武器よさらば (新潮文庫)

  • 384人登録
  • 3.36評価
    • (10)
    • (29)
    • (86)
    • (3)
    • (0)
  • 30レビュー
制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社 (1955年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102100035

武器よさらば (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 一度別訳を手にとって50頁ほどで挫折したのが、訳を変えたら面白いほどするすると読み進み結構分厚かったのに2時間ちょっとで読み終えてしまった。ゴリゴリの戦争小説と思いきや恋愛と半々ぐらいで驚き。キャスは鬱陶しいほど女々しかったけど男性はあぁいう女が好きなのだろうか…?妊娠してるのに平気でお酒飲んだりするし…どうなんだろう。最後はさすがに悲しかったけど…ヘミングウェイはまだ2冊目ですが、なんかあまり掴めないところがあり、でもその掴めないところに私の理解できてない男心があるのかな、なんて考える。

  • 同氏の長編小説の中で、超有名な作品の一つです。

  • 恋人と生きるために戦場から脱走し、ドイツからスイスまで逃げる。
    死と隣合わせの中。必死に生き延びる。
    主人公は、爆風により負傷し病院に入院するなどの状態になるが回復する。
    キャサリンと子供は出産時にともに死んでしまう。
    悲しい話。
    最後に妻と子供がなくなる場面がとても切ない

  • キャサリンが悪いわけではないが、
    (むしろ空気が読める良い女性だと思う)
    キャサリンがいない場面の方が面白いと感じた。

    戦時中の緊迫感をジョークを交えてやりとり。
    男の虚栄心というか。
    (またそれが男のすべてであったりする)

    キャサリンがいる場面は他愛ないヤリトリが行われる場面であって、
    基本的になんの起伏もない日常の描写になっている。
    他人の単純な幸せは他者にとってはつまらないものなんだろう。

    中盤の戦火の中での主人公ヘンリー視点の描写を楽しみつつ。
    結末は圧倒的な虚無感に転身する。

    【そのお話はどれだけ優しい物語か?】

    キャサリンは誰のために死んだか?
    キャサリンを生かしますか?死なせますか?
    この命題の投げかけを受けた。

    今そこにいてくれる大事な人を大切にしてくれよ。と。
    粗暴だけれども。そういったメッセージを感じた。

    戯曲仕立てでない訴えがあった。

  • 内容の詳細は忘れた。
    第一次大戦の最中、至極一般的主人公(衛生兵)が看護婦と恋愛をしていく。戦争の下らなさからスイスへ看護婦と旅立つが、妊娠した看護婦は帝王切開の手術の末死んでしまう。そんな感じで終わった。
    ヘミングウェイの本では、戦争関係の描写が多いが、俺はそういった点に感情移入が出来ない。良い小説は後世まで残るものだが、時が経ればそれだけ、理解出来ない部分も出てくるものなのだろう。
    しかし、なぜだかヘミングウェイの情景描写は好きなんだよな〜。翻訳文が上手く俺の琴線に触れているのだろうか。

  • 野戦憲兵隊に捕まる前後から面白くなってきた。戦争を憎み、恋人を愛した青年は、戦いからは逃げる事はできても恋人との死別からは逃げられなかった。戦争では幾千万もの人々が本人の意思に反して殺されていくが、一人一人はそれぞれの人生があるわけで、亡くなってしまった恋人と重ね合わせながら、人の命のはかなさ、かけがいのなさ、ということを痛感させられた。

  • 『老人と海』に引き続き、またしても敗北の物語。いったい彼は何と戦っているというのか。
    武器をとらなければひとが死なないわけではない。たとえ武器を捨てても、ひとは死ぬのだ。抗えぬ宿命。
    ひとの命が駆け引きされる中、まるで何事もなかったかのように流れることば。価値観をとことん殺して描かれる戦争。その中で織り成される愛というもの。
    燃えるような激情をあえて書いてみせないようにし、あたかも客観を貫いているようにみせている。
    だが、徹底して観察者に徹しているようで、彼は愛を持ち出すことで結局は反戦している。それも戦争と愛を交互に織り成すことで。戦争でのことに何も価値がないのだとするなら、なぜ愛には価値があるというのか。純粋な観察者だとするなら、どうしてキャサリンの死体にすがる姿にどうしようもない重苦しさを感じてしまうのか。道徳という問題は実にやっかい。

  • 政治的な思想も、厚い信仰心もない、ごく平凡な主人公に降りかかる不条理な現実。主人公の軽さ、ごく普通の人間が持ち合わせている軽さ、と厳しい現実との対比がショッキングだった。

  • ヘミングウェイといえば『老人と海』。
    その『老人と海』で見られるヘミングウェイならではの表現力や作品の雰囲気については、この『武器よさらば』で既に確立されていたというのをどこかの書評で聞き齧り、それならばと手を伸ばしてみました。

    読んでみたところ、うーん魅力がイマイチ分からん、というのが正直なところ。
    第一次大戦でイタリア軍に衛生兵として従軍していたアメリカ人男性と、戦地で篤志看護婦として働いていたイギリス人女性との恋愛を中心にして話が展開します。途中、主人公であるアメリカ人が負傷し治療を受ける時期の描写や、彼が戦列に復帰した後に退却を余儀なくされた際の退却風景、恋人であるイギリス人女性を伴ったスイスへの亡命の場面など、見どころは多々あるし、その都度、その情景が読み手にも見えてくるという点では鮮やかな小説なのですが、やはり時代が時代なだけあって、今の時代に読むと臨場感を感じるとまではいきません。
    しかし、それは戦争というものを皮膚感覚で知らない読み手側の問題でしょう。この小説が発表された時代においては、「この主人公と自分は同じ運命を辿っていたかもしれない」「この作品に出てくる人は、私の友人の彼/彼女のことかもしれない」という現実味とともに、読者に強い臨場感と既視感を抱かせた作品だったのだろうと思います。

    第一次大戦時の風景や文化、生活を読みたいと思ったなら、手に取ってみると面白いかも知れません。

  • (1966.03.31読了)( 1964.07.07購入)
    (「BOOK」データベースより)
    苛烈な第一次世界大戦。イタリア軍に身を投じたアメリカ人青年フレドリックは、砲撃で重傷を負う。病院で彼と再会したのは、婚約者を失ったイギリス人看護師キャサリン。芽生えた恋は急速に熱を帯びる。だが、戦況は悪化の一途を辿り、フレドリックは脱走。ミラノで首尾よくキャサリンを見つけ出し、新天地スイスで幸福を掴もうとするが…。現実に翻弄される男女の運命を描く名編。

    ☆関連図書(既読)
    「日はまた昇る」ヘミングウェイ著・大久保康雄訳、新潮文庫、1955..

  • 最後のレストランのシーン。文学的離れ業だわ。

  • 久しぶりの再読。
    残酷な悲劇的結末の余韻に浸る…。

  • 学生に戻った気分で読んでみた。最後の突き放される感がたまらない。

  • 武器よさらば。
    最初は戦争の話しだけだと思っていたけど、そこには真の恋愛があった。
    ただ側にいれるだけでいい。
    婚姻届のような形式ばったものなんかいらない、2人の中に愛さえ存在してれば。
    雨が降ったら思い出す、そんな作品。

  • ラストのヒロインの姿は胸を打つが、「これが歴史に残る名作なのかぁ?」という感じだった。ただ、何だかじわっとしたものが記憶に残るし、物語の展開(緩急の変化)はなかなかすごい。

  • 第一次世界大戦を体験し、そのた体験をもとに書かれた小説がヘミングウェイの『武器よさらば』である。
    十年くらい前に読んでいた本を、久しぶりに再読。

    第一印象:アメリカ人、常に酒飲んでる。
    主人公はアメリカ大使の息子ながら、イタリア軍に従軍しているアメリカ人衛生隊員ヘンリー。
    話の舞台はイタリアであり、なので常に酒を飲んでいるのは主人公だけではなくてイタリア人もなのでしょう。
    病める時も健やかなる時も、愛する時も哀しむ時も、傍らには酒。
    そこは別に突っ込むべきところじゃないんでしょうが、日本人としては違和感がありました。やっぱり文化が違うんだなあ、と。

    文化の違い、と言えば、翻訳ものの小説にはいつでもそれを感じずにはいられません。
    一度日本語に翻訳されているのだから、どういう意図をもってその言葉が紡がれているのか分からなくなる。
    その二度の言語変換が感情をダイレクトに使えてこなくて、どの文章を読んでも淡々としたものを感じてしまいます。でもそれが、作者が伝えたかった虚無感なのか、単に翻訳の弊害であるのかが自分には読みとれない。

    もう一つ感じたのは、『戦争』というものへの認識の違い。
    自分は日本人です。なので、自分が身近に(と言うのもおこがましいですが)感じる戦争といえば、太平洋戦争か、もっとずっと遡って関ヶ原の戦いです。
    つまり、兵隊以外も常に死の恐怖に怯える戦争と、もっと原始的な武器しかなく、長引かない戦です。

    この小説の中にあるように、前線では銃によって人がどんどん死んでいる。でも、飛行機や自動車等はそんなに発達していないので、ちょっと前線から退くと、バーで酒を飲んだりビリヤードしたり出来る、という事態が、自分の『戦争』についての認識と違って不思議でした。
    日露戦争や日清戦争は、こんな感じだったのでしょうか。
    まあ主人公は金持ち権力持ちの設定だったので、高級ホテルに泊まったり娯楽品をどんどん買える身分だった、ということも十分影響があると思いますが。

    ちなみに『武器よさらば』というタイトルから、自分は「戦争反対! 武器なんか持たなくなれば幸せになれるんだ!」という話を想像していましたが、そんな話ではありませんでした。
    最後がちょっと意外です。

  • サクサク読めずに失速してしまった。とりあえず途中まで読んでそこまで引きつけられなかったので、またいつか読みたい。

  • あんま中身を覚えてないんだよな・・・闘牛士のアレだっけ?

  • もう、もう……!

  • 今更ながら読んでみました。
    戦争に引き裂かれた2人の、暖かくも悲しい物語。
    古代精霊後的な貴族口調に目をつぶれば◎

  • なんかどうしてもヘミングウェイって馴染めない。

  • 終わり方があっけなくて、逆に印象的。

  • ヘミングウェイっていいですね。雨がキーワードです。始まりも終わりも雨

全30件中 1 - 25件を表示

武器よさらば (新潮文庫)に関連する談話室の質問

武器よさらば (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武器よさらば (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする