ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)

  • 543人登録
  • 3.75評価
    • (51)
    • (64)
    • (90)
    • (7)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : C・ブロンテ
制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社 (1954年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102098028

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ペーパーバックであらすじは
    知っていたので、邦訳版読んだ
    感想としては……キリスト色濃いかなぁ、
    というかんじです。

    "輪廻転生"とか"因果応報"はすっと馴染めるのに、
    "汝の隣人を愛せよ"と言われると、え…と
    思ってしまうのは、……ん〜、
    …………無宗教な生活でも、根っこは仏教なのか。。。

  • 下巻です!

    (上巻のレビューでも書きましたが)二十歳くらいのときに大好きな小説だったのですが、下巻を再読してみてびっくり。
    私ってこんなにロマンチストだったの?!
    たぶん、ジェーンエアが一番好きな本だと公言していた時期もあったと思う・・・
    今読んでもときめく本だとは思うけど、こんな恋愛に憧れていたのかしらと、違う意味でとても衝撃的でした。
    若かったのだなあ~

    あっ、先日読んだレベッカといい、大久保さんの訳最高です☆



  • 後半は一息に読みきったー!
    自然情景の細やかさが好きです。
    内容的には日本の作家さんで例えるなら有吉佐和子さんかなぁ。
    幸せの形が嵐が丘よりはこちらの方が共感しやすかったかも。
    ごめんよエミリさん!
    とはいえ、嵐が丘も随分前に読んだからまた読み返してみようかしらん。

  • ロチェスター氏との結婚式の日、式場では意外な事実が暴露される。不気味な女の哄笑、引き裂かれたベール......。狂った彼の妻の仕業だった。屋敷を逃げだし、荒野をさ迷うジェーンは牧師の家族に救われるが、ある晩、闇の中から彼の呼ぶ声を聞く。その声に導かれて戻ったジェーンは、失明し不自由な身となった彼と再会し、結ばれる。女性のひたむきな情熱をあざやかに描いた自伝的作品。(裏表紙より)

  • 2009/11/16

  • 最後は奇跡に近いけどハッピーエンドになれて良かった。
    ジェーンよりもロチェスターの方がかなり悲惨な目にあってて気の毒だったけど、ジェーンが戻った事で以前のような明るさを取り戻せて何よりでした。あと、セント・ジョンは聖職者としては優秀でも人間味の無さがジェーンへの告白で際立ってたかな。

  • 2013年11月3日読了。

    映画を先に観てると、短い映画の中で一人の女性の人生を描くのって無理があるのだなぁって、原作を読んで思った。

    原作を読むと結構大事なキーポイントが映画でははしょられてたね。
    ジェーンの従兄の事とか、エドワードの奥さんのお兄さんが、なんで結婚式の邪魔をしようとしたのか・・・とか。

    下巻はより宗教色が強くなって、なかなか難しかった。
    宗教色が強い割には不倫の話だものね。
    そりゃ、当時はセンセーショナルな受け止められ方したはずだよ。

  • 涙がちょちょぎれました。

  • 読了。

全51件中 1 - 10件を表示

C・ブロンテの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
谷崎 潤一郎
遠藤 周作
デュマ・フィス
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)に関連するまとめ

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする