レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)

  • 415人登録
  • 3.86評価
    • (42)
    • (44)
    • (58)
    • (2)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : ユゴー
制作 : 佐藤 朔 
  • 新潮社 (1967年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102117026

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • コゼットと出会っていよいよ話が動きだしました。ジャベールの手を何とかすり抜けて穏やかな暮らしをするジャン・ヴァルジャンの幸せな時間でしょうか。

  • 説明はとても長いですが、なかなかハラハラさせられます。

  • 映画では自分がジャン・ヴァルジャンだと名乗りでた後も別に逮捕されていなかったと思うが、原作ではジャン・ヴァルジャンは再度逮捕・服役。その後、海に投げ出されそうになった人を救いつつ再脱獄。なんか20世紀少年のオッチョとイメージが重なる。
    ワーテルローの戦いについてもかなり詳細に書いてあった(飛ばしたけど)。宿屋の親父とマリウスの親父とのエピソードは映画になかったよな
    コゼットを救い出してパリに潜伏していたジャン・ヴァルジャンがジャヴェールに見つかって逃げ、修道院に匿われるというシーンは映画だとどうなってたかなぁ。。。それにしても修道院そのものについて延々と語られても。。。ということでここもかなり飛ばした。



    レトリックについての本を読んだ後だから、いろんな手法に気がついた。直喩や隠喩はもちろんガンガン使うし、列挙とかもうやめてほしいレベルだし、対比はよくやるし、あとわざと途中までしか言及せずにあとはわかるよね?という感じの表現もちらほら。

    1行毎に話者の変わる台詞のページもあって、2ページ改行なしの台詞だけじゃないんだなと思った。

  • 途中:テナルディエおかみを表す表現がなかなか:魚売りの女にあばずれ女を接木してできたって。。。 

  • 一巻目のファンチーヌの話は、本当にハラハラしながら読みましたが、二巻目のコゼットの話はゆったりしたかんじで読みやすかったです。

    ジャンバルジャンは、再び牢獄に入ってしまい、ファンチーヌとコゼットのことについて約束したことはどうするのかなと思いましたが、ジャンバルジャンは見事に牢獄から抜け出して、コゼットを助けに行ったので良かったです。
    牢獄から抜け出したジャンバルジャンですが、ジャベールに追われながらコゼットと逃げるシーンは、ハラハラドキドキしながら読みました。でも、無事に修道院で庭師として働いていたフォーシュルバンに助けてもらい、コゼットと共に修道院で暮らすことになったので安心しました。
    映画にはないシーンが本にはたくさんあるので、夢中になって読んでしまいました。
    三巻目は、いよいよマリウスが登場するので、楽しみです。

  • 脱線が多いが、実は脱線ではなく上手い伏線だったりする。また話がとても上手に繋がっていて感心する。結局、ユゴーは敬虔なカトリック教徒だったのだろうか。

  • 第二部「コゼット」

    またも前半約100Pは本筋と関係ないw辛かったw
    いや、でもこの時代の背景とかはよくわかるようになってますけどね。
    さりげなくテナルディエが絡むのは面白いし。

    エポニーヌの妹とか、
    バルジャンとジャベールの追いかけっことか、修道院での暮らしとか、
    ミュージカルではごっそりそぎ落とされた部分が満載の巻。
    個人的には後半の墓地云々の部分が面白かった。
    ユゴーの語る宗教観も読みごたえあり。

  • 本当に面白い。
    市長から一転してふたたび監獄生活に戻ったジャンは、軍艦で労役中にマストから海に飛び込んで巧みに脱出する。自由を得た彼は、死に瀕した売春婦ファンチーヌとの約束に従って、幼くして捨てられたその娘コゼットを悪辣な義父母のもとから救い出し、彼女を伴ってパリの暗闇の中へと潜入する……。
    というものがあらすじなんですが、後半ジャヴェールがジャンを発見し他の警官をつれてジャンを追いつめます。ですが近くにあったル・プティ・ピクピュス修道院に侵入し隠れる。だが、そこにはかつて荷馬車に下敷きになったのを助けた、庭番をしていたフォーシュルヴァンがいた。彼の力を借りてジャンとコゼットは修道院に入る手筈を整えた。
    だが、ジャンは不法侵入をしてしまっていた。ジャヴェールは外でまだジャンを探している。修道院にもジャヴェールにも見つからずに外に出る方法は何か。
    修道院で一人の尼さんが亡くなった。彼女の意向により、遺体は墓に入らず、祭壇の下の地下室に埋めることにした。
    表向きには棺を墓地まで持っていき、そこに埋めることになっていたが、棺は空のまま修道院から出される。
    ジャンはその中に入り、コゼットは大きな籠に入って外に出る。
    フーシュルヴァンは知り合いの墓堀り人夫を酔わせ、棺を開けてジャンを救出しようとするが、その知り合いは死に、新しい男にかわっていた。

    この墓のシーンはページが止まりませんでした。このまま埋められたらどうするんだろうと思って最後まで読んでしまいました。
    それにしてもコゼットに言う事を聞かせる手段が何とも簡単でかわいそうです。テナルディエという言葉を忘れる程幸せになってもらいたい。

  • 第二部「コゼット」
    最初の時代描写のためだとは思うが、ワーテルローの戦いがすごく詳細に書かれており、うっとおしかった。
    大きなつながりがあるわけではないのなら、少しは割愛してほしかった。
    ただ、コゼットを奪還しそれを守るために知恵を振り絞るジャン・ヴァルジャンは格好良かった。また、そのをやってのけた後に平和に暮らす二人の描写はほほえましかった。

  • 1巻と同様、始まりの100ページが長い!
    時代背景の描き込みかも知れないが
    途中で修道院の話が、もうひとつ加わると
    物語のどこに、どうつながるのか、そっちが興味の対象。

    とは言え、コゼットを軸に、ジャベールやフォーシュルヴァン
    を加えてにドラマもしっかり動いており
    物語の大きな流れ、うねりを感じる五分の二

  • あっというまに読んでしまった・・
    コゼットのターン。

    もう、ぜんぶおもしろいんですけど、あーたまらん、って思ったポイントは、
    宿屋で虐げられているコゼットが、しかられたくなくて平気でおかみさんに嘘つくところ(なんてミゼラブル・・!)と、修道院の描写でした。
    レミゼはたまに本筋に対しては補完でしかないようなことをえんえん書いてるくだりがありますけどそれがなんともいえずすばらしい・・。
    あと、ふたりが愛にめざめるところもすてきでした。

    つぎはついにマリユスか・・ひきつづき3巻にとりかかります。

  • 5巻でまとめて。

  • 第一部「ファンチーヌ」がハラハラドキドキの展開であるとすれば、この第二部「コゼット」は実に粛々と物語が進んでいく。ゆっくりと、沁みるように。

    第二部はいささか話が難しく、読むのにすこし手間取った。フランス革命について、修道院についてと、本題とは別に(知識としてあったほうがよいので書いたのだと思うけど)学術的、哲学的な記述が多かったためだと思う。

    全体的に緊張感のある内容で、薄暗い印象の第二部。しかし最後には雲間から光が差し込むように、幸福の兆しが見えてきたので、穏やかに読み終えることができた。

  • 一気に読み終えた。
    ジャベールからの逃走劇、修道院からの脱出。手に汗を握る展開。
    修道院についての余談に、ユゴーの思想が強くでていて興味深い。
    ワーテルローの戦いのくだりは、歴史と地理の知識があればもっとおもしろいんやろなぁ。

    「正しい人は眉をしかめることはあるが、決して悪意の微笑は浮かべない。私は怒りは理解できるが、悪意はみとめない。」p.336

  • コゼットがテナルディエ夫婦のもとから救い出され、修道院に逃げ込むまで。冒頭のワーテルローの戦いと中盤の修道院についての薀蓄が長い長い…。

  • 前回は、冒頭の「ワーテルローの戦い」部分で断念したものの、
    今回は、2冊目読了。
    でも、後半修道院の説明部分で、くじけそうになった。
    前途多難の気配です。

  • 第二部「コゼット」である。とはいえ、ファンチーヌの娘、コゼットのことが語られているのではなく、二つの大きな挿話、というより、ユゴーの時代描写が大部分を占める。第一の挿話は、テナルディエを引き出すためのワーテルローの戦いであり、第二の挿話は修道院の制度や暮らしぶりである。ワーテルローでは、ナポレオンの天才が、堅実なウェリントンに敗れるところを詳細に描き、19世紀という理性の時代がナポレオンの独裁を許さなかったことを示し、修道院の話では、聖と俗の対比をめぐる思索が展開されている。フランス革命の理性主義は、信仰にも及ぶのであるが、ユゴーはなお「真の宗教」を認めている。しかし、修道院生活が自由をを圧殺することを批判してやまない。こうした自由の放棄をとおして、他人のために贖罪を行う人間の気高さが描かれているともいえよう。ストーリーとしては、ジャンバルジャンがコゼットをテナルディエから救い出し、パリでジャヴェールの追跡をふりきって、プチ・ピクピュス修道院に逃げ込み、そこで、以前馬車の下敷きになっているところを助けたフォーシュルヴァンと出会い、修道女の葬式を利用して、棺桶にかくれ、脱出したあと、コゼットをつれて、フォーシュルヴァンの弟として修道院で働くようになるまでを描く。ジャンバルジャンが監獄と修道院について、欠乏生活や社会との断絶や、贖罪という点が両者に共通しているが、一方には怨嗟があり、もう一方には愛があると気づくところは、幸福について深く考えさせるものである。

  • 第二部「コゼット」。自ら自分の過去を明らかにしたために、市長から一転して再び監獄生活に戻ったジャンは、軍艦で労役中にマストから海に飛び込んで巧みに脱出する。自由を得た彼は、ファンチーヌとの約束にしたがって、幼くして捨てられたその娘コゼットを、悪辣な養父母のもとから救い出し、彼女を伴ってパリの暗闇の中へと潜入する──。

    テナルディエ家でのコゼットの凄惨な生活に、とても胸が締め付けられた。そこに突然現れたジャンによって救い出され、安息を得たのも束の間、今度はジャンがジャヴェールによって追われることになる。その息つく間もない逃亡劇に、時間を忘れて夢中で読んだ。
    辿り着いた先での修道院の下りは、説明はよくわからなかったが、フォーシュルヴァン爺さんとの再会や一度門の外に出るためにジャンが採った方法の奇抜さは実にユニークだったと思う。

  • 何故か表紙が違うけど、これでよいのかしら。

    テナルディエが悪者すぎるが、こんな人ならば何があっても生きていけるんだろうなあ、と。

  • 本に読まれて/須賀敦子より

  • 2巻だけこっちの表紙。

  • 時代背景を詳しく書いてあってこれを本当にわかるためにはもっと時間がかかりそうです。自分がフランス人だったら!!

全32件中 1 - 25件を表示

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする