勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)

  • 487人登録
  • 3.50評価
    • (31)
    • (42)
    • (104)
    • (7)
    • (2)
  • 41レビュー
制作 : Ernest Hemingway  高見 浩 
  • 新潮社 (1996年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102100110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
村上 春樹
安部 公房
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ウィリアム・ゴー...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヘミングウェイ全短編二冊目.キーウェスト時代の短編集ということになる.
    短編集「勝者に報酬はない」の他に,「世界の首都」「フランシス・マカンバーの短い幸せな生涯」「キリマンジャロの雪」を所収.一巻目よりストーリーの流れは良くなったが,印象に残るものが少なくなってしまった.
    アフリカのサファリを題材にした,「フランシス・マカンバーの短い幸せな生涯」「キリマンジャロの雪」がその中ではいい.

  • ☆☆☆2017年6月レビュー☆☆☆


    ヘミングウェイ短編集第二弾。
    「フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯」は別の短編集でも読んだが、まず思うのはこれ。当時の白人はこうも気軽にサバンナでライオン狩りをしていたのか、という事。こんなことをしていたのでは、野生動物の多くが絶滅の危機に追いやられるわけだ。


    「嵐のあとで」
    沈没船に残された遺留品を漁る男の話。真っ先にたどり着いたのに、お宝にありつけなかった、と悔しがる男。いやいや、沈没船があって中に女性の水死体が漂っているというのに!! この物語では、主人公(語り手)がボートから離れて潜っている間に、ボートが流れてしまったら大変だな~、とそれが心配だった。長時間深く潜って鼻血が出る、というものなかなかすさまじい話だ。

    「世界の首都」
    パコもかわいそうだが、エンリケもかわいそう。これは悲劇。しかし、なぜこの短編のタイトルが「世界の首都」なのだろうか? 不思議だ。闘牛士を夢見ていたパコ。闘牛のことを一体どう考えればいいだろう?ヘミングウェイの作品を読むと考えさせられる事が多い。

  • 再読。

    狩猟、インディアン、夫婦。”清潔で、とても明るいところ”に象徴されるような陰な雰囲気が漂ってる。

  • サファリでの狩猟をモチーフにした「フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯」と「キリマンジャロの雪」が印象的な短編集。つきまとうのはやはり「死」。

  • フランシス、とキリマンジャロの雪がよかった。

  • この書籍は、同氏の全短編集の二巻目です。

  • フランシスマガンバーとキリマンジャロが素晴らしい。男の死に理想があるのか、理想を見て死してこその男か、ヘミングウェイの理想像がアイロニカルに二作品に投影されてる気がした。それらより短い短編も雰囲気はあるがついていけないと感じるものもあった。

  • へミングウェイの新訳全短編集の第2巻。

     フロリダのキイウエスト時代の作品が中心だが、第一次世界大戦の暗い影を見つめた作品も目立つ。
     欧州の大戦でのヘミングウェイ自身の見聞をモチーフにしたと思われる「最前線」は、戦争でのメンタルな後遺症を描いて、生々しい印象を残す。さらに、戦場での戦死死体の様相を淡々と描く「死者の博物誌」という奇妙な作品もある。

     一方で、これもまた、ヘミングウェイならではのモチーフである、アフリカを舞台にした作品2編が17編の最後を締める。
    「フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯」、そして「キリマンジャロの雪」の2編である。
     「フランシス…」は、アフリカのサファリに参加したアメリカ人夫婦のすれ違いと皮肉な終幕、破滅を活写して秀逸である。
     サファリでのビッグゲームとの対峙。叩きつける短文が臨場感を高める。男が逃げること、退かずに立ち向かうこと、その刹那が描かれる。私には「キリマンジャロの雪」以上に胸に迫る、本編で一番の秀作と思う。

  • 冒頭か全てとも言える、キリマンジャロの雪。
    標高6000メートルで息絶えた一匹の豹。


    キリマンジャロは標高6,076メートル、
    雪に覆われた山で、アフリカの最高峰と言われている。
    その西の山頂は、マサイ語で”ヌガイエ・ヌガイ”、神の家と呼ばれているが、
    その近くに、干からびて凍りついた、一頭の豹の屍が横たわっている。
    それほど高いところで、豹が何を求めていたのか、
    説明し得た者は一人もいない。


    ヤツはなぜ
    何のために
    そんな高地へと
    やってきたのか

    獲物を追い
    さまよううちに
    もどることのできぬ場所へ
    迷いこんでしまったのか

    それとも何かを求め
    憑かれたように
    高みへ高みへと登りつめ
    力つきて倒れたのか

    ヤツの死体は
    どんなだったろう
    戻ろうとしていたのか
    それとも
    なお高みへと
    登ろうとしていたのか

    いずれにせよ
    ヤツは
    もう二度と
    戻れないことを
    知っていたに違いない


    これはアッシュの解釈だけれど、
    戻ろうとしていたのか、
    それともさらに上を目指していたのか。


    凍った豹は、
    上を向いて、さらに登ろうとした姿で
    そこにいたと思う。

    戻れないことを知った上で、
    頂上に到着することを恐れ、
    途中で息絶えられたことに安堵して。

    ひとりで到達した場所、
    どこであれ、そこが頂点だ。

  • かの有名な『キリマンジャロの雪』が収録されている、ヘミングウェイの短編集その二。『清潔で、とても明るいところ』『海の変化』『オカマ野郎の母親』『死ぬかと思って』『フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯』『キリマンジャロの雪』がとても面白く読めた。特に『キリマンジャロの雪』。ここには、ヘミングウェイの持った作家としての死生観がとても色濃くあらわれている。色々と書きたいことがあるけれど、とりあえず、これだけは無条件で読んでみることをオススメできる。

  • 「全短編」だけあって当たり外れが大きい。さらに1巻と比較すると、やや冗長に感じる作品も多い。『清潔で、とても明るいところ』などは非常によいと思いますが。

  • やっぱり"キリマンジャロの雪"の景色が目に浮かぶような描写は秀逸!!
    ただ他の話はいまいちよく分からないのが多い。
    あと闘牛士の話もおもしろい。

  • ヘミングウェイ全短編2。少しずつ少しずつ読んでいく、贅沢。

    「清潔で、とても明るいところ」が好き。
    でも印象に残ったのは、「フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯」。

  • 凄く久しぶりにヘミングウェイを読んだ。前作を読んでからだいぶ間が空いたけど、男くさかった前作よりこちらの方が好みで読みやすく感じた。ただ内容はよくわかんないんだけど(笑)またいつか読み返してみようかな。2012/183

  • キリマンジャロの雪

    一つだけ、俺が絶対失わなかったのは、好奇心だな

    しげ
    閃光スクランブル

  • やっぱり文章力が半端ない

  • 23清潔で、とても明るいところ
    →この題名こそが、”カフェ”のイメージだな、と思った。

    ヘミングウェイって、自分の身に起こったことをそのまま小説に書いてしまう人だったのですね。
    なんかちょっと勇気づけられました。
    自分もそうしちゃおっかな。。。

    最後、少し暗くなる、悲しくなる、辛くなる、むなしくなる。
    そんなお話が書かれているという印象。

  • この巻では、女性が背景に退きすぎていて、どうも男くさい。それに、自然から離れて人間に執着している感じのする短編ばかりで、のめりこめなかった。
    「フランシス・マカンバー・・・」と「世界の首都」がおもしろかった。

  • キリマンジャロの雪は、何度も何度も読み返しましたよ。

  • ひたすら暗い話が続く。

  • サリンジャーが言葉の魔術師だとするならば、さしずめヘミングウェイは情景切り抜きの天才と言える。芥川と似ていると思う。
    先日カミュの短編集を面白いと評した私であるが、その倍は面白い。老人と海を最初に読んだのは中学生の時。後頭部を鈍器で殴られたかのごとくの衝撃、驚嘆、感嘆。中学までに何回も読み返したのはヘミングウェイ、コナン・ドイル、エドガー・アラン・ポー、ジャン・アンリ・ファーブルだけ。ヘミングウェイの面白さは、既に書いたがやはり時間と空間の切り取り方、そしテーマの面白さ。ヘミングウェイ自身のキャラクターからくるのか、魅力的な登場人物。
    そういえば、ヘミングウェイは写真家ロバート・キャパと懇意であった。義理の息子にしていた。キャパの著書「ちょっとピンボケ」にはスペイン内乱にて戦うパパ・ヘミングウェイがでてくる。激しい人物なのだろう、容易に想像がつく。「魚が釣れないときは、神様が考える時間をくれているのさ」というセリフには恐れ入る。私は釣りはしないのだが。

  • 短編集って総じてムラがあるけど、これはなかなかどれも名作だと思う。特に『清潔で、とても明るいところ』『世の光』『ある新聞記者の手紙』『死ぬかと思って』あたりが好き。
    懐かしくなって2年前に講読の授業で『清潔で、とても明るいところ』を扱った時のレポートを読み返してぞっとした。これでA+をくれた先生は優しいなあ。「彼らが床(とこ)を忌み嫌うのは、性的快楽を追求することによって後世に自分の種を残すという人間活動の営みを回避したいがためだ」みたいなことを書いていた。なんじゃそりゃ。先生はとても独特な着眼点で良いですねって書いてくれた。
    でもヘミングウェイ自身が、死への恐怖を抱くことで、逆にたくさんの女性と結婚離婚を繰り返すなど女性関係において様々な問題(と言って良いのか疑問だけど)を持っていたのはそれはそれで分かる。死への恐怖と性的快楽って表裏の関係だなあ。

  • 海流の中の人々、誰が為に鐘はなる、老人と海。
    数々の素晴らしい長編小説を残した天才中の天才ヘミングウェイ。
    しかし個人的には長編小説家としてより短編小説家として色濃く記憶に残っている。
    異種民族の観察に人の勇、血の葛藤を見出し、性の誕生までもを机上で掘り起こした。
    読む度に明らかな才能に胸を痛め、やがて朽ちる肉体としてのヘミングウェイと文豪としてアメリカ文学を抱擁し続けた精神としてのヘミングウェイ。

    形而上学的な思考からの解放を望み、人と作家という2つの顔を無垢故に混同できず自害を選んだ男。
    世界を代表する『男』が書いた短編です。

  • 学生時代、英文学の授業でいい英語を書こうと思うなら「欽定英訳聖書」かヘミングウェイの短編を参考にするといいと教わった。
    おそらく、シンプルでいい文が満載なのだろう。
    「キリマンジャロの雪」だけはなんとか学生の時に読んだ。この2巻を全部通して読んでみたのはつい1年ぐらい前のこと。
    英語でも読めればなあと思う。

  • 83021.337

    以前のようにわけも判らず読むという感じはなくなってきた。やっぱりいい。

全41件中 1 - 25件を表示

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)の作品紹介

1928年、28歳のヘミングウェイは、キー・ウエストに居を移した。戦争と革命と大恐慌の'30年代、陽光降り注ぐこの小島に腰を据え、気鋭の小説家は時代と人間を冷徹に捉えた数数の名作を放ってゆく。本書は、経験と思考の全てを注ぎ込んだ珠玉短編集『勝者に報酬はない』、短編小説史に聳える名編「キリマンジャロの雪」など17編を収録。絶賛を浴びた、新訳による全短編シリーズ第2巻。

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする