私自身のための優しい回想 (新潮文庫)

  • 56人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 新潮社 (1995年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102118252

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 処女作の悲しみよこんにちはで19歳ながらフランス文学界の寵児となったサガンの随想録。その中の一編、賭博(賭博を指す仏語jeuは遊びと同義なのだ!)。女性の語る賭博観というのも珍しい。寺山修司やドストエフスキー、賭博に入れ込む文学者の逸話は枚挙に暇がないが、女性のそれを少なくとも私は初めてお目にかかった気がする。
    他、彼女の好きな人、物、事について語られる。無論サルトルも!
    訳者は朝吹三吉。なんと、悲しみよこんにちはを訳した一人である朝吹登水子の兄である。最初の夫との間に生まれた娘の朝吹由紀子もまたサガンの本を訳している。家族ぐるみの付き合いだったのか、その絆たるや計り知れないものなのだろう。

  • 原題は「私の最高の思い出をこめて」といった意味で、手紙の末尾などに記される一種の慣用句である─訳者朝吹三吉のあとがきより。サガンの出会った人、 彼女をとりまくものに対する愛。とても個人的な書簡のような一冊でした。

  • (1998.05.23読了)(1998.02.02購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    慎み深い情熱と愛情を、人と同じようにギャンブルやスピードにもそそぐサガンはどのように私生活を愛しているのでしょう。文壇の寵児になった19歳から30年間に、サガンが出会った愛する人々(ビリー・ホリデイ、T・ウィリアムズ、オーソン・ウェルズ、ヌレエフ、サルトル)や愛する事物(賭博、スピード、芝居、サントロペ、愛読書)について繊細な感性で綴るサガンの最高の思い出。

    ☆関連図書(既読)
    「絹の瞳」F.サガン著・朝吹登水子訳、新潮文庫、1980.07.25
    「乱れたベッド」F.サガン著・朝吹登水子訳、新潮文庫、1981.03.25
    「愛は遠い明日」F.サガン著・朝吹登水子訳、新潮文庫、1987.01.25

全3件中 1 - 3件を表示

フランソワーズ・サガンの作品

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)はこんな本です

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)の単行本

ツイートする