誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)

  • 547人登録
  • 3.49評価
    • (32)
    • (48)
    • (108)
    • (12)
    • (1)
  • 37レビュー
制作 : Ernest Hemingway  大久保 康雄 
  • 新潮社 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102100073

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 巻頭18章のロバートの回想・独白は長かったーw

    アグスティンのキャラ立ちは下巻で冴えるなー
    「淫売」と書いて「じごく」とルビ振るとは。

    戦争というものが持つ根源的な苦しみ、
    味方とは、敵とは。殺しあう者同士がそれぞれ、人間であるという事。
    が、下巻では印象的だった。

    ロバートとマリアのいま、いま、いま。
    そして「いまきみはぼくでもあるんだ。ぼくはきみといっしょなんだ。そこに、ぼくらがふたりともいるんだ」
    やっぱり、ヘミングウェイの中には「女」の部分があると思うなぁ…

  •  やはり緊迫した展開が多くなったせいか上巻よりも楽しめた気がする。相変わらず小難しい印象は変わらなかったが

     おそらく私の理解力が足りないからだろうが理解できない部分が多かった。そのせいで何故橋を爆破しても既に無意味なのか、何故ロバートはしつこく自分に話し掛ける癖があったのかという疑問が残ったままだった。
     しかし、それでもこれが名作と呼ばれる理由が少し見えた気がする。作品の中で徹底されていたのは戦争狂を出さないことではないかと私には思えた。誰もが各々の事情や信念を掲げて戦争に参加している。あのマルティでさえも銃殺狂と呼ばれているが、自分の信ずる行為を貫徹しているつもりなのだ。

     これだけの激しい戦闘であろうとも戦争全体から見れば開戦の端緒にしか過ぎないというロバートの独白が強烈な衝撃を与える。
     本書を更に理解するには更なる知識の追加と、実写映画でどのように描かれているのか確認する必要がある気がした。映画ではあの長いモノローグはどうなっているのだろうか。少々興味が沸いた。

  • 『ゆえに問うなかれ、誰がために鐘は鳴るやと。そは汝がために鳴るなれば』

    いよいよ作戦実行に移るとき敵の動きが予定と違うことに気づき味方に作戦中止要請の文書を送るが時すでに遅く、主人公も仲間たちも戦争の闇に飲み込まれていく…

    人がたくさん死ぬが死ぬ場面など非常にあっさりしている。本来死とはこんなものかもしれない。
    生き延びられないことを悟ったロバートがマリアを逃がす時に『いつか一緒にマドリードにいこうね、2人は一緒だよ』というシーンが切なかった

    ハッピーエンドでは終われず敵にも味方にも大切な誰かがいてそれでも死んでいく。

    戦争は次は誰のために弔いの鐘を鳴らすのだろうか。

  • (2017.04.16読了)(2006.11.03購入)(1996.07.30・43刷)
    以下読みながら書いたメモです。
    下巻を読み始めました。
    第18章を読み終わりました。
    スペイン各地の状況が書いてありますが、わけがわからなくなってきましたね。
    橋の爆破の実施までたどり着くのでしょうか? 心配になってきました。

    第27章まで読みました。以下ネタバレが入りますけど、お赦しを。
    ロバートの前に一人の騎兵が現れたので、射殺しました。雪道に残った足跡をたどって仲間の騎兵がやってくる恐れがあるので、パブロが騎兵の乗ってきた馬をべつの方向へ連れてゆきました。案の定、何人かの騎兵が現れたのですが、どこかに行ってしまいました。打ち殺すこともできたけど、大勢の軍隊を呼び寄せることになるので隠れて見ているだけにしました。
    ところが、近くの別のグループ(つんぼおやじ)で撃ち合いが始まってしまいました。橋の爆破の後、逃げるための馬が不足していたので、敵陣から奪ってくることになっていたのですが、奪って逃げたときの雪道の足跡をたどって見つかってしまったようです。心情的には、ロバートたちも助けに行きたいところですが、橋の爆破の件があるので、行くことができません。つんぼおやじの率いる部隊は、壊滅しました。
    これでますます橋の爆破は難しくなりました。

    第38章まで読み終わりました。下巻の3分の2ぐらいのところです。
    夜明け頃に橋の爆破に出発という2時間ぐらい前にパブロはロバートがもってきた爆薬などをもって姿をくらましてしまいました。怖くなって逃げたのか、それとも単独で橋の爆破に行ったのか、いずれなのか判断できない状態で読み進めると、何とパブロが数人の加勢してくれる人たちを連れて戻ってきました。読み進めるのが怖いですね。

    読み終わりました。
    ピラールの見立て通りになったというべきか、上巻冒頭の詩の通りになってしまったというべきか。恐れた結末になってしまいました。(結末は書かれないまま終わって仕舞ったのですが)
    パブロは、したたかですね、何でもやってしまうという感じですかね。ちょっと理解不能です。
    ピラールの方なら信頼できるし、頼りがいもある感じですけど。
    戦争について、その実態を描いた傑作なのかもしれません。

    マリアの未来についてですが、都合の良いストーリーを想像すれば、ロバートは、気を失っていたところを助けられて、手術が行われ、びっこにはなったけど、元気になっていったんアメリカに帰るのですが、戦争が収まってからスペインに渡り、マリアを探し出して、アメリカに連れて帰り幸せに暮らした、ということにします。

    戦争について、考えると、殺されるかもしれないという恐怖を感じながら、場合によっては人を殺すことになる、という現実があります。この本では、そのあたりが、割と生々しく描かれています。戦争を現場で経験すると、尋常な精神でいることは難しいということは、ベトナム戦争のころから報じられてきたところです。
    先日の、日経新聞でも、平野啓一郎さんがカミナリ親父というのは、実は戦争帰りの男たちのPTSDだったのではないかと述べていました。ありうることだと思います。

    【目次】
    第十八章から第四十三章まで
    訳注
    解説  大久保康雄

    パブロ、ピラール、マリア、アンセルモ、プリミティボ、フェルナンド、アグスティン、
    アンドレス、エラディオ、ラファエル、ロバート、
    つんぼおやじ、ホアキン18歳、イグナシオ、
    アンドレスは司令部へ
    ロバート・ジョーダン モンタナ大学スペイン語講師(197頁)

    ●セゴビア陥落(99頁)
    「あの鉄橋を爆破できれば、セゴビアを陥落させることができるんだ。」
    ●生き続ける(110頁)
    ... 続きを読む

  • メインテーマはやはり「生きるということ」なのかな。マリアとの恋もその一部になるのだろう。
    ロバートは作戦を通じて敵の兵隊を殺すことを、個人の価値観(その殺しが正しいか正しくないか)を交えずにただ遂行しようとするも、やはり頭の中でごちゃごちゃといろいろな考えが浮かんでくる。「何ごとについても、忘れる権利は、お前にはない。何ごとについても目を閉じたり、忘れたり、そっとしておいたり、変えたりする権利は、お前にはないはずだ。」
    忘れたり、目を逸らしたりしてはならないのに、心のある人間が、心のある人間を殺すって、お互いにとってなんてむごいことだろう。
    アンドレスが司令部に向かう途中で追い越すトラックに乗っている兵隊たちの表情がヘッドライトで照らし出される場面が一番怖かった。そこには戦争のありのままが表れていたのだろうから。
    内戦は悲しいが、異なる思想同士がぶつかるとき、最終的に暴力に訴えることになるのは避けられないのだろうか。

  • どうやら「橋を爆破する」という作戦は無意味なものになったらしい。何故なのかはよく分からないが、読んでいると気づく。その無意味な作戦のために命を落とさねばならない。状況が変わろうが命令されたことは実行しなければならない。恋人のマリアと別れなけらばならない。ゲリラの仲間たちを危険にさらさなければならない。
    なんと恐ろしく、悲しいことだろう。
    1930年代のスペイン内戦。ヘミングウェイもこの戦争に参加したという。

    以下、引用~
    ・二日前まで、おれはあのピラールも、パブロも、ほかの連中の存在も、まったく知らなかった。マリアも、この世にいなかった。たしかに、いまよりもっと世の中は簡単だった。

    ・彼は自分でもパブロが利口なことをよく知っていた。鉄橋爆破命令の誤った点を、たちまち見抜いたのはパブロではなかったか?

    ・「おれは、あまり苦労しない人間なんだ」

    「おれもさ」とアグスティンは言った。「世の中には、苦労するやつと、苦労しねえ奴がいるだ。おれなんざ、ちっとも苦労しないほうの人間だな」

    ・「Que cosa mas mala es guerra」(戦争ってやつはなんていやなものだろう)

    ・おれは今日死のうとしているが、そうではなくて、ずっと長い間生きていられるのだったらどんなにいいだろう。というのは、この四日間に、人生について、じつに多くのことを学んだからだ。いままでの生涯を全部合わせたよりも多くのことを学んだように思う。おれは老人になって、真実のことが知りたいのだ。人間というものは、いつまでも学び続けていけるものだろうか?それとも、それぞれ、ある一定量しか理解できないものだろうか?

    ・「行ってくれ、おじさん」とロバート・ジョーダンは言った。「戦争では、こういうことはよくあるんだ」
    「戦争なんて、なんて下劣なもんなんだろう!」とアグスティンは言った。「戦争なんてくだらねぇだ」
    「そうだよ兄弟、ほんとうにそうだ。だが、行ってくれ」
    「あばよ、イギリスさん:とアグスティンは右のこぶしを握り締めながら言った。
    「さよなら」とロバート

  • For Whom the Bell Tolls(1940)

    これは、歴史小説だと感じた。スペイン内戦を詳しく知らなかったので、状況や意味が理解できない部分もいくつかあったが、作戦の遂行過程やゲリラ部隊と親密になっていく様子が生々しく描かれていて、その部分は楽しめた。

    特に、主人公ロバート・ジョーダンの心の葛藤がよく伝わってきた。心の中の激しくも静かな葛藤が物語の多くを占めている。橋の爆破作戦を通じて、自身の死の訪れを感じているかと思えば、生き延びて旧友やマリアとの甘いひと時を想像したりしている。
    パブロやピラールなど、ゲリラの仲間たちに苛立ちを感じながらも、彼らをすばらしい仲間だと思っている。
    物語の終盤も、主人公の心の葛藤がほとんどになっている。
    スペイン山中の閉鎖的で、暗い状況で渦巻く人の思いを生々しく感じさせてくれる物語だった。だが、表題の「誰がために鐘は鳴る」と物語との関連、パブロの不穏な行動など、理解できなかった部分が多かったので、私はこの物語の本当のメッセージをまだ読みこめていないのだろう。

  • スペイン内戦での主人公と仲間たちの関係、恋愛を描いた。
    反ファシスト軍の重要な役割である橋の爆破の任務を負ったロバート・ジョーダンだが、途中で任務は無意味となるが、それを知らされずに橋の爆破を決行する。
    敵の銃弾を浴びる中、仲間を逃がし自らは死を選んだ。

  • 10年ぶりにヘミングウェイを読んだけれど、こんなに希望を語る作風だったろうか?時を追うごとに意味を失っていく橋梁爆破計画が、人間関係をぎりぎりで繋ぎとめる皮肉。そこは好き。

  • ロバートとマリアの最後の一夜、「いま」の連発は本当に切ない。

  • 相変わらず銃口を覗いてる話。
    これでよく上下巻かけたなと思う。

    いま読んだらまた印象かわるのかな?2009年くらいに読みました。

  • 言わずと知れた名作。
    かなり長かったように思えたが、無事に読み終えた。
    最後の無常感は何とも言い表せない。

  • 『誰がために鐘は鳴る(下)』/ヘミングウェイ/★★★★☆/いよいよ橋の爆破にかかるところから、爆破後の脱走まで。途中の愛のシーンがなんとも情熱的!クライマックスは喜劇とも悲劇とも取れそう。

  • 鉄橋爆破実行を目前に控え、つんぼおやじ隊の全滅、パブロの脱走と、状況は悪化するばかり。ロバート・ジョーダンは、総司令官のゴルツ将軍に奇襲は不成功の公算が高いため、作戦中止を進言する報告書を送る。しかし、時すでに遅し、攻撃は開始された。

    読み終わった感想としては、ロベルト(ロバート)とマリアの(悲劇的な)恋愛は主筋ではないなということ。それを期待すると物足りないかもしれない。マリアなんて存在感薄い。

    この作品は、スペイン内戦のあるひとつの作戦に関わった人々の姿を描いたものであり、その中に恋人たちがいたというだけに思える。

    激しい心臓の鼓動とともに終わるラストが素晴らしい。

  • たまには海外の文学作品も読んでみましょう。
    ということで、高校生以来にヘミングウェイを。
    前回10数年前に読んだ「老人と海」はかけらも覚えてません。

    舞台は1930年代のスペインの山奥。
    主人公はアメリカから来た義勇兵。
    敵(ファシスト)前線の鉄橋爆破を命じられ、
    敵の見張りを倒し、鉄橋も爆破する計画を立てる。

    山の中のゲリラと協力して、準備を進めるが、
    ゲリラの組織内の争いにも巻き込まれ、
    それぞれの過去を聞かされる・・・

    村で起きた革命の日・・・
    昨日まで一緒に暮らしていた隣人を殺す

    ファシストに街が占領され両親を殺される・・・

    それぞれの過去を背負いなが、
    自分が信じる主義思想の為、生きて帰れないであろう、
    計画を実行する。

    爆破の実施と戦闘により、敵兵・味方とも命を落とし、
    ゲリラ軍の幹部と主人公だけが、現場から逃げ出す。
    しかし、逃走途中に戦車からの砲撃にあい、負傷し、
    最後に敵に包囲されるところで終わる。

    上下巻800ページ以上の文庫で、2週間以上かかりました。
    戦時中の虐殺シーンも書かれており、内容は実にヘビー。

    1936年からのスペイン内戦が舞台らしいが、
    外国の内戦の話なんて全然知らなかったもので。世界史は激弱なので。。。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%85%E6%88%A6

    主義思想によって、隣人どころか家族内でも対立したり、
    市民同士での殺害も相当あったようです。

    現代じゃとても考えられないけど、
    過去の戦争を一つ認識しました。

  • とても読みやすかった。
    終わり方、最後の1ページの文章が気に入って何度も読み返しました。

  • 上巻に比べて圧倒的に面白さが増した下巻。

    戦闘シーンなど食い入るように読み込んでしまいました。

    マリアとロベルトの激しい愛
    (あたしはあんたで、あんたはあたしで、ひとりのすべてが相手のものなんだわ)に感動し、

    戦争の悲惨さ(戦争ってなんと下劣なものなんだろう)に考えさせられた一冊。

    平和な今に生きている自分に出来ることは何なのか、
    考えさせられる一冊でした。

  • が、はまっている時は引き込む力がはんぱねー。

  • ゲリラの中で燃え上がるロバートジョーダンとマリアの激しい恋も読んでてよかったけれど、ピラールとロバートジョーダンとのやりとりも好きだったりする。

  • ゲリラの中で燃え上がるロバートジョーダンとマリアの激しい恋も読んでてよかったけれど、ピラールとロバートジョーダンとのやりとりも好きだったりする。

  • 「戦争なんて、なんて下劣なもんなんだろう!」―作者が何より描きたかったのはその言葉ではないでしょうか。戦争の悲惨さと刹那的な恋を描いた、文字通りヘミングウェイの最高傑作です。

  • おもしろかった
    じいさんがすきだった

  • 今から約70年前のスペイン内戦での、ロバート・ジョーダンとマリアの長編恋愛劇。ヘミングウェイの文章の男臭さ・ハードボイルドさ具合が混然として、独特の世界観を形作っています。

    主人公に負けず劣らず、アンセルモやピラール、パブロといった脇役の個性がすごい!そして重い!個々の人々の心理描写の何と深いことでしょう。でもって、最期の、重傷を負ったジョーダンとマリアの別れのシーンでの、主人公の心の葛藤と行動の格好良さが秀逸でした。

  • これってロマンスだったんだ・・・。
    あたしにはそうは感じないのだが。
    まあヘミングウェイ的戦争だわな。
    けっこー好きだけど。

全37件中 1 - 25件を表示

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

二日後に迫った鉄橋爆破の任務。生還を期しがたいだけに、より激しく燃えあがるロバートとマリアの恋。生涯のすべてを投げ込むような陶酔のはてにロバートは戦いに出て行く。-戦争という巨大な運命のもとにおける悲劇的恋愛を描きながら、その悲惨さを超えて行動するロバートの姿が、信ずるもののために戦うことの尊厳を語りかけ、読む者に息づまるほどの感動を呼びおこす大作。

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)の文庫

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする