大地 (4) (新潮文庫)

  • 317人登録
  • 3.84評価
    • (39)
    • (33)
    • (48)
    • (4)
    • (1)
  • 29レビュー
制作 : 新居 格 
  • 新潮社 (1954年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102099049

大地 (4) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国は、やっぱり人治国家なんだなあと思う。

  • 大河ドラマ的な三世代にわたる中国の一族の物語。第一部の王龍は大地というタイトルそのままに大地を耕し大地に根を張り一族の礎を築く。女によろめく人間臭さも魅力にさえなる。その息子で一番目立たなかった三男の王虎は力による出世を追い求め地方軍属にのし上がるが、時代の変わり目についていけず息子の王淵はその跡を継ぐ事は望まない。王淵は沿岸の都会でトラブルに巻き込まれなし崩し的にアメリカに留学する。アメリカの生活は彼を変えようとするが彼は自分の中の祖国に目覚める。祖国に戻った王淵は辛亥革命後から共産党の躍進の時代に祖国の役に立とうとする。その傍らに立つのは中国人としての芯をしっかりと持ちつつ新しい時代を自らの手で掴みとる心持のしっかりとした美齢だった。

    とても面白く読めた。登場人物の個性がはっきりしながら時代の移り変わりに翻弄され、ていくこの時代の中国の人々の一面がよく描かれている。最後に単純に大地に帰って農業に戻るという安直さでは無く、そこに住む人や文化も含めた大地との向き合いというところが印象的。

  • 2013.3.10 読了

  •  王龍からはじまる王家の長い歴史は、息子王虎の長男、王淵の恋が成就したところで終わる。王龍の赤貧時代から地方の富豪に成り上がるまでの前半が面白い。息子王虎が地方の将軍になることで、更なる野望を息子へ託すのだが王淵の生きる新しい時代が到来し、昔から続く生活は激変する。どんな時代が来ても大地は不変である。すべての苦難は大地の上を通るにすぎない。王家の人たちの歴史もまた然り。

  • 時代背景がわかってはいるのだが、はっきりした名前を出さないためにどの部分か少々混乱。新しい都とは南京でしょう。
    でも名前をはっきりさせないところが、童話的な要素を強くさせている。
    やはり面白かったのは最初の方だが、中国人の一家の考え方が勉強になった。
    これで今年の読書終了。ノルマ達成できてよかった。

  • 王淵の自己中心的にも思える感覚にはついていけませんでしたが、世の中が革命という名のもとにどんどん変化していく様は伝わってきました。

  • この時代は中国のいつがモデルなのか、ワイルド・スワンの祖母の話の直前くらいだろうか?
    そこがはっきりしたらもっと流れが見えるのにな。
    最後の最後に出てくる猛のいう「更なる新しい革命」こそが毛の率いる中国共産党なのだろうか。
    それとも、その前の袁世凱のことなのか?
    新首府ってどこ? どこがモデル?

    う~ん、そこだけがもやもや。

    で、正直に言うと、淵と美齢とか、どうでもいい。
    もっと大河の流れで話を進めてほしかったね。

  • 一巻から還り見ると,時代がみるみると進んでいる.
    この歴史の流れを,読んでいるだけで感じることができるような,そんな印象.

    ストーリーとしては,王龍の孫の世代,若者の話.昔は昔で,親に決められた一生で苦労があったが,時代とともに若者は別の苦悩に振り回されている.

  • 王虎の息子、淵が身勝手なことばかり考えて、
    親や周りの人の気持ちを全く考えない、ワガママな人間だと
    読んでいて腹立たしく思うのだが、

    中国特有の気持ちを極端に表現する国民性を差し引いて考えると、
    自分が生きてきた中で、親や周りに対して
    淵と同じように振る舞ってきたのではないかと、思ってしまう。

    自分は常に正しく、周りは間違っている。
    人は誰でも、そう考えてしまう傾向があることを、
    忘れないよう、謙虚に生きたい。

  •  最終巻、王龍の孫特に三男王虎の子供王淵が中心となっている。この4巻目になって「土」からますます遠のきながらも、中国「大地」を広い視野から見ているように思う。一端外国へ飛び出すとその国の良さが見えてきても、時間が経過するにつれ、再び母国を美化していく淵は、今日にでも共通しそう。
    かつての中国の近代化への変化の時期、女性が教育を受け、有職者となり、結婚の自由へと移行するなかでも、やはり変わらぬ中国がある。淵が帰国直後に汽車の中で給仕の布巾の汚さに嫌悪したが、一二年もするうちに辛抱できるほど麻痺してしまう。意識を変えなければならない人口が多すぎる。新政府は太陰暦から太陽暦に新ため新暦の新年祝賀を命令したが群衆は動かない。日本は新暦正月だが、中国は今でも旧暦正月、こんなことからも文革といった極端なことをしない限り、中国は変わらない国なんだと理解できる。
     淵の愛する美齢こそこれからの時代を生きていく中国人の象徴のように思えた。
     全編にわたって中国の家族観がわかった。4編目になるとパールバックの生きた時代とかさなるからなのか、勢いがなくなってきたように感じた。

全29件中 1 - 10件を表示

パール・バックの作品

大地 (4) (新潮文庫)に関連するまとめ

大地 (4) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大地 (4) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする