日はまた昇る (新潮文庫)

  • 198人登録
  • 3.31評価
    • (7)
    • (11)
    • (52)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社 (1990年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102100059

日はまた昇る (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1990年 読了

  • 同氏の超有名な作品の一つです。

  • この小説は、インポな主人公ジェイクと淫乱な元恋人ブレット、その他の男達幾人かがヨーロッパで酒を飲み飯を食い喧嘩して釣りをして闘牛を観るだけの小説である。

    ドル高を背景に、ジェイク御一行はヨーロッパで自由を謳歌する。だけど、何を飲み食いしてもどこに行っても主人公のジェイクが感じることは、倦怠と諦念ばかり。若者であるジェイク御一行はワクワク感を求めて酒を飲み飯を食い闘牛を観る。顔だけが魅力のブレットを巡って男達は喧嘩し競い合う。だけどジェイクは、それらの狂騒が短期的なもので、すぐにつまらなくなってしまう事を知っているんだね。だから小説も倦怠感を伴って淡々と進んでいく。

    ゆとり世代として、物の溢れた現代大学生である私にとって、ジェイクと小説の持つ倦怠感と諦念は、共感を伴って読み進める事ができた。

    好きな文を2つ抜粋
    「きみは、人生がどんどん過ぎ去ろうとしているのに、その人生をすこしも上手く使っていないと感じる事はないかね?もう人生の半分が過ぎてしまったと感じてギクリとすることはないかね?」

    こういうものなのだ。女を、ある男といっしょに旅に行かせる。女にまた別の男を紹介し、そいつと駆け落ちさせる。今度は、こっちが出かけて行って女を連れ戻す。電報には、「愛を込めて」などと書く。こういうものなんだ。

  • 第一次世界大戦の戦場はほぼヨーロッパだったため、出征した兵士たち以外はあまり戦争を実感することなく戦争を終えることになる。
    主人公のジェイクをはじめとして、多くのアメリカの若者が戦後をヨーロッパ(特にパリ)で無目的に過ごしている。
    毎晩毎晩酒を飲み、何者かになろうとしながらなれずにいる。

    アメリカは国土が戦場になっていないから、主人公たちが(作者が)生と死の淵ギリギリのところから帰還してきた祖国は、あまりにも生命に対して無防備に思えたのではないか。
    食べたいものを食べ、したいことをする。
    自分たちは何もリスクを負わずに、あっけらかんと生きている人たちに対する嫌悪感。
    結局自分たちだって、食べたいものを食べ、したいことをしているのに。
    自分たちは生と死のはざまを見てきたことは免罪符になるというのか。

    このままでいいと思ってはいないのだろう。
    その焦燥は確かに感じられる。
    けれど何をやってもきっと「それで?」という問いかけが心の中にあるのだろう。
    「どうせ死ぬんだし」と思いながら、なにかに人生をかけられるほど、人は強くないのだ。

    刹那に生きてしまう弱さと、易きに流れる怠惰と、生命に対する諦観。
    その中で何かをなしとげたいという狂おしい思いを熱く感じ、大嫌いなこういう自堕落な生活をも割り引いて見てあげようという気にもなる。(何者?)

    闘牛のシーンはとても面白く読んだのだが、純情な19歳の才能ある闘牛士ペドロ・ロメロを、思いつきで駆け落ちさせた挙句に捨てるブレットが本当に嫌い。
    真剣に牛と闘っているのに痴話げんかに巻き込んで怪我をさせて、けろりとして駆け落ちだもんなあ。
    それが34歳大人の女のすることか?
    「お金持っていないので迎えに来て」ってジェイクに甘えるところも怒髪天だ。

    それに引き換え、スペインに行く途中の山の中で釣りをするシーンは好き。
    リュックにサンドイッチとワインとみみずを詰めて、涼しいうちに釣りをする。
    暖かくなったら樹にもたれてひと休み。本を読んでもいいね。
    そしてお昼ご飯を食べたら少し昼寝をしてから山を降りるのさ。

    ただし、「鱒」を釣ったらしいのだが、それがとても違和感。
    アングロサクソン人はわからん魚は全部鱒だからなあ。
    「鱒」といえば小型の「鮭」みたいじゃない?
    「やまめ」とか「いわな」とかせいぜい「ニジマス」とか「サクラマス」みたいな魚に置き換えて読んでました。

    あと、発表当時の小説の饒舌な文体からしたら確かに簡潔な文体だけれど、いまどきこれをハードボイルド・スタイルというのだろうか。
    「さらば愛しき女よ」を読んだ時も感じたけど、意外とハードボイルドって文章のお行儀がいいのかしら?
    いまどきの普通のエンタメ小説に、ハードボイルドな文体が結構あるような気がするのだけど、大きなこと言えるほどハードボイルドを読んでいないからなあ。

  • ・・・・どうでもいい、かな。無知のゆえに「日はまた昇る」の意味をもっとプラス思考に捉えていた。伝道者の書からとは思わなかったね。だったら神に帰れよな。

  • ロスト・ジェネレーション

  • 「ロスト・ジェネレーション」とか呼ばれる世代の代表的作家、ヘミングウェイの処女長編であり、初期の代表作。

    ヘミングウェイの作品を読んだのはこれが二冊目だけど、「ハードボイルド・スタイル」っていうのかな?この独特の文体は、凄く人間の本質だとか世界の本質を語っているように思える。

    受け止め方はそれぞれなんだろうけど、背景知識があったならもっと面白く思えたのかなって。思う。

    タイトルは、旧約聖書「伝道之書」の中の一節から付けられたらしいね。
    そういうことを知れば、それだけで、ただ単に人間の狂った部分だとか、歪んだ情熱だとか、本能的な欲みたいな、それだけを描いた作品ではない。ってことが分かってくる。

    少し話はズレるかもしれないけど、もっと自分は、「内心の掟」みたいなものを持たないといけないな、って。

    自分の世界、自分の掟、それにしたがって自分の行動を律しなきゃな、って。
    それはただ単純にわがままに生きようとかではなく。もっと深く。考えなきゃな、と。
    そしたら傷つくことも沢山あるんだろう。けど、それでも自分に嫌気が差すことはないな、って。少しの確信がある。

    そんなことを考えさせられました、と。

  • 作品の感想とは何も関係ないかもしれないけれど、
    そしてこれは私が空腹だったことと大いに関係あるのかもしれないけど、
    ヘミングウェイが描写する食事のシーンがどれもこれもおいしそう。
    スペインではスペインの、パリではパリの、
    晴天には晴天の、肌寒さには肌寒さの、
    それぞれのシチュエーションにぴったりの食事。
    薫りも味も肌で感じられるようで、
    目の前でそんなうまそうなものちらつかせやがって。
    こっちは腹が減ってるんだよ!と言いたくなってしまう。

    この作品が、どういう位置づけであって、
    ヘミングウェイにとってどんな意味があったのか、
    そのことを他で学んでから読んでみて良かったと思った。
    そうでなきゃ、この時代の雰囲気や文学のことを知らない私には、
    意味の良く分からない小説だったと思うし、
    ジェイクが性的に不能になったということすら理解できなかっただろう。
    全体的にヘミングウェイに好感をもった。
    最後の台詞が明るくて切なくて。すごく素敵だと思いました。

  • 今回でこの作品を読んだのは二回目。
    だけどなぜだろう、前回読んだ時よりも
    あまり心に響いてはこなかった。

    前回読んだ時よりも、ヒロインのブレットに
    魅力的に感じなかったから、というか、
    主人公達に共感を持てなかったののが原因かな。

    一見自由で、幸福に満たされているようにみえる登場人物達が、
    実は全然満たされていなくて・・・。
    彼らの心の中には常に虚しさや孤独、
    苛立ちがつきまとっている。

    しかし、ジェイクとビルがのどかに釣りを楽しむ場面と
    それぞれ鬱屈した想いを抱えている登場人物達が観戦する
    熱気と迫力あふれる闘牛の場面の描写は素晴らしいと思う。

    それにしても・・・よく飲むなぁ。
    闘牛士のロメロ以外の主要人物全員が
    水の代わりに酒を飲んでる感じ。
    まるで心の渇きを癒すかのように、
    登場人物達は皆、酒を飲み続ける。
    そんな乾いた空気が立ち込めている小説を
    読んでいる私まで、むやみやたらとビールが飲みたくなる。

全18件中 1 - 10件を表示

ヘミングウェイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
フランツ・カフカ
村上 春樹
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

日はまた昇る (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日はまた昇る (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする