夜の樹 (新潮文庫)

  • 1196人登録
  • 3.79評価
    • (129)
    • (128)
    • (202)
    • (11)
    • (1)
  • 139レビュー
制作 : Truman Capote  川本 三郎 
  • 新潮社 (1994年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102095058

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
村上 春樹
ヘミングウェイ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

夜の樹 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • これは春頃に読んだよしもとばななさんの「アムリタ」に出てくる小説で(と言っても会話にちらっと出てくるだけなんだけど)そのときに気になって購入したまま積ん読になっていたのだけど、冬の夜に読むのがとてもよく似合うような小説群だったので、結果的に今になって正解。
    短編集なのだけど、カポーティといえば「ティファニーで朝食を」しかわからないという拙い知識のなかで読んで、内容の暗さにけっこうびっくりした。
    でもずっしり重いわけでもなく、読後はさらっと流せるような、不思議な読後感。
    カポーティの短編って、“シュールレアリスムの言語化”みたいな感じで言われてるらしく、それを知ったらものすごく納得。
    私はよく奇妙な夢を見たときに「ダリの絵みたいな夢」と表現するんだけど、それに近い読後感だと思う。
    ストーリーがはっきりある短編もあるけれど、奇妙な夢に包まれてるみたいな短編もいくつかあった。
    不思議な世界に浸りたい人にはおすすめです。

  • 短編集。初っ端からオー・ヘンリー賞受賞作である「ミリアム」の世界観にどっぷりはまるはまる。一人静かに暮らしている妙齢の女性が出会った自分と同じ名前の美しい少女。果たして彼女は何者なのか?「誕生日の子供たち」も捨てがたい。古き良きアメリカの田舎町にやってきた風変わりな少女。知らず知らずのうちに彼女に影響されて行く住民たち。ラストが秀逸。

  •  トルーマン・カポーティ著。孤独な都会の未亡人の元に現れる少女「ミリアム」、汽車で同席になった怪しげな男女に迫られる「夜の樹」、見た夢を男に売ることになる「夢を売る女」、都会からホテルへと流れ着き精神が閉じ籠っていく「最後の扉を閉めて」、首のない鷹の絵から湧き出す幻想と狂気「無頭の鷹」、町に来た変わった少女が轢かれて死ぬまで「誕生日の子どもたち」、無謀な賭け事に挑む少年「銀の壜」、二人のおばさんに追い詰められ立て籠る「ぼくにだって言いぶんがある」、感謝祭の客として家に来たいじめっ子の起こす事件「感謝祭のお客」の9篇の短編が収録。
     とにかくまず文章が綺麗だ。特に色や光やガラスの描写では、右に出る者がいないほどの鋭い感性を発揮している。それはともすれば不必要にきらびやかという印象を与えるが、そこに孤独感・空虚感がまぶされると嫌みが消えてちょうどいい塩梅になる。ここまでは9篇全てに当てはまるだろう。
     更にそこに主要なキャラクターとして「子供」が追加されるとより美しい文章を純粋に受け止めることができるようになる。それは第一に子供の純粋さ(感受性の高さ・精神の脆さ)にカポーティのキラキラした感性が合致していること、第二にカポーティの作品に頻繁に現れる奔放な少女のわざとらしい言動が子供においてのみリアリティーを帯びてくるからだろう(だから私には「ティファニーで朝食を」のホリーが安っぽく映ってしまうのだ)。そういう意味で「誕生日の子どもたち」と「感謝祭のお客」が最も素晴らしいと感じる。
     ただ、それらとは別に「無頭の鷹」は文句なしに好きだ。終盤、部屋で蝶が舞うシーンの幻想性は尋常ではなく、「遠い声遠い部屋」を彷彿とさせる。そしてラストの暗喩的な雨の描写が強いインパクトを残す。

  • カポーティはいわば、アバラマとニューヨークというふたつの世界に引き裂かれている。
    ー 訳者解説にある通り、カポーティの二面性がひどく浮き彫りになった短編集。
    新潮文庫的にひとつ前の草の竪琴なんかはこのふたつもうまく混ざっていた気がするけれど、、、

    私はアバラマ時代のカポーティが好きだ。
    なので「誕生日のこどもたち」「感謝祭のお客」はドツボ。
    感謝祭にいたっては電車で読んで思わず泣きそうになってしまった。
    でもそれらはニューヨークで培われたような異端であり絶対の孤独であったりするうちなる闇を内包してこそ、楽しく悲しく響いてくるあたたかさだ。
    この二面性こそがカポーティの魅力なのだろうなと思う。
    まっすぐにズレた人間を描かせたらこの人に並ぶ人はなかなかいない。
    この魅力に取り付かれたら、この作家の作品が少ないことが悲しい。
    そして、本書に顕著だったが、翻訳に恵まれていない気がするのだ。。。
    草の竪琴は読み易かった。これは翻訳が良かったのだろうと思う。
    好みの問題もおおいにあるのだろうけど。
    確認すると新潮文庫で読めるカポーティ作品はすべて訳者が違う。ほほ〜

  • カポーティの作品は孤独や闇、閉鎖的な何かが物語の影に潜めている。
    心の繊細な部分ばかりでなく、それを前にして時には愕然とし、揺さぶられ、揺れ動く登場人物たちの描写は、自分がこれまでに模索や葛藤を重ねて生きてきて、漠然としてはいるが感じたことに通じるところがある。

    ″しかし、いまこの雪の降りしきる町の部屋のなかには彼女の孤独を示す証拠がいくつもあった。彼女はその証拠をもはや無視出来なかったし、驚くほどはっきりとわかったことだが、それに抵抗も出来なかった。(「ミリアム」より)″


    身体の力が抜けて立っていられないくらい、私のなかにあるさみしさの所以が、すっかり見通され、えぐり取られたような気持ちになり震えた。

  • 「誕生日の子どもたち」



    「ミリアム」も暗い雰囲気がいいかんじですき。

  • 翻訳されてる小説というのは、訳し方が合うかどうかっていうのが、面白いかどうかに影響するのだろうか。よくわかりませんが。
    短編集で、それぞれのお話が少し不気味だったり、不思議だったり、切なかったりしてて、どのお話も好き。読み返したくなったときには、通勤のときや喫茶店やカフェでお茶してるときに読もうかなあと思った。

  • 解説にもあるように前半と後半とで雰囲気が違います。どちらもストーリーに結末を求めてしまうとすっきりしないのは同じでしょうけど、前半は人物を覆う闇のようなものが感じられます。でも不快なものではなかったです。ミリアムなんて嫌な奴ですけど、不思議と読後感は悪くない。
    自分は前半の方が印象に残りましたね。不思議な不気味さが。物語としては「銀の壜」がよかった。どこか含みを持たせた終わり方がいいですね。安易に完結させるのは似合わないかもしれません。

  • なかなか最近、ぐっと 鷲掴みにされる小説に出逢えてなかったんだけど、これは魅かれた。文体も表現も内容も。

  • カポーティは2冊目。
    初めての短編集だったけど、どれも面白かったです。
    前半の5編は、現実と夢の狭間におけるファンタジーみたいな感じ。
    後半の4編は、ファンタジーではないフィクション。
    どれもちょっと暗く重い感じなんだけど、読後感はけっこうさっぱり。
    読んでよかったなーと余韻に浸りたい話ばかりだった。

    やっぱりこの重圧感は、カポーティの幼少時代が繁栄されてるんだな、と解説に書いてあったことに納得。

    私が一番好きなのは『銀の壜』
    クリスマス時期にピッタリの心温まる話でよかった。

    そしてキャラクターとして印象深いのは、
    『誕生日の子どもたち』に出てくるミス•ボビット。

    その他にも、いろんな人物が出てくるので飽きずに読めた。

  • ミリアム、夜の樹、夢を売る女、最後の扉を閉めて、無頭の鷹、誕生日の子どもたち、銀の壜、ぼくにだって言いぶんがある、感謝祭のお客

  • アメリカ現代文学って匂い。
    冷血を読んでみたい。

  • 『ティファニーで朝食を』(新潮文庫)に感銘を受けたので、カポーティ初期の短編集である本書も読んでみました。

    なんだか前半と後半でえらく雰囲気が変わっているように思われます。前半はちょっと薄ら寒いような、捉えどころのない作品。後半は子どもが登場する作品が多く、一筋縄ではいかないまでも、読みやすい。

    どの作品もきわめて完成度が高く、特に前半の「怖い」系のお話からは、あと少しで狂気に突入しかねないギリギリのところで絶妙にバランスをとっているかのような印象を受けます。「無頭の鷹」のラストに至るくだりなど、支離滅裂のようでありながら、決して違和感がありません。

    いずれにしても『ティファニー』とは少し毛色の違った作品集です。こちらは独特の雰囲気というか暗さがありますので、そこに惹かれるかどうか。読者によって評価が分かれそうな気がします。

  • ミリアム、あなたに出会ってわたしは、歳をとるのも悪くないわと思いました。

  • 「マスター・ミザリー」彼の声は、小さな虫のように次第に小さくなっていった。「マス、ター、ミザ、リー」
    2015/02/23-03/06

  • 初めの「ミリアム」がまず不気味。
    話にはっきりとしたオチを求めてしまうと「それで? それからどうなったの?」と不完全燃焼で終わってしまう話が中盤に続いててなかなか読み進められなかったけれども「誕生日のこどもたち」から急にわかりやすい話になっていたと思う。
    いっきに読むには気が滅入りそうな悲しい話の詰め合わせだった。

  • 第4週、第5週の放送では、父・幸三の闘病、逝去でカフェに行く機会がなかった真琴にも、ようやく読書の日々が戻ってきました。第26話(12月9日放送)に登場したこの本は、O・ヘンリ賞受賞作「ミリアム」を含むカポーティの傑作短編集。“恐るべき子供(アンファン・テリブル)”と呼ばれた早熟の天才の代表作です。どちらかと言えば『ティファニーで朝食を』が似合いそうな真琴ですが、さすが読書家だけあって、カポーティ文学のダークな部分もしっかりと押さえていますね。

  • 恐るべき子供カポーティだけど、いくつ読んでもなぜかスッと話が入ってこない。孤児、孤独、閉ざされた部屋、ドッペルゲンガーのイメージは確かに彼独特のものだけど、登場人物の所作や興味の対象が自分にとってのそれとは少しずれているのだろうか。または文章がアメリカ文学にしてはお利口にまとまっているからだろうか。いずれにせよ、フィッツジェラルドの方が好きです。

  • 9篇収録の短篇集。主人公は、孤独な大人か、無垢な子供。孤独な大人は無垢だし、無垢な子供は孤独なのかもしれない。「感謝祭のお客」の無垢な憎悪は身に覚えがありすぎて胸がしめつけられるような気分。最初の「ミリアム」から「無頭の鷹」までの5作は同じモチーフ。孤独をこじらせて、自分の内と外の境界が曖昧になってしまう。とても好きな世界観だ。

  • 「最後の扉を閉めて」と「無頭の鷹」は圧倒された。

  • これまたカポーティ

  • 2014年1月3日読了。

  • ぞっとするくらい美しい文章を、存分に味わえる。しとしと降る雨の日に見つけた、子猫のように美しい。

  • 短編ひとつひとつが、
    感慨深い情景を描いていた。

    この作家の本はできる限り読んでみたい。

全139件中 1 - 25件を表示

夜の樹 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜の樹 (新潮文庫)に関連するまとめ

夜の樹 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜の樹 (新潮文庫)の作品紹介

ニューヨークのマンションで、ありふれた毎日を送る未亡人は、静かに雪の降りしきる夜、と名乗る美しい少女と出会った…。ふとしたことから全てを失ってゆく都市生活者の孤独を捉えた「ミリアム」。旅行中に奇妙な夫婦と知り合った女子大生の不安を描く「夜の樹」。夢と現実のあわいに漂いながら、心の核を鮮かに抉り出す、お洒落で哀しいショート・ストーリー9編。

夜の樹 (新潮文庫)のペーパーバック

夜の樹 (新潮文庫)のマスマーケット

夜の樹 (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする