虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ〈9〉 (新潮文庫 モ 4-49)

  • 382人登録
  • 3.87評価
    • (41)
    • (33)
    • (45)
    • (3)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : モンゴメリ
制作 : 村岡 花子 
  • 新潮社 (2008年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102113493

虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ〈9〉 (新潮文庫 モ 4-49)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンはほとんど出てこない。浮世離れした牧師さんとその子供たち。子供たちはかわいい。ロマンスは単純すぎ。昔の人ってみんなこんな感じなんだろうか?

  • アンの子供たちの物語。どこかしら悲しい雰囲気が漂っているのは、第一次世界大戦が迫っていたからだろうか。子供たちは元気なんだけど。

  • 腕白で愛らしい子供達に囲まれたアンとスーザン、ミス・コーネリアの噂話で始まるが、取り留めのない井戸端会議は退屈に感じられ、僅か40ページがなかなか読み進まなかった。
    ところが、牧師館の子供たちが登場するとモンゴメリーの本領発揮、純真無垢な子供たちは愉快な事件を巻き起こす。
    フェイス、カール、ユナとメアリーの活躍に、事の成り行きをアンでなくても微笑みと共に優しく見守ってしまう。
    とにかく生き生きとした子供たちが愉快な一冊。
    エレンとローズマリーの顛末はあっけなく残念。

  • 劇団四季の「赤毛のアン」観劇に合わせて。
    ミュージカルでも本でも、アンの後は気持ちがキレイになる感じがする。
    きっと登場人物のみんなが素直で優しくてユーモアがあって。普段のストレスを一瞬でも忘れられる素晴らしい本。虹の谷のアンは、アンブックスの中でもかなり好きな一冊になりました。
    残り2巻。大事に読みます。

  • 子供の頃、母が全巻を買ってくれました。何度も読み返した大好きな本です。

  • kindleにて。アンの子どもたちが主人公。昔は良かったな。

  • 『赤毛のアン』とついているものの、物語の主人公は完全に牧師館の子供たち。この点は『炉辺荘』でも学んだので今回は違和感なく話に入っていけた。
    話もすっきりまとまっており読みやすかった。

  • アンの子供達が主役の1冊でした。前作までは小さな守られる子供達もそれぞれに個性がでてきて、世界が広がっていきます。それにしてもエレンの都合の良いこと・・・いるんですねぇ。

  • Rainbow Valley。牧師館をめぐる話。
    結婚式が二つ決まる。
    マリラの時のような思いを繰り返さないようにするためだろうか。

  • 読了。

全21件中 1 - 10件を表示

モンゴメリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
有川 浩
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ〈9〉 (新潮文庫 モ 4-49)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ〈9〉 (新潮文庫 モ 4-49)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ〈9〉 (新潮文庫 モ 4-49)を本棚に「積読」で登録しているひと

虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ〈9〉 (新潮文庫 モ 4-49)のKindle版

ツイートする