肉体の悪魔 (新潮文庫)

  • 665人登録
  • 3.63評価
    • (50)
    • (55)
    • (124)
    • (7)
    • (0)
  • 73レビュー
著者 : ラディゲ
制作 : 新庄 嘉章 
  • 新潮社 (1954年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102094020

肉体の悪魔 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 某作家さんがオススメしていたので、ずっと気にはなっていたけれど、内容もラディゲという作家も知らず、今の今まで。もっと早くに読みたかった!という思いと、今でないと理解できなかったところが多数あるのではという思いが混在しています。
    恋愛心理をここまで冷静に書けること自体が、異様というか偉業というか。恋愛に陥っている人間の心理を描写すること自体はどこまで珍しくもないと思いますが、全編を通して感じる、どこか冷めた視線がおそろしい。
    好きだとか愛しているだとか、好きだから触れたいだとか愛しているから守りたいだとか、そういう単純な仕組みになっていない人間の心の構造をよくぞここまでという風に説明されて、正直ぞっとしました。
    不道徳だとか、そういう次元では最早ない。
    他人の不幸が蜜の味だとか、そんなシンプルなことでもない。
    意地悪だとか崇高だとか、肉欲的だとか清廉だとか、そんな言葉では到底表せない、心の移り変わりをものすごく良く捕らえています。
    久々にがつんと脳天をやってくれる本に出会えて、空恐ろしいやら幸せやら。

  • あとがき(訳者)新庄嘉章さん曰く『年上の女性との恋愛,その場合の男性のエゴイズム,そのエゴイズムの犠牲となる女性の死』のお話で『少年から青年になろうとする最も動揺定めない過渡期の魂を,冷徹な目で凝視して』るのがすんごいとのことですが,そう表現されているほどありきたりな感じではありません。
    私はこれは優等生のお話として読んだので,俗っぽい設定ではあるけどリアリティがあったしすごく共感して面白かったです。主人公とマルトが共鳴したのはお互い優等生だからだと思うんです。それは戦時中だからだとか,子どもだから女だからという押さえつけではなくて,気質としてのいい子ちゃんがお互いを引き合わせたのではないでしょうか。そんでそういう2人は当然嘘つきなわけで(優等生はえてして嘘つきだと心得る!)だから疑心暗鬼にもなるけど,自分をだますのも得意なのであっさり幸福感得られたりしてね。どのみち地に足がついてないことに幸せを感じられるのは,優等生を育んだ土壌であるおうちってやつがどーんと後ろにあるからだよね。と改めて思いました。
    マルトが自殺するのは小説っぽくて,ちょっと盛り上げすぎな感じもするけど,男寡になったジャックを観察する主人公の様子に少年ならではの傲慢さがあって好きです。
    いかんせん,17歳でこれを書いたということには驚かずにはいられませんでした。愛とはなんぞやという問いの終着点にきらきらしたものを期待してる感には青さを感じるけど,それがかわいくもあったり。ほんと,他者との違和に支えられてる自分を俯瞰してるあたりに好感がもてる小説でした。

  • 友人に熱烈に薦められて読んだ一冊

    ロマンチシズムに溺れずして利己主義に溺れる。

    16歳にしてこの倒錯した価値観が凄い、そりゃあ夭折もするわな。

    原文の華麗な文体で読める人はきっと幸せだろう。

  • 自分の心理を(発見を?)何の常識にも定説にも預けずに描写しきってるの。作品の評価に年齢は関係ないけどやはり天才とは早熟の人をしていうのだと思うよ。ラスト数行でゴゴゴと音がしそうな程強くどうしようもなく流れる時流と諦念みたいなものに巻き込まれるのを感じた。いや「諦念」じゃないか…?うむ。 「自らを責める者の誠実さしか信じないというのは、あまりにも人間的な欠点である。」ドニーズもめちゃくちゃ面白かった。

  • 少年と年上の既婚者・マルトとの不倫劇。一人称で語られる主人公の心理や恋愛論に、16〜18歳でこの小説を書いた神童・ラディゲの主義主張が色濃く反映されているように思う。「幸福というものは、だいたいの利己的なものなのだ」「愛情というものは、二人の利己主義…」など、恋愛のエゴイズムを格言めいた表現により、物語を綴っていく。偏屈な青年像に、戦争の影まで感じさせ、10代が書いた作品として本当に恐ろしいまでのレベルだと感じた。

  • 『肉体の悪魔』2017.10.29

    『ペリカン家の人々』2017.10.29

    『ドニーズ』2010.6.1

  • 登場人物を全員張り倒してやりたい・・・この話をここまで高潔な文章で静謐に綴った著者が本当にすごい。
    しかも、内容がすべて主人公の少年の回想と独白というスタイルなので「相手が本当はどう思ってたのか」とか「本当のところはどうだったのか」とかが曖昧で何度も読んで色々考えるのも面白い。本当に主人公との子どもだったのか?それとも夫?彼女は最後に読んだのは主人公の名前?それとも子供の名前?
    それにしても、妊娠後期の女性を極寒の雨の中歩き回らせる主人公を本当に張り倒したい。それ以降彼女は体調を崩し、産後の肥立ちも悪くそのすぐ後に亡くなるので主人公のせいで彼女は亡くなっているのでは。だけどそれを、彼女は望んでたのかもしれない。

  • 読みやすい小説だった。内容は特にないというか、今だと「それが?」という感じになる内容なのだが、フランスの金髪美少年の話だと思うと楽しく読める。あと著者の名前がラディゲで、ラスボスぽくてカッコ良い。

  • 35年前の夏、この本を読んだのだった。

  • 友人に勧められて読んだ本。
    恋愛の心理描写のある本を読みたくて。
    全体の8割が内観的な文章なのに、
    しつこさを感じさせないラディケの文才に驚く。
    だらだらとなりがちな物語を、若くして書いたとは信じられない、人生を達観したラディケの一文が引き締める。そういう箇所が随所にあって、いちいち唸ってしまった。
    恋愛の感情の波をよく表現していると感心しつつも、あんなに情熱的になれるなんてタフだなと若干の尊敬がわく。まあ主人公にとっては、本当の初恋なので、その情熱に納得しつつ。
    後半は、この先どうなるのかとハラハラしつつ読み進めた。
    ラストが切なくて複雑な余韻を残す。
    フランス映画的な「人生なんてそんなもの」な終わり方だった。ビターだわ。

全73件中 1 - 10件を表示

ラディゲの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
梶井 基次郎
ドストエフスキー
ツルゲーネフ
ヘルマン ヘッセ
遠藤 周作
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

肉体の悪魔 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

肉体の悪魔 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

肉体の悪魔 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

肉体の悪魔 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする