ったり、買い物をしたり、
    明日からもっと
    おんなのこを楽しみたくなる。

  • 子供の頃は多感な女学生ジュディに共感していたが、今読むとおじさん(の中の人)が手紙の向こう側で一喜一憂している姿が想像できて楽しい。

  • 久しぶりに読み返したけどとても幸せな気分になった。ラスト知ってるからこそ手紙の数々が微笑ましくてたまらない。明るくてユーモアたっぷりのジュディがすごく好感もてる

  • 手紙で物語が進められています。このポイントが他の本との最大の違いです。二巻は、サリイ・マックブライドの書いた手紙で成り立っています。でも、やはり私は一巻が好きです。

  • ユーモラスで賢い、お茶目なジルーシャ・アボット。すこし赤毛のアンを思い出す。2度読むと、あしながおじさんからのめったにない手紙が面白い味を出している。

  • 図書館から借りました

     手紙形式。ジャンルは「学園物」?  恋愛物、ではなさげな。

     17歳の孤児ジルーシャは、月一回支援者である「ジョン・スミス(仮名)」に学校生活をつづった手紙を送ることを条件に、大学にゆける。
     日々の生活を手紙形式で、つづられていく。

     ジルーシャはかなり、失礼なことを平気でぽんぽんと書いていきます。
     ジョン・スミスという名前はあまりにも平凡なあだ名なので「女嫌いさん」「お金持ちさん」「背が高いから足長おじさん」、三つの候補をあげて、「女嫌いだと私を卑下しているようだからパス」。で、「お金持ちさんは、おじさまがいつまでもお金持ちでいるとは限らないからやめます(←すっごい失礼な)」、「何があっても、背の高さは変わらないでしょうから、あしながおじさんと呼びますね」(←相手が返事をよこさないので、それをすべて了承ととるジルーシャ)
     そしてまじめに聞くからこそ残忍な質問が。
    「おじさま、はげてますか?」
     うーむ、図太い。
     足長おじさまは、次第にジルーシャにめろめろになってゆきます。
     最初のクリスマスプレゼントは「金貨」、つまり現金だったのに、次は品物。大学最後のクリスマスは17ものプレゼントを……。
     彼女が同室の子が外遊していいなぁと手紙に書きつづれば、ヨーロッパ旅行をプレゼントしようとして、ジルーシャに「そんな贅沢いりません」と言われてしまい、同室の子が高い帽子を買っていたというようなことを手紙に書かれていれば、小切手を送って突っ返される。
     知人がお金に困っていて、ジルーシャが「100ドルばかり、人助け用にいただけませんか」と手紙に書くと……即小切手を切る。
     珍しくねだられたので、きっと裏側で歓喜していたことでしょう。

     それにしても、足長おじさま、独占欲強いな(笑)
     奨学金を得られるようになった彼女が月々のお小遣いだけでいいと言い出すと、「奨学金は断れ」と秘書に言わせ、同室の子のお兄さんと仲良くするのが嫌なので、夏はここに行けと命じて、機嫌を損ねた彼女から二ヶ月も手紙をたたれたり。
     裏側、足長おじさん視点から見れば、自分が彼女にあげられるのはお金や物だけなので、奨学金を得られるようになってしまったらすごく不安だったでしょうね(笑)

  •  続あしながおじさんを読んだので、ついでに読みました。
     読み返すのは子供の頃以来ですが、結構対象年齢の高い話だったのだな、と実感。
     以前アメリカのミュージカル映画を見て、なんだか下品でこんな話だったっけ?と不満でしたが、原作はすばらしい。
     あしながおじさんの正体をわかっていても、どきどきしながら読めました。
     20歳を越えた今、「わたしは美しいです」と手紙に書く少女の健康的な自意識がまぶしく微笑ましい。再読してよかったです。

  • 小さい頃読んだのかな~?全く記憶にないんだけど、読んでみたら見覚えのあるような気もするし…

    何故今になって読んだかというと、英語の勉強でこの作品のリスニングをやってるから。あしながおじさんへの最初の手紙だけなんですが、あれだけ聞いたり読んだりすると、先の展開が気になって気になって


    で実際読んでみると微妙な読後感が残ったので、非常に個人的な評価ですが星3つ。作品としては、彼女のキャラクターが好感を持てて楽しめると思います。

    そういえば昔一度だけ、人からあしながおじさんみたいって言われたことがあったなぁ。
    誉め言葉だったのか皮肉だったのか…

  • 孤児院で育った「ジュディ」は、
    月に一度の手紙を条件に、
    匿名の紳士から、進学の支援を得る。

    閉ざされた環境に育った女の子に、
    大学生活は新鮮で、驚きに満ち、
    その体験と思いを豊かな筆致で綴る。

    幸福になる秘訣。

    「それは現在に生きることです。いつまでも過去のこと
     を悔んだり、未来を思いわずらったりしないで、今の
     この瞬間から最大限度の喜びを探し出すことです」

    前向きで、ひたむきな姿勢。

    「何かを望んだ場合に、それを熱心に求め、努力をつづけ
     ていれば、最後には必ずその望みが遂げられるものです」

    明るく、信念をもって生き、
    道を切り開いていく姿に動かされ、
    さわやかな読後感を味わった。

    人として、女性として成長する姿や、
    「おじ様」の思惑なども楽しい、
    のびやかで、すこやかな少女文学。

    わたしが読んだ新潮文庫の表紙には、
    『私のあしながおじさん』と印刷され、
    世界名作劇場の主人公が描かれていた。

  • 全編ジュディからあしながおじさんへの手紙でほぼ構成されていてちょっと変わっている小説です。アニメなどからオチがわかっていたせいで、ジュディの一方的な手紙にはがゆくて仕方なかったです。内容知らない方なら新鮮でもっと面白いかも。作中の手紙の中のジュディはお年頃の女の子像がしっかり描かれていて、女性作家ならではの細やかさがあります。個人的に最後の解説を読んで作者が好きになり少し泣きそうになってしまいました。

    ◎再読
    この本の面白さは、再読することで倍増しますね。
    ジュディに惚れちゃってるジャーヴィスを想像するだけで
    すごく楽しい。可愛い二人の恋愛模様が再読時に楽しめます。

  • 書簡形式のお話。

    1回読むともう1周読みたくなる。
    最初は主人公ジュディの立場から。
    あしながおじさんの振る舞いにジュディと一喜一憂しながら。
    正体がうすうす分かってきてもあえて目を瞑りながら。
    2週目はあしながおじさんの立場で。
    なにこの可愛いおじさん。

  •  小さい頃に見たアニメの某世界劇場で知り、学生の頃に読みハマった作品。
     永遠のシンデレラストーリーであるようで、芯の強いジュディだからこそ叶ったサクセスストーリーでもある。
     ペンデルトンさんは、変わり者。と呼ばれているけれど、きっと見ている現実に退屈であり、そこに違う見解の少女に出会ったことで、新しい解釈や方向性を見出せたのだと思います。
     最後にそれが愛に変わってしまうのが、書かれた年代と著者のロマンだったのかもしれないなと思いました。

  • 小さい頃から大好きな本。今回15年ぶりくらいに読み返したけど、けっこう細部まで覚えていた。ジャーヴィぼっちゃまが、ジュディをサリーの別荘に行かせないようにするところ最高です…おじさまの嫉妬可愛い。一番好きなのは、砂糖菓子を作るところと、持っているドレスの描写。

  • 小さい時にアニメ版の挿絵が付いているあしながおじさんが家にあったのですが、内容をすっかり忘れていたので再読しました。
    内容を忘れていたので初めて読むように楽しく読めました。
    このお話大好きです!ジュディの素直さもおじ様の行動も可愛いです。特に終盤は思わずにやけてしまいました…!
    そして続編も読む予定になりました。

  • 懐かしいな~、子供向けのを読んでもう十年以上振り。
    ストーリーはおぼろげに覚えてるので、随所でニヤニヤさせられました。あしながおじさんの焼き餅とか(笑。
    やっぱり好きな1冊!

    ジュディもブロンテ姉妹の作品を読んでいて、英語圏ではわりと早いうちに読んで親しんでいるんだなぁとしみじみ。

  • 小学生の時に読んだことがあったが、もう一度読みたくなって10年ぶり位に読んでみた。結論こんなだったっけ……?という驚きと、最後の話の詰め具合が少し残念だったが、書簡形式でそのお相手がおじさまならば、恋愛の報告の流れも腑に落ちた。
    孤児院を出て、親切なおじさまのおかげで今まで手に入れることが出来なかったものを手にすることができ、努力して優秀な成績を収め、喉から手が出る程欲しかった家族をもち、幸せになる一人の女の子のお話である。
    幼い主人公は苦労や悲しみを沢山抱えてきたが、最終的にはかなり恵まれた環境で暮らすことが出来ている。物事をはっきり口にし、感受性豊かで負けず嫌い、感謝の念を忘れず自らを正すことができ、努力家で我慢強く喜びを素直に表現できる。彼女をとりまく優しい人々や幸せな環境はそんな彼女の人柄のおかげなのだろうか。

  • 書簡形式で物語が綴られていく。
    生き生きとした日々の喜怒哀楽を、こんなにも正直にユーモアをもって告白する少女の手紙。受け取ったあしながおじさんもさぞかし楽しかったことだろう。

    ジュディの素直で個性的な感性のファンだったおじ様が、どのような心の変化でジュディを女性として愛するようになったのか、そこは描かれていない。終始ジュディの目線で語られてるから、おじ様の姿はジュディと同じように読者も想像力で描くしか無いのだ。
    ここにこの物語の面白さがあると思う。

    またこの作品には、人が正しい扱いを受けることの重要性をジュディの成長を通して観ることが出来る。
    人間が人間らしくあるには、心が生きていることが大切なのだ。金銭の多少ではなく、一人の人間として見てもらえることが何よりも大切なのである。

    ジュディはまだ少女ながら、自尊心と自立心を持った一人の人間であり、大学での生活を通してそれは立派に育っていった。
    誰かがそれを傷つけるようなことがあった時、たとえそれが敬愛するおじ様であったとしても、彼女は毅然と戦う芯の強い女性である。
    小さないたずらや逃亡でしかそれを発揮できなかった少女が、学ぶことで正々堂々と自身の言葉と行動によって、それを示すことができるようになったのだ。
    ジュディがあしながおじさんに心からの感謝と愛を捧げた理由は、ここにある。
    もしかすると、おじ様はそこに惹かれたのかもしれない。

    環境に揺らぐことのない幸福の芽を見出していく主人公の心の成長、という普遍のテーマが、孤児院て育った少女が、お金持ちの男性と結ばれるシンデレラ・ストーリーのベースになっている。
    この作品が長く愛される理由がここにあったのだ。

  • 学生時代に読んだのですが、あらためて読了しました。しんみりとした感動です。
    なぜあしながおじさんがジュディに顔を見せることができなかったのか、読了して初めてわかる展開です。そして、自分はもう学生ではなくなりましたけれど、学問にまい進するジュディの姿に、自分も学問の世界に再度浸かりたいと思う次第です。

  • 小学生以来の再読。当時の自分では理解できていなかった箇所も多かったのではと思う。細かい内容はすっかり忘れてしまっていたし。主人公ジュディと同じ年頃で読みたかった。

  • 読書部課題図書番外編その4

  • 孤児院育ちのジュディを、見ず知らずのお金持ちのおじさんが大学へやってくれるという。ただし、「月に1度手紙を書くこと」という条件付きで。
    この本は、ジュディが「おじさま」に送った手紙の数々で構成されています。
    好奇心旺盛で感受性豊かなジュディの書く手紙はユーモアたっぷりで飽きません。家具やドレスを新調したり、休暇を別荘で過ごしたり、紳士と素敵な時間を過ごしたり……。そこには、年頃の女の子のキラキラした毎日が書かれています。また、手紙のひとつひとつにおじさまへの愛が溢れていて、微笑ましくなります。
    読み終えた後には、きっとあなたもジュディを好きになっているでしょう。(um)

    蔵書なし

全226件中 1 - 25件を表示

あしながおじさん (新潮文庫)に関連するまとめ

あしながおじさん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あしながおじさん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あしながおじさん (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする