アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)

  • 545人登録
  • 4.02評価
    • (75)
    • (56)
    • (59)
    • (3)
    • (2)
  • 42レビュー
制作 : Lucy Maud Montgomery  村岡 花子 
  • 新潮社 (2008年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102113462

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ギルバートと結婚したアンが、フォアウィングスの小さな夢の家で過ごす、新婚生活を描いた作品である。

    幸せいっぱいのアン。夢の家には幸せがあふれている。
    フォアウィングスでも、陽気で実に豊かな冒険譚を語るジム船長、男の悪口をいわせたら右に出るものはないミス・コーネリア、そして美しく悲哀にみちた女性レスリー。素敵な人々、美しく輝く景色に囲まれて、アンは蜜月を過ごす。

    ただ、驚いたのは幸せばかりではない、ということ。
    アンがあんなにも悲嘆に暮れ、嘆き悲しんだことがあっただろうか。幸せに満ちたアンシリーズで、最大の悲しい出来事であったに違いない。

    ここから先はネタバレです。

    そう、ジョイの死。
    まさか、あんなにも幸せに満ちたアンの赤ちゃんが亡くなるなんてストーリーがありうるのかと。ある意味、なんてリアリティのあることか。

    あとは、レスリー。
    ちょっとわかる。幸せなアン夫婦には近づいては傷つくだけとわかっていても…寂しいのだ。でも、羨んでしまう。そりゃそうだろうなあ。でも、かといって見捨てることもできない…。アンとの友情は悲しみや切なさをともなった、今までと少し異なる大人の友情といったところ。


    夢の家を離れる。これもちょっと現実的。
    アンは嘆くけれど、でも、案外すんなりとギルバートに従う。意外と現実的。ちょっとこれも驚き。
    なんだか、アンも大人になっているんだな、と。


    夢の家は甘くて、でも切なくて。
    今読んでみて良かったと思う作品でした。

  • 読み始め…16.10.12
    読み終わり…16.10.20

    赤毛のアンシリーズも6作目になりました。

    ギルバートと結婚したアンはアヴォンリーのグリン・ゲイブルズを離れ、フォア・ウインズという港のある海辺の街で医師の仕事をするギルバートとともに新婚生活を始めます。

    新しく住まうことになる古い小さな白い家。着いた駅から家に向かうまでの道中の風景や出会う人、アンの目に初めて触れたものや見えたものに対して想像と期待を膨らませる光景は、アンが初めてグリンゲイブルズにやってきたその時となんの変わりもないいつもながらのアンであることに嬉しくなり、いつまでもこんなふうに少女のようであって欲しいと願いつつ、この時のアンよりもずっと年上である自分も、いくつになってもアンのようにありたいと心くすぐられる想いがしました。

    そしてここでも神秘的かつ、とても感動的な
    いくつもの新しい出会いが待ち受けていて....

    ミス・コーネリアス
    レスリー・ムーア
    ジム船長
    そしてジェム坊や。。

    アンは小さな子の面倒をみたり
    世話をやいたりすることが得意で
    とても頼もしいのですけれど
    年配のご婦人とすぐにうちとけてしまえるのも
    天性の持ち主といえますね。

    レスリー・ムーアとのちょっとした
    心のすれ違いに心を痛めるアン。。

    ジム船長のお話はひとつひとつの言葉全部が
    心に響きます。生活手帳読んでみたい...。

    これまでのアンシリーズの中で
    いちばん印象的な章かもしれません。
    第一章で初めてアヴォンリーの村へと向かう
    きらきらとしたアンとも重なります。

    そして改めて、これは人間模様を描く
    ルーシー・モンド・モンゴメリの作風
    そのものに大きな魅力があると感じます。
    読めば読むほどに。

  • 京都女子大学図書館での請求番号は、「081/Sh612/Mo-4-6」です。

    「赤毛のアン」シリーズの5作目で、主人公アン・シャーリーの結婚後の話です。自然の描写がとても綺麗です。

  • アンとギルバートの『夢の家』でおくる新婚生活の話。
    正直アンが誰からも愛される完璧な人になってしまって、自分にはすっかり遠い存在になってしまったと思った。
    つらい過去を背負ったばかりに周りに壁を作らずにはいられないレスリーの方がよっぽど共感を覚える。
    序盤の結婚式のシーンはとてもよかったが、もう少し送り出すマリラを描いてほしかった・・・何年もアンを見守ってきたからこそ、さみしさや思うところがたくさんあったと思うから。
    ジム船長のあたたかみのある人柄にはとても癒される。

  • 1917年 カナダ

    んー・・・特にこれといって不満な無いんだけれど
    アンが立派に大人になってしまい
    どちらかと言うとアンの周囲の人に視点が中心になってしまったのが
    少し寂しいかも。

  • アンが結婚し、グリーンゲイブルスを離れてギルバートとフォアウィンズへお引越しをし、新たな人々と生活を始める話。ジム船長が可愛いです。話し始めると止まらず、どれを聞いてもきっと飽きない話なんだろうと想像できますし、コーネリアとの言葉の応酬も楽しいです。ジム船長がもっと若かったらこの二人が幸せになるのもありではと思えるほどです。近所に暮らすレスリーはこの上ない悲劇を背負って生きていて早く幸せにならないかと願わずにはいられないです。最終的にうふふな展開に進み、うるっときました。ジム船長も幸せな最後で、でもさみしいですね。コーネリアもきっとさみしがりますねきっと。次は大きな家にまた引越しをしますが、また変化が起こるのか気になります。

  • 83

  • ギルバートとの新婚時代のアン。悲しいことがあって、アンはどうなったろう。文章も少し線が細くなったかも。でもロマンチックなのは変わらない。

  • アンとギルバートが結婚し、灯台近くに住む。

  • 子供の頃、母が全巻を買ってくれました。何度も読み返した大好きな本です。

全42件中 1 - 10件を表示

ルーシー・モードモンゴメリの作品

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アンの夢の家―赤毛のアン・シリーズ〈6〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする