蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)

  • 243人登録
  • 3.56評価
    • (15)
    • (22)
    • (44)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
制作 : Ernest Hemingway  高見 浩 
  • 新潮社 (1997年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (702ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102100127

蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルが一人歩きしそうなくらい印象的かつアフォリズム的。内容はヘミングウェイの短編らしく淡々とした文章で、テンポ良く読めるし時間がないときに向いている。我が家のトイレ本。

  • 徹底的にそぎ落とされた美しい男の世界。ヘミングウェイはマッチョではない。その弱々しさ、女々しさが男らしいのだ。海、戦争、少年とヘミングウェイのよい要素が満載の短編集だ。

  • 「キリマンジャロの雪」を読むために購入。

  • ヘミングウェイの短編集.完結編はキューバ時代.
    編者も書いているように,第二巻よりは低調な感じ.ちょっとマンネリ感があるな.「最後の良き故郷」とかも悪くはないが,既視感がある.そのなかではスペイン内戦などに題材をとった「蝶々と戦車」「戦いの前夜」「誰も死にはしない」なんかがいいかな.
    生前未発表の短編も入っているが,こちらは発表しなくてよかったのもある気がする.最後の「異郷」は老いのつらさが滲み出ている.若い美人と旅行するのも楽じゃない.

  • ☆☆☆2017年7月レビュー☆☆☆


    ヘミングウェー短編集第3巻。
    スペイン戦争の体験からか、戦争を題材にした作品が多い。特にマドリードを舞台にした作品が印象に残った。
    ”チコーテ”というバーを舞台にした『密告』『蝶々と戦車』。戦争の最中でも、バーは案外にぎわっていたんだ、と思うと同時に、殺伐とした空気の中でバーが殺人や粛清の舞台となる。この2編からはそういう事が伝わってくる。
    街の雰囲気、自然の描写や、自分がそこに居るような臨場感のあるのが素晴らしいと思う。


    「マドリードが包囲されはじめて二度目の冬。タバコと人々の寛容さを含めて、すべてが欠乏していた。人々はいつも腹をすかし気味で、天気のようないかんともしがたい事柄に対してまで、突然、むかっ腹を立てていた。」
    ↑『蝶々と戦車』の序盤の一描写。
    戦争で荒れていく街の様子、人々の心がわかる。そしてここから何かよからぬ事が起きることを予感させる。


    いつになるかわからないが、再読すればまた何かしらの発見がありそうな気がする。

  • 憤懣とはけ口とで駄目なら隠遁か死か、そこには挫けない男はいない気もする。年齢を重ねるほど視界は開けては来ず、靄が掛かったように目を凝らせば凝らすほど何か分からなくなる。

  • 新訳のヘミングウェイ全短編3分冊の第3巻。
    キューバを舞台にした〝密輸船〟もの2編と、スペイン内戦をモチーフにした6つの短編が強い印象を残す。

     スペイン内戦当時、外国から参戦したインテリ義勇兵達の生活風俗が描かれ印象深い。彼らは日中の戦闘を終えた後、ホテルの一室やバーで一杯やりながら時を過ごす余裕もあったらしく、どこか優雅で呑気でもあった当時の戦争の有様が興味深い。

     一方、内戦時代のマドリッドのレストランでの椿事を描いた短編「蝶々と戦車」は、内戦時代の陰鬱な空気を描き、印象に残る。
     
     とりわけ、作品「密告」が秀逸。マドリッドの伝統あるバーの名店での〝裏切り〟を描いている。暗い戦争の時代に、良きものが失われてゆく寂しさ、苦い思いを彫り込んだ秀作。バーを愛でる酒呑みの1人として、胸に滲みた。この短編集の白眉となる名編。

                      

  • 最後の良き故郷

  • かなり残酷でグロテスクな状況が描かれているにも関わらず、詩的で情緒が溢れでている。翻訳で読んでいるので訳が良いのかも知れないが、五感に訴える文章だと思う。

  • 久しぶりにヘミングウエイの短編が読みたくなり手に取った。

    「老人と海」以外の作品は、あまり世界に入り込めない。

全26件中 1 - 10件を表示

アーネスト・ヘミングウェイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ドストエフスキー
村上 春樹
ヘミングウェイ
サン=テグジュペ...
アーネスト ヘミ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)の作品紹介

炸裂する砲弾、絶望的な突撃。凄惨極まる戦場で、作家の視線が何かを捉えた-1937年、ヘミングウェイはスペイン内戦を取材、死を垣間見たこの体験が、以降の作品群に新たな光芒を与えることになる。「蝶々と戦車」を始めとするスペイン内戦ものに加え、自らの内面を凝視するラヴ・ストーリー「異郷」など、生前未発表の7編を含む全22編。遺族らの手による初の決定版短編全集、完結編。

蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする