優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)

  • 237人登録
  • 3.70評価
    • (20)
    • (23)
    • (42)
    • (2)
    • (0)
  • 37レビュー
  • 新潮社 (1971年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102118078

優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 引っ越しの本棚整理中にうっかり手に取り、再読。

    サガンは中学生の頃にはまっていて、なかでもこの作品が好きだった。
    ウン十年ぶりに読んでみると、なんともまあ昼ドラチックで。
    何(どこ)に共感して好きだと思ったんだ、中学生の私?
    ……と思ったものの、作品としてはやはり惹かれるところが多くおもしろかった。
    すっかり忘れていたので、サガン作品で「舞台がハリウッド」に驚く。

    見返りを求めず、自分の何もかもを捧げて主人公を守り愛する青年。
    そしてそんな風に愛されることに、恐れを抱きながらも彼を見放せない中年女性。

    中学生の私はいったいどちらに憧れたんだろう。
    当時に思いを馳せてセンチメンタル気分に浸ってしまった。

  • 1つの決められた道を進むと倦怠が来て、別の道がちらちらと見えて、常に満足しない気分をもつ女性のゆらゆらした気持ちを描いてる。
    この本のドロシーは、繊細な心の側面を完璧に守ってくれるひとりのヒッピー少年と、社会的生活や性的楽しみなどを完璧に与えてくれる成熟した男性の二人と関係を保つ。そして物語の最後は楽しげ。
    二面性というか心のなかにくすぶる繊細な微細な「満たされなさ」を上手に描いているのかなと思う。

  • 美しい男と中年女性の話で
    いつものサガンかなと思ったけど
    これは人がばんばん死んでいく。笑
    ストーリーに動きがあるのでどんどん読めたし文章のうまさは安定でやっぱり面白い。

  • ああ、人が人生を愛するとき、人生がどんなに魅惑的であるか、私はいくら言っても言いたりない。日々の美しさ、夜のときめき、アルコールの、そして快楽の幻惑、愛情の激しい戦慄、仕事の興奮、健康、自分が生きていることを感じて目ざめるときの信じられないほどの幸福、自分の前に差し出された巨大な一日、この豊饒な時間のすべてを持つこと、睡眠が枕の上に私たちを再び死のポーズに凝固させるまで……。(p.55)

    いったい人間たちと、彼らの最も内奥な欲望、つまり彼らの幸福への恐るべき意思とのあいだを常にへだてている壁は何なのだろう?それは、まさに彼らが心の中にいだく幸福のイメージなのではないだろうか。彼らはそれを心の中で育むので、彼らの生活はそれとは永久に相容れないものにしてしまうのではないか。(pp.73-74)

    「でもね」と私は言った、「私に言わせれば、人はふつう、つきあいのある人間についていろんなことを知りすぎているわ、うんざりするくらい。その人がだれといっしょに住んでいるとか、なんで生計をたてているとか、だれと寝るとか、自分自身をどう思いたがっているかとか……とにかく知りすぎていますわ。すこしぐらい謎の部分があったほうが気持がやすまるんではないでしょうか?そうお思いになりません?」(pp.115-116)

  • サガンはストーリーテラーだ。いわゆる純文学とは違っている。
    人の感情をつかんで描くのが天才的で、それが我々にとっては荒唐無稽にもうつる話にリアリティーを与えている。
    このむちゃくちゃな話をオブラートに、軽いがただ軽いだけの話にしていないのがすごい。
    いやーやっぱり好きだなぁサガン。
    この話は特に幸せだった。

  • サガンの作品はどれも短いし、何度でも読める本が多いです。サガンは魅力的な女性だったのだろうと思いますが、サガンの作品の何がいいのかと言われると難しい。
    サガンらしいフランス的な言い回しや、美しい文章でしょうか。代表作と言えば「悲しみよこんにちは」で、作品としてはそっちが一番だと思いますが、物悲しい感じの「失われた横顔」も好きですし、本書にはどこかユーモラスで楽天的な感じがあり特に好きです。

  • 美しい不能な男

  • サガンの小説に出てくる主人公は、美しいものと楽しい人生を愛する楽天家で、不幸よりも断然幸福が似合う女性ばかり。そんなところが私がサガンの小説を好きな理由なのです。

    でもこの小説には、こんなくだりがあった。以下、引用。
    「たやすく幸福になれるということは、考えてみれば、恐るべきことだ。幸福というものは、非常に束縛的なもので、神経衰弱と同様、それからのがれることはできない。ひどく厭なことが重なり、身をもがいて抵抗し、自己を防衛し、ある考えにとりつかれている最中、突然、幸福が額にぶつかる、小石のように、太陽の閃光のように。そして人は生きていることの喜びでいっぱいになって、うしろへつれもどされるままに身をまかせるのである。 」

  • 好きだった人にもらった本。

  • 純真無垢な心とでも言うんでしょうか。あんな無償の愛、捧げられてみたいです。まあ人を殺されるのは遠慮したいですけど。(笑)

全37件中 1 - 10件を表示

フランソワーズ・サガンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランソワーズ ...
ヘルマン ヘッセ
フランソワーズ ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)に関連する談話室の質問

優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする