ゴールズワージー短篇集 (新潮文庫)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 増谷 外世嗣 
  • 新潮社 (1956年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102088029

ゴールズワージー短篇集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • デヴォンの男、敗戦、我等がために踊れ、もう一度、稲妻、先なるものと後なるもの、以上6篇。1900年から1914年までの短篇。素朴(言い方によっては「幼稚」)で、何かをまっすぐに突き付けてくるような彼の文学は、やはり魅力というべきでしょう。それから、耽美的、牧歌的なリリシズム。あとがきを参照しながら書いていますが、私もそのとおりだと思います。ゴールズワージーのことがとても好きだった時季があるのです。ひょっとしたら「永遠の愛の誓い」などというものを獏と信じていたのかもしれません、少し恥ずかしい気がします。ところが始末におえないことに、今でも「永遠の愛」を信じているのです。以前とは違う、もっともっと強固なものを、しかも誰にも知られぬように私の中だけにしまって。ゴールズワージーは、私にそれを確かめさせてくれます。

全1件中 1 - 1件を表示

ゴールズワージー短篇集 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴールズワージー短篇集 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゴールズワージー短篇集 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする