居酒屋 (新潮文庫 (ソ-1-3))

  • 527人登録
  • 3.70評価
    • (38)
    • (44)
    • (71)
    • (8)
    • (0)
  • 54レビュー
著者 : ゾラ
制作 : 古賀 照一 
  • 新潮社 (1971年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (740ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102116036

居酒屋 (新潮文庫 (ソ-1-3))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一言。素晴らしい♪そして。只管陰鬱にさせる小説ナンバーワン

    19世紀仏蘭西の時代感がドブに咲く花の様に鮮やかに
    残酷に描かれていた。

    遣る瀬無い位のリアルさに、胸はむかつくが
    先を読まずにはいられない負の快楽に浸った。

  • 友達から「『居酒屋』読んだ?もう読んだ?」とせかされるのでむきになって読みました。
    今年一番影響を受けた本になるかもしれない。ゾラ天才すぎる…!

  • 700頁の大長編です。登場人物の多くは酒浸りな状態で、堕落した人が多く出てきます。人間ここまで堕落できるのかというほどで・・・人間、酒に溺れ、堕落してはだめだと思わせてくれる小説です。

  • 描写が滑稽さを生んでいる。
    とりわけ博物館を訪れるシーンが好きだった。

  • 1990 読了

  • 居酒屋ではナナのお母さんが主人公です。居酒屋の物語の中でナナが生まれますが、まあ貧困ってこういうことなのねとやるせなさでいっぱいになる作品です。重たい、考えさせられる作品を読みたい方にはオススメです。ゾラの作品は作り込まれた物語としてではなく当時の時代背景を知るためのもののような気がします。19世紀フランスの汚い場末の街で貧困と共に生きる人々がが鮮明に描かれております。

  • 面白かった。でも長かったぁ。
    19世紀パリの貧しい生活が延々と描かれていました。いわばジェルヴェーズさん一代記って感じ。続巻に繋がる彼女の娘ナナちゃんの生い立ちも描かれているので「ナナ」を読むならこれも読まないと。
    登場人物ほとんど全てが自業自得と言っていいが、唯一ラリーちゃんだけは哀れでならない。

  • 退屈だったため1/3程度読んで投げてしまった.他の方のレビューによるとここから転落人生が始まって面白くなるとのこと.そのうちもう一度チャレンジしたい.

  • ページを捲る手が止まらなくなる程に面白かった!
    人間を描ききるとはこういう事。
    たった一つの行為の中に相反する様々な心理がうごめいている。
    思いやりから出た行為の裏に見栄があるように。
    対照的に、フローベールがつまらないのは
    偏った側面からしか人間を描けていないから

    2012-04-06 Twitterより

  • 面白いが、長すぎる。嫌な人間しか出てこないのはいいとして、スカッとするところがあまりないので、読んでいて辛い。第二帝政期のパリにおける衛生・住宅事情(洗濯屋にまつわるエトセトラ)、アルコール依存、洒落歌、グルメうんちくなどが散りばめられていて、さながらアナール学派的な歴史の教科書として読める。

全54件中 1 - 10件を表示

ゾラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
遠藤 周作
フランツ・カフカ
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

居酒屋 (新潮文庫 (ソ-1-3))に関連するまとめ

ツイートする